『モモ』で考える、時間と死

スポンサーリンク
【日 時】2020年3月15日(日) 13:00~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら

1月25日(土)6:00から申込み受付を始めます。

LINEで送る
Pocket

DSC01100
「タオ」を感じるようなきれいな夕焼け


今日は明日の準備期間ではない

瞑想の基礎は、空気が鼻から出入りすることだけに心を集中することだと言われているのでそうするのだが、数分も経たないうちに心があれこれの思いに囚われて駆け巡っている。「何も考えない」ことは難しいと言うべきか、不可能に近い(凡人の私には)。

明日の予定とか、過ぎ去ったことを反芻していることが多い。過去を反省して、失敗を明日に生かすことは、人間だけに与えられた能力には違いないが、四六時中そのことだけで頭が占領されているのはよろしくない。というか、人生の時間の無駄である。

がんの再発を恐れて心配することも、やりすぎるなら、おなじように無駄なことです。

今日は明日の準備期間であり、「明日の幸福」という観念的な目標のための手段となり、そのためだけにあらゆる時間が費やされていく。

明日のテストで良い成績を取るために→良い学校に合格する→良い会社に→出世して良い待遇に→老後を安心して過ごすために・・・・・・。結局、手段→手段→手段→手段→・・・の際限なき連続が、全人生を覆い尽くすことになる。

そうして自分の時間というものを見失ってしまう

「生きる時間」は時計で測れない

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

ミヒャエル・エンデ
880円(01/22 11:13時点)
発売日: 2005/06/16
Amazonの情報を掲載しています

ミヒャエル・エンデの『モモ』は、灰色の男たち=時間どろぼうを登場させることによって、時間の節約=効率主義が、人々から人生のゆとりと生き甲斐を奪うということを、ファンタジーの形式で語っている。

「生きる時間」と「時計で計られる時間」は別物である。

「余命3ヶ月」は「時計で計られる時間」であり、生きる時間を、生き生きと生きるだけが大事なのであり、そのように生きたとき、時計で計られた「余命」には意味がない。


スポンサーリンク

『モモ』に登場するマイスター・ホラ(horaはラテン語で「時間」のこと)の言葉を借りれば、「人間には時間を感じとるために心というものがある。その心が時間を感じとらないようなときには、その時間はないも同じだ」。

生き生きと「生きる時間」は物理的時間の制約を超えることができるのである。

しかし、いずれ遅かれ早かれ誰にでも「死」がやってくる。

モモが、「心臓が止まったら時間はどうなるの?」と訊いたとき、マイスター・ホラは、

そのときは、おまえの時間もおしまいになる。あるいは、こういうふうに言えるかもしれないね。おまえじしんは、おまえの生きた昼夜と年月すべての時間をさかのぼっていく、と。人生を逆に戻っていって、ずっとまえにくぐった人生への銀の門に最後はたどりつく。そしてその門をこんどはまた出て行くのだ。

と答える。

「死」を考えることに意味はない

時間は存在しない。実在するのは生だけである。

時間は存在しない

時間は存在しない

カルロ・ロヴェッリ
2,160円(01/22 11:13時点)
発売日: 2019/08/29
Amazonの情報を掲載しています

「ビッグ・バンのその前はどうなっているの?」という疑問は、時間も空間も物質もなかったビッグ・バンの前に対しては意味をなさない。「宇宙の果てのその先は?」という疑問も同じである。空間の果ての先の空間を考えることなどはできない。

同じように、生の外側=死を考えることにも意味はない。生まれる前、未生(みしょう)の状態から、偶然わずかの生を与えられ、そしてもとの未生の状態に還っていくだけのことなのだ。

だから、「だた、今、ここに」ある生を、生き生きと生きることだけが大事なことなのです。

モモは、

生き生きと生きる時間とは、人の話に耳を傾け、人の世話をし、人とともに楽しく生きる時間なのです。

と言ってくれる。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 人は死んでも、宇宙の全エネルギーは一定だ。人は死んでも、宇宙の全エネルギーは一定だ。 人は死んでも宇宙の全エネルギーは一定であり、存在の仕方を変えるだけのことだというのでしょう。 もともと何もない「無」からわたしたちは突然「生」を受けたのであり、それがまた別 […]
  • 今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士 人間が死んでいくことの意味、最期まで生き抜くってどういうことなのか、その意味を問うているのです。 「私にはやっておきたいことがあるのです」という山中さんは、毎日外出許可をも […]
  • 今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」今日の一冊(114)「がんを抱えて、自分らしく生きたい」 「自分も自分の治療チームの一員として参加したい」。この言葉をブログでも何度か使ってきました。西先生も、この本の中で同じことを言われているので嬉しくなりました。 また「医療の民主 […]
  • 今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義 私の生き方は、やがて死ぬという事実にどのような影響を受けてしかるべきなのか。必ず死ぬという運命に対して私はどのような態度をとるべきなのか。例えば死を恐れるべきなのか、やがて死ぬと […]
  • 今日の一冊(91)『がんが再発・転移した時、あなたは?』今日の一冊(91)『がんが再発・転移した時、あなたは?』 「ここではもう、できる治療法はなくなりました。ホスピスを紹介するので、そちらに移った方が良いでしょう」と説明する医師が増えています。 この、新しいパターナリズムに対 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • 『サイレント・ブレス』を読んで『サイレント・ブレス』を読んで 『サイレント・ブレス』の作者南杏子さん(ペンネーム)は都内の終末期医療専門病院に勤める現役の内科医師で、この小説がデビュー作です。この病院では、末期の患者にはタバコもアル […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です