スポンサーリンク

免疫療法が効かないメカニズム

LINEで送る
Pocket

膵臓がんのニュースに乏しいオンコロですが、新しい情報が届いています。

米国がん学会(AACR 2019)プレナリーセッションの紹介です。

免疫療法と化学療法の4剤併用で奏効

PD-1を阻害するモノクローナル抗体のニボルマブ(商品名オプジーボ)とCD40経路を活性化するモノクローナル抗体APX005Mを投与された転移性膵がん患者の24例中20例の腫瘍縮小が確認された。

治療抵抗性を付与するゲノム、エピゲノムの仕組み

上の結果は、効果がない場合、免疫システムにおけるエピジェネティック因子を無視することはできないことを示している。

蛋白質発現のスイッチをオン/オフするエピジェネティック因子は、DNAのメチル化やヒストン修飾といった目印を後成的に付与するが、それに伴い、T細胞は疲弊する。

免疫療法による臨床効果は、T細胞の再活性化と腫瘍の大きさによる闘いであり、そのバランスによって決まる。

腫瘍が大きければそれを上回るT細胞が必要である。

治療抵抗性のメカニズムは腫瘍抑制遺伝子p53の変異以外にも、がん細胞表面の抗原提示に関与するβ2ミクログロブリン(b2M)遺伝子の変異など複数あり、患者によって異なる。

したがって、これらの治療抵抗性因子を患者毎に遺伝子解析すれば、より治療効果を高められる可能性がある。

ここでもエピジェネティクスですね。

ASCO 2019もまもなく始まります。今年も膵臓がんに関する重要な発表があるとプレスリリースされています。

  • 遺伝性BRCA遺伝子変異を有する膵臓がん患者におけるPARP阻害剤オラパリブによる維持療法を検証するランダム化第3相試験。 (アブストラクトLBA4、プレナリー)

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • がんになったら肉を食え 『がんになったら肉を食べなさい』という本がある。実は詳らかには読んでいない(安倍晋三流に)。ビタミンC点滴療法とかオーソモレキュラー療法を勧めるなど、怪しげな […]
  • 今日の一冊(141)『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子今日の一冊(141)『エンド・オブ・ライフ』佐々涼子 2012年に『エンジェル・フライト 国際霊柩送還士』で開高健ノンフィクション賞を受賞した著者の最新作。 佐々涼子の友人、膵臓がんになった看護師 […]
  • 本庶佑:がんは治る本庶佑:がんは治る 台風9号が関東を直撃。八王子付近はすごかったらしいが、大田区はそれほどでもない。こんな日はバロックを目一杯音量を上げて聴くに限る。 トレバーピノックのバロック名曲集 […]
  • 京都:龍安寺と仁和寺京都:龍安寺と仁和寺 京都からの帰りの新幹線は午後なので、午前中に龍安寺と仁和寺を回る。 スライドショー「龍安寺と仁和寺」ファイルサイズが大きく、スマホでは見られません。 取りあえず龍安寺 […]
  • 池上梅園の梅が見頃池上梅園の梅が見頃 雨も上がったので、今日は池上梅園まで散歩写真。 スライドショー「池上梅園」 65歳以上は無料なので、入口で免許証を見せて入場した。全体的に見頃の様子。早咲きの […]
  • 「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」 BSスーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2」の放送をみました。 がんになった6人の医師たちのがんと闘う極意。患者力、早期発見、笑いは魔法の薬、夢と […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない 秋明菊(シュウメイギク)<群馬県・赤城自然園にて> 土日には赤城ー四万温泉ー吾妻渓谷ー榛名湖を回ってきました。 榛名湖と榛名富士:紅葉ピーク。 […]
  • 横浜の街歩き、馬車道から山手へ横浜の街歩き、馬車道から山手へ 写真仲間の写真展に招待されて、横浜・馬車道の大津ギャラリーに。 その後は、横浜コミュニティサイクル・baybike […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です