スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

クルクミンが膵臓がんの増殖を阻害するメカニズム

クルクミンには抗がん作用がある

ターメリックとは、ウコンの地下茎を乾燥した香辛料です。黄色色素を含み、カレー粉・たくあん漬などの着色料として利用されています。

カレーなどに香辛料として含まれて私たちには馴染みのあるものです。ウコンドリンクを毎日飲んでいる方もいるかもしれません。

クルクミンはターメリックから分離された天然色素です。いくつかの研究は、この分子が抗炎症、抗酸化、および抗腫瘍効果などの複数の薬理学的効果を持っていることを示唆しています。

新型コロナウイルスのワクチンを接種すると、まれに高熱が出ることがあります。その時に解熱剤として処方されるのがアセトアミノフェンですが、「クルクミン400〜500 mgは、2000 mgのアセトアミノフェンとほぼ同等の鎮痛効果をもつ可能性がある」と、米プリシジョン・ニュートリション社のブライアン・セント・ピエール氏は述べています。

実は、このターメリックは消化吸収が極めて悪いのですね。ですが、「ターメリックを黒コショウと一緒に摂れば、ターメリックの吸収力を2000倍にする可能性がある」との研究があります。黒コショウを一振りするのが良いかもしれません。

膵臓がんの増殖を阻害するメカニズムの研究

クルクミンがセストリン2と協力して、膵臓がんの増殖を阻害するメカニズムの研究が、Hindawi誌に発表されています。

この研究によると、

セストリンは、抗酸化機能を持ち、細胞の成長と代謝を調節するストレス誘発性タンパク質のクラスです。

レンチウイルス感染、リアルタイム蛍光定量PCRアッセイ、Cell Counting Kit-8アッセイ、リアルタイム細胞分析技術、コロニー形成アッセイ、創傷治癒アッセイ、トランスウェル浸潤アッセイ、タンパク質抽出、およびウエスタンブロット(WB)などの方法を使用して、膵臓癌細胞の増殖、浸潤、および遊走に対する、セストリン2と組み合わせたクルクミンの効果評価しました。

結果、クルクミンがセストリン2と協力して膵臓がんを有意に抑制することを明らかにしました。

さらに、セストリン2がクルクミンと協力してNrf2 / Keap1 / HO-1 / NQO-1などの転写因子を特異的に標的とすることにより、膵臓がんを阻害することを確認しました。

セストリン 2とは?

SESN(Sestrin、セストリン)は、高度に保存されたストレス誘導性遺伝子ファミリーであり、酸化的損傷や発がん性シグナル伝達から細胞を防御します。SESN2(Sestrin 2)は、SESNファミリーに属する因子で、血管新生を阻害し、オートファジーを促進することができる、腫瘍抑制因子としての可能性が示唆されています。代謝経路や生存経路を調節するSESN2の分子機構を解明することが重要性であるといわれています。

まだ試験管レベルの研究に過ぎませんが、クルクミンの膵臓がん増殖抑制作用が示された一つの研究です。

膵臓がん患者にはおすすめのサプリメント

海外での研究データですが、ウコンの成分クルクミンの臨床試験で、膵臓がんの肝臓転移が消失したという症例が報告されていました。

進行膵がんの患者に対するクルクミン単独(1日8グラム)により
肝臓の転移病変が著明に縮小した症例:佐藤先生のブログより

佐藤典宏先生もYouTubeでクルクミンの膵臓がんへの効果について紹介されています。

ターメリックの中にはクルクミンは3%しか含まれていませんから、腫瘍抑制効果を期待するには食事でとるだけでは十分ではありません。サプリメントで摂る必要があると思われます。

先に書いたようにクルクミンは消化吸収が極めて悪いのですが、クルクミンは体内に取り込まれると消化酵素によって分解されます。その還元体であるテトラヒドロクルクミノイド、これは消化管から吸収されることが分かっています。

ですから黒コショウをふりかけてクルクミンを摂るよりも、このテトラヒドロクルクミノイドを直接摂ったた方が効率よくクルクミンの成分を吸収できるのです。

クルクミンは秋ウコンに多く含まれていますが、この秋ウコンを原料としてテトラヒドロクルクミノイド95%も含有したサプリメントがこちらです。錠剤でレモン風味ですから抵抗なく毎日摂取することができるでしょう。一日一錠で100円程になります。

ターメリックの効能を強調する言説はいくつかありますが、効能が見つかった研究は濃縮されたクルクミンを摂取した場合についてのもので、私たちが普段、口にする量とは異なることに注意する必要があるでしょう。

ターメリック、クルクミンに関するこのブログの記事を下の「このブログの関連記事」に貼っておきます。ご参考に。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ウコン、ターメリック、クルクミン 今朝は全粒パンに目玉焼き、野菜にはバージンオリーブ油の食事。 全粒パンはBoulangerie […]
  • ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか?ウコン(ターメリック)はがんに効くのか、効かないのか? ウコン(ターメリック)はがんに効果があるのか。賛否両論あります。 私も継続してウコンを摂っています。ウコンを摂取するときの科学的根拠と注意点をまとめてみました。 【注意点 […]
  • ウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できるウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できる 膵臓がんにウコンは効果があるのでしょうか。ウコンががんに効果があるという科学的な報告をまとめてみました。 ウコンの有効性が次々に明らかに 2010.11.4の産経ニュ […]
  • 『がんの統合医療』(4) クルクミン『がんの統合医療』(4) クルクミン 『がんの統合医療』から、クルクミン(ウコン)に関する箇所を紹介します。クルクミンの有効性に関して、多くのエビデンスが揃ってきたようです。 […]
  • サプリメントでがんは治らないけど・・・サプリメントでがんは治らないけど・・・ 興味深い記事を、とくに膵臓がんに関する記事が多いので参考にさせていただいている佐藤典宏先生のブログに「すべてのがん患者さんへすすめる厳選サプリメント5種」が掲載されていま […]
  • メラトニンと膵臓がんメラトニンと膵臓がん 私は膵臓癌の手術が終わった直後からずっとメラトニンを服用しています。多分10年以上になるはずです。 もちろん膵臓癌の再発防止が主目的ですが、国際線のパイロットやCAはジェ […]
  • カテキンが膵臓がん細胞の代謝を変えるカテキンが膵臓がん細胞の代謝を変える 緑茶に含まれるEGCG(没食子酸エピガロカテキン)と呼ばれるカテキンの一種が、がんと密接にかかわる酵素LDHDを阻害するのだという。それにより、膵臓がん細胞の代謝を変えることがわ […]
  • ビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高めるビタミンD不足は膵臓がんのリスクを高める 「日光の少ない地域では膵臓がんの発症リスクが高い」との研究があります。カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究です。 ステロイド生化学と分子生物学のジャーナルの4月30日号オ […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す