雨の休日には古楽器演奏のバッハ

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

雨の休日は、一日中音楽三昧。

バッハの生きた時代、18世紀初頭は、コーヒーがヨーロッパで嗜好品となっていました。ライプツィヒはドイツのコーヒー取引の中心地で、市民や商人が集まって賑わっていたのが、コーヒーハウス「カフェ・ツィマーマン」でした。

カフェ・ツィマーマン
ヨハン・ゲオルグ・シュライバーによる版画からのトリミング (1720年)

このコーヒーハウスを本拠に、活動をしていたのが音楽団体「コレギウム・ムジクム」で、バッハはここの音楽監督を務めていました。

この伝統と雰囲気を継承して1998年に創設されたのが、古楽器アンサンブル「カフェ・ツィマーマン」です。

アルゼンチン出身のバロック・ヴァイオリン奏者アルゼンチン出身のバロック・ヴァイオリン奏者パブロ・バレッティとチェンバロ奏者セリーヌ・フリッシュが中心となり、古楽器による演奏で、世界中で活躍をしています。

彼らのCDで、「さまざまな楽器のための協奏曲集」の6枚組を所有しており、今日はこれをずっと聴いていました。

アルバム一枚に「ブランデンブルク協奏曲」から一曲が収録され、バッハの有名な楽曲が配置されるという粋な趣向のアルバム集です。

古楽器による柔らかいヴァイオリンの音、バッハの演奏は、雨の休日にはよく似合います。

バッハ:オーボエ協奏曲 BWV1053 (1/3)


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ピアノコンチェルトはもう聞こえない 大塚博堂の「ピアノコンチェルトはもう聞こえない」にはこんな歌詞が付いている。あの日は君の誕生日 学生街の名曲喫茶で 心おきなく話そうと 涙をこらえて約束したね 君はいつもきまって […]
  • DACを買い換えたDACを買い換えた サブで主にBGM的に使っているDACがそろそろ寿命かなぁ。 タイムドメインスピーカーBauXar ボザール Jupity301 ジュピティ301 […]
  • モーツァルトはコルチゾールを下げるモーツァルトはコルチゾールを下げる 今日は朝からモーツァルト。弦楽五重奏曲第3番、フルート協奏曲にクラリネット協奏曲を続けて聴いた。モーツァルトは大きな音で聴いていても、ついうとうととなる。サイモントン療法やマイン […]
  • 生前葬コンサート 小椋佳生前葬コンサート 小椋佳 小椋佳が「生前葬コンサート」を計画しているという情報が昨年からあった。(2013/2/2付 […]
  • バッハ:平和への祈りバッハ:平和への祈り 昨夜の夕焼けは怖いほどでした。台風が接近しているためでしょうか。それとも国会で緊張感を増している「戦争法案」を象徴しているのでしょうか。 一日、ヴィヴァルディのチェ […]
  • ひめゆりの丘ひめゆりの丘 八神純子が昨年出した新アルバム「Here I am~Head to […]
LINEで送る
Pocket

雨の休日には古楽器演奏のバッハ” に対して1件のコメントがあります。

  1. みほ より:

    いつも拝見させて頂いております。すみません、私のツールの不具合かわからないのですが、この記事だけが文字化けして読めないのです、、

    1. キノシタ より:

      みほさん。
      ご指摘ありがとうございます。
      Amazonへのリンクを貼ると、文字化けが起きるようです。
      修正しました。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。