手術が終わった!

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

手術が無事に終わった。今日ICUから一般病棟に戻ることができた。

  • 膵頭部を残して後はすべて切除
  • 周辺組織への影響は見られなかったので、胃切除のような大きい手術は必要なかった

との説明。まぁ、望みうる最上の結果だろう。

6月29日

手術室前には我々と別に二家族がいた。Vサインで妻と娘としばしの別れ、手術室の中へ。
手術台の上に上がって胎児の様に体を丸くして背中への麻酔針を入れる。その後気体の麻酔薬を吸ったらあっという間に意識がなくなった。

看護婦の『終わりましたよ』の声。息を吸ってくださいというのだが、吸えない。パニックになりそうだ。二度目に吸ったらやっと呼吸ができた。

痛いなぁ。体全体が痛い。ベッドでの身の置き所がない。がたがたと震えも来た。

6月30日

とにもかくにも朝。長い夜だった。ICUの一番端っこのベッドのようだ。喉が異常に渇く。しかし今日は水分はだめだという。仕方ない。寝て忘れることにしよう。

『午後から私と一緒に散歩しましょう』と言われた。相手は独身の若い女性だし、まぁ美人のほうだろう。普通のシチュエーションなら断る男はいないはずだ。

でもなぁ、癌で機能手術した患者を魔女のような笑顔を誘う散歩とあっては少し事情が違う。断ったら仕返しが怖いので、仕方なく散歩に行く。散歩と
いっても病室内をのろのろとした速度で点滴液をぶら下げた状態で歩くのだから格好の悪いことはなはだしい。いまじゃ、手術の翌日から歩かせるのが一般的に
なってきたようだ。前の直腸がんのときは3日目程度だったような気がする。

7月1日

洗髪・髭剃り。鎮痛剤を点滴して痛みを和らげる。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵管破裂一歩手前だった! 膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、 […]
  • 雙脚 等閑に伸ばす雙脚 等閑に伸ばす 台風4号の影響で朝から雨だ。若洲海浜公園と対岸の中央防波堤埋立処分場にある3基の風力発電の風車も勢いよく回っている。 今日は腰痛は少し楽になったようで、気分がよい。少し細く […]
  • 院内コンサートとオムライス院内コンサートとオムライス 病院の一階ロビーで、シンガーソングライター&ドラマーと、経歴の多彩な清家みえ子さんのコンサートがあった。 なごり雪、心もよう、異邦人など、なつかしのフォークソング(この言葉 […]
  • 手術から二週間たった手術から二週間たった 体重68.5kgになった。一日で1kgの減量だから、この調子で行けば2ヵ月後にはゼロになるなぁ (*^_^*) 標準体重が64kgだから、まもなくそれに近くなる。A体のすら […]
  • 癌病棟の七夕ーもう一度 あの人に 逢いたい癌病棟の七夕ーもう一度 あの人に 逢いたい 体につながっているパイプ類はひとつを残して取り去った。点滴用のが残っているだけだ。手術跡の傷は痛い。鎮痛剤なしでは夜眠れないことも多い。だが、徐々にその痛みも小さくなっている。 […]
  • 同室のKさんのこと同室のKさんのこと 同室のKさんは体重86キロと昔の私ほどもある立派な体格で、話好きで快活なひとである。しかしKさん自身が言うには「あと数ヶ月の余命」だという。 「慈恵医大にいったんですよ。肝 […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です