スポンサーリンク

補完代替医療を考える(2)

LINEで送る
Pocket

ある調査によれば、がん患者の4割以上がなんらかの抗がんサプリメントを使用しているといいます。実際はもっと多い気がします。

サプリメントにも流行や廃れがあります。サメの軟骨など今ではあまり評判になりません。ゆで小豆も同様ですね。

気になるサプリメントがあったら

気になるサプリメントがあったとき、まず調べて欲しいのが『「健康食品」の安全性・有効性情報」のサイトです。

ここの「素材情報データベース」を開き、「素材情報内の検索」にキーワードを入れて検索してください。

例えば「オメガ」で検索すると、EPAやDHAなどがヒットします。対象の物をクリックすればより詳細なデータを見ることができます。

「ヒトでの評価」に「免疫・がん・炎症」の項目があるので、そこをよく調べます。

また、「話題の食品・成分(その他)」には、いま話題になっている食品などに関する情報が載っています。

ビワのは温灸で効果があるといわれているアミグダリン、酸素水、ゲルマニウム、最近話題の「プエラリア」や「ガウクルア」という健康食品もあります。

がんの補完代替医療ガイドブック

もう一つチェックしておきたいのが、「がんの補完代替医療ガイドブック 第3版」です。

ここにはがんの補完代替医療に関して大切なことが要領よくまとめられています。

補完代替医療に関する情報の集め方として、インターネット上の情報は次のチェックリストでチェックしましょう。

■ 誰が運営しているサイトですか?
■ そのウェブサイトは、なにか資格認定を受けていますか?
■ 誰のために、何を目的にしているサイトですか?
■ 特定の商品の販売サイトではありませんか?
■ その情報は事実に基づいていますか?また、その情報源は確かですか?
■ 新しい情報ですか?

書籍についても次のチェックリストでチェックしましょう。

■ 著者は、その分野の専門家ですか?
■ 著者は、その分野について、十分な調査していますか?
■ その書籍は、利害関係のない他の専門家に批評されていますか?
■ 複数の視点・観点で書かれていますか?
■ 参考文献のリストは掲載されていますか?
■ その出版社、著者は、特定の広告主や団体に関係がありませんか?
■ 掲載されている内容は、最新のものですか?

など、がん患者が陥りやすい点、考慮すべき点が書かれています。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • シュレベールが、がん患者に残した「大切な遺言」 シュレベールは、自分の最期の時に流して欲しい音楽を決めてあったのです。それは、ダニエル・バレンボイムが指揮・ピアノ演奏する、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488 […]
  • テラ、慶應医学部と進行膵がんに対するWT1樹状細胞ワクチン療法の共同臨床試験テラ、慶應医学部と進行膵がんに対するWT1樹状細胞ワクチン療法の共同臨床試験 1月6日のニュースですが、テラ(株)と慶応大医学部が共同でWT1ペプチドワクチンの第一相試験を実施するとアナウンスされています。首都圏でWT1ペプチドワクチン療法を受けられる機会 […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (1)がん患者のためのインターネット活用術 (1) 第1章 広告をブロックして快適にインターネット ■ […]
  • がんの自然治癒とプラシーボ反応がんの自然治癒とプラシーボ反応 多くの医者が、がんの”自然治癒(奇跡的治癒)”を目の当たりに見て経験しています。多くはないですが、宝くじに当たる確率よりも高そうです。 医師で『患者の力: […]
  • 光免疫療法、先駆け指定に光免疫療法、先駆け指定に 「先駆け審査指定制度」は、対象疾患の重篤性など、一定の要件を満たす画期的な新薬などについて、開発の早期段階から対象品目に指定し、薬事承認に関する相談・審査で優先的な取扱いをするこ […]
  • 古稀の誕生祝い古稀の誕生祝い 古稀とは数え年での70歳ですから、本当は昨年のはずですが固いことは言わない。昨夜は子どもたちが古稀の誕生祝いをしてくれました。 場所は立合川の『蕎麦会席 […]
  • 「コンパッショネート・ユース」制度が来年から始まる 先の「血液バイオマーカー」の記事は、今現在膵臓がんの方には恩恵のないニュースですが、こちらのニュースは少しは希望の持てる記事です。 2014年に「15年からコンパッ […]
  • がんと炎症(CRP値)がんと炎症(CRP値) がん患者が血液検査をすると、CRPが高くなることがあります。 「C反応性蛋白(CRP)」は、細胞組織に傷がついたり、臓器や粘膜が炎症したときに、体が防衛反応として発 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です