スポンサーリンク

免疫療法が効かないメカニズム

膵臓がんのニュースに乏しいオンコロですが、新しい情報が届いています。

米国がん学会(AACR 2019)プレナリーセッションの紹介です。

免疫療法と化学療法の4剤併用で奏効

PD-1を阻害するモノクローナル抗体のニボルマブ(商品名オプジーボ)とCD40経路を活性化するモノクローナル抗体APX005Mを投与された転移性膵がん患者の24例中20例の腫瘍縮小が確認された。

治療抵抗性を付与するゲノム、エピゲノムの仕組み

上の結果は、効果がない場合、免疫システムにおけるエピジェネティック因子を無視することはできないことを示している。

蛋白質発現のスイッチをオン/オフするエピジェネティック因子は、DNAのメチル化やヒストン修飾といった目印を後成的に付与するが、それに伴い、T細胞は疲弊する。

免疫療法による臨床効果は、T細胞の再活性化と腫瘍の大きさによる闘いであり、そのバランスによって決まる。

腫瘍が大きければそれを上回るT細胞が必要である。

治療抵抗性のメカニズムは腫瘍抑制遺伝子p53の変異以外にも、がん細胞表面の抗原提示に関与するβ2ミクログロブリン(b2M)遺伝子の変異など複数あり、患者によって異なる。

したがって、これらの治療抵抗性因子を患者毎に遺伝子解析すれば、より治療効果を高められる可能性がある。

ここでもエピジェネティクスですね。

ASCO 2019もまもなく始まります。今年も膵臓がんに関する重要な発表があるとプレスリリースされています。

  • 遺伝性BRCA遺伝子変異を有する膵臓がん患者におけるPARP阻害剤オラパリブによる維持療法を検証するランダム化第3相試験。 (アブストラクトLBA4、プレナリー)

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「私のがん攻略法」更新しました。「私のがん攻略法」更新しました。 私のブログで一番訪問者数が多く、よく読まれている記事が「膵臓がんが完治した私のがん攻略法」です。 アクセスの約1/3がこのページのものです。 2年間更新して […]
  • 膵臓部分切除後の糖尿病発症の違い膵臓部分切除後の糖尿病発症の違い 今日は糖尿病内科医のクリニックで定期的な診察でした。 昨年の11月頃から空腹時の血糖値が徐々に上がってきて、最近は200mg/dLを超えることもしばしばあります。 […]
  • 「がんと闘う」が駄目な理由(わけ)「がんと闘う」が駄目な理由(わけ) ついつい私も「がんと闘う」と書いてしまうことが多いです。しかしこれにはいくつかの問題があります。 患者はがんと闘い、あるいは副作用とも闘います。しかし「闘い」とい […]
  • 組織内加温によりステージⅣの膵癌が縮小組織内加温によりステージⅣの膵癌が縮小 細い針の先端部分に加温ヒーターと温度センサーを取り付けたデバイスを、腫瘍内部に差し込んで、腫瘍の温度を60°cにまで上げます。これによって温度に弱いがん細胞を死滅させる技術です […]
  • 局所進行膵癌が粒子線治療の全額保険適用に局所進行膵癌が粒子線治療の全額保険適用に 重粒子線照射システム(放射線医学総合研究所) 膵臓がん患者さんにとっては嬉しいニュースです。  厚生労働省の先進医療会議は6日、医療費の一部で保険適用が認められるが […]
  • オミクロン株と糖尿病:膵臓がん患者は注意をオミクロン株と糖尿病:膵臓がん患者は注意を インドでオミクロン株による初めての死者が出ました。高齢の糖尿病患者そうです。 オミクロン株は感染力は強いが重症化率は少ないとも言われてはいますが、糖尿病患者は要注 […]
  • どうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのかどうしてあの人だけが膵臓がんから生還できたのか 週刊現代の2021年11/13.20合併号の「医療スペシャル」として膵臓がんが取り上げられています。 記事には、3人の膵臓がんサバイバーが登場します。 膵臓 […]
  • 「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命「温熱動注化学療法」で、転移した膵臓がん患者が2年半延命 ブログの更新も随分と時間が空きました。正直今週はめちゃ忙しい。七十歳過ぎの老人がフルタイムで平日まるまる働かされています。 こんな腰痛持ちの老人を必要と思ってくれる人がい […]

コメントを残す