なんとか一年を無事に過ごしました

とはいってもなんだかんだとトラブルはありました。

腰痛も一進一退。間歇性跛行も治りそうにありません。

妻もくるぶしが腫れ上がって靴も履けない状態です。来年は買い物にも行かれそうもないそんな気がします。

生協かネットスーパーの宅配を試してみようかな。

さて今年を振り返って一番の衝撃はやはり安倍元総理の襲撃事件でしょう。

マスコミのニュースではこれは民主主義に対する挑戦だ、テロだなどとしたり顔で語っている有識者がいましたが、私はいち早くこれはテロなんかではない。むしろ統一協会と政治家の癒着が暴露されるだろうと述べてあります。その後の展開はその通りになりました。

今では山上徹也容疑者をテロリストという人は誰もいないでしょう。

まあ今日は一年の締めくくりですから日頃は言いにくいこともズバズバ言っておきましょう。

敵基地攻撃能力を持つために防衛予算を1.6倍にする? 1日3食を6に食えない母子家庭が多い中で子ども食堂がどんどん増えています。

トマホークを500発持ったって、向こうからミサイルが日本海側の原発に打ち込まれたら日本はおしまい。

相手がこちらを攻撃しようとする兆候が見えたら、こちらから相手の司令部や基地を攻撃する、という状況が相手に見えたら、相手が先制攻撃をしてくる。

こんな論理が分からないんですかね。小学生にだってわかるでしょうに。

持久戦をやったって今の中国には勝てないよ。

だから軍事力ではなくって外交努力で解決すべき問題だ。ところが外務省が全く無力。仕事をしていない。

「戦争は外交の失敗である」クラウゼヴィッツは『戦争論』でそう述べている。

『戦争論』はは自衛隊の幹部学校で教科書になっているそうです。これ自衛隊ではなくって外務省の公務員に読ませるべきではないでしょうか。

縮訳版 戦争論 (日本経済新聞出版)

縮訳版 戦争論 (日本経済新聞出版)

カール・フォン・クラウゼヴィッツ
2,772円(04/12 19:51時点)
発売日: 2020/11/20
Amazonの情報を掲載しています

コロナの第8波が勢いが止まりません。この正月の間発熱しても診察も入院も薬ももらえない。

今日駅前を通ったらいつものテントでやっている無料の PCR 検査所が閉鎖されていました。

本当にこのワクチン効果があるんですかね。5回も打たなくてはならないワクチンなんて失敗作なんではないでしょうか。

日本の死者数は人口比で言うと今世界第一らしいです。ということはワクチンの効果に?がつきますね。

それに超過死亡数も増えています。

大多数はワクチン賛成論者ですが正直私にはどちらが正しいのかよく分かりません。

10年後20年後には分かるんではないでしょうか。

まあそれまで生きてはおりませんけども。

さて来年はタモリ氏に言わせると新しい戦前だといいます。

私としては戦前ではなくって来年は戦争が日本を巻き込んだ戦争が始。かもしれないと嫌な予感がしています。

そうならないように願うばかりですが。

がん患者の中でも敵基地攻撃能力を持つことに賛成の方が結構いらっしゃいますが、戦争が始。とがん治療なんかできませんよ。

その覚悟でいたほうがよろしいと思います。

第1次世界対戦はたった一発のピストルの銃弾から始まったのです。

始まると後戻りは難しいですね。

良い年であるように平和が続くように願っております。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です