「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


アブラキサンの供給、1月下旬まで確保

今日は大腸の内視鏡検査でした。昨年の検査でポリープが17個見つかり切除したのですが、どうやらポリープのできやすい体質のようで、担当の医者も毎年検査はした方が良いとの判断です。

私としては前回は10年ぶりの検査で17個のポリープですから、1年後、あったとしても1個か2個ではなかろうかと思っていました。

ところがところが、6個も見つかり、そのうちの5個は5mm以内で、内視鏡でリングをかけて切り取ったのですが、残りの1個が7mm ほどあるので、この場では取れないということでした。

間を置いて再検査ですかね。やれやれです。いっそのこと来年まで放おっておこうか。

大鵬薬品工業の11月11日付の第5報が出ております。

アブラキサン点滴静注用100mg 供給の見通しについて(第5報)

アブラキサンの供給見通しについて、最新の情報をご報告申し上げます。

前回のご報告時には本製品を12月中旬頃まで市場に供給できる目処がついたことをお伝えしておりましたが、この度、厚生労働省から薬事手続きを迅速に進めるなどの全面的な協力があり、海外製造所の追加承認をいただきました。

海外在庫調整および医療関係者の皆様のご理解とご協力を賜りながら実施させていただいている出荷調整とともに、今回の製造所の追加によって製品の市場への供給が来年1月下旬頃まで継続できる見通しが立ちましたのでご報告申し上げます。

米国Bristol Myers Squibb社と密に連携をとりながら、安定供給再開に向け着実に対応を進めているところではございますが、安定供給が軌道に乗るまでの間、引き続きの出荷調整が必要となります。より必要度の高い患者様への優先的使用等について、患者様・医療関係者の皆様にはご理解・ご協力いただくようお願いをしております。

別の工場での製品が使えるようになったということですから、このまま治まってくれそうな気もしますが、どうなんでしょうか


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す