シチリアーノ

スポンサーリンク
【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:ジャーナリスト 森省歩氏による丸山ワクチンの講演
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付は、3月1日(金) 8:00からです。
Pocket
LINEで送る

DP3M-100-0662蒲生の棚田


シチリアーナはイタリア語の女性名詞でシチリアーノは男性名詞。シシリエンヌはフランス語だとか。8分の6拍子の舞曲でフォーレ、バッハののシチリアーナが有名です。

今日はチョロ8人で、16世紀作者不詳でレスピーギによって「リュートのための古風な舞曲のアリア」として編曲された「シチリアーノ」を、更に先生がチェロ用に編曲したものを演奏した。来月にはパラディスの「シチリアーノ」を弾くことになっている。このところシチリアーノ続きだ。


 

練習のせいなのか、年のせいか、左の上腕を回すと鋭い痛みが走る。今日の演奏会にはバンテリンを塗って演奏したが、それほど熱心に練習しているわけではないから、年のせいだろう。昨日は区役所から「介護保険被保険者証」が届いた。改めて65歳を再認識させてくれる親切な役所である。若いつもりでいる私にとっては「事件」だった。しかし、老・病・死は人の宿命。がんとも老いとも上手につきあうしかなかろう。

金沢医科大学病院で起きた、あやまって膵臓の一部を切除した事件。手術にリスクはつきものとは言え、このようなミスは願い下げにして貰いたい。経験不足の医師が執刀したのだろうか。腹腔内視鏡を使った手術は低侵襲ではあるが、直接目で確認できないから、こうしたリスクがある。それにしても現在の患者の容体について「担当者が不在で分からない」というのには、呆れた。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 無伴奏チェロ組曲無伴奏チェロ組曲 一足早く満開の桜。河津桜でしょうか?それとも陽光? 最近はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 […]
  • 定期検査 2年6ヶ月経過定期検査 2年6ヶ月経過 […]
  • 五十肩になりました 久しぶりのチェロの話題。もちろん毎週のようにチェロのレッスンに通っています。癌があろうがなかろうが、当たり前の生活を続けた方がよいのです。一日一日があっという間に過ぎていきますが […]
  • 五十肩か肩腱板断裂か五十肩か肩腱板断裂か 暑い。あまりに暑くて、チェロのレッスンも身に入らない。今日は休みで朝からチェロのレッスンをはじめたが、32度を超えた当たりで我慢できずに冷房を入れた。 10月の演奏会ではバッハ […]
  • 久しぶりにチェロの話題久しぶりにチェロの話題 いつもの散歩コースのアンパンマン。もうサンタの装いでした。 チェロの記事をしばらく書いていませんが、もちろん毎日練習しています。練習曲はバッハの無伴奏チョロ組曲から、第3番 […]
  • ペグコンポジションー調弦が劇的に楽になった。ペグコンポジションー調弦が劇的に楽になった。 空気が乾燥していると、チェロのペグが固くなって回しづらい。弦を調整しようとしても糸巻きがパキパキとする。 チョークを塗ればよいとも言われるが、ネットで評判が良さそうな糸巻き […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です