スポンサーリンク

シチリアーノ

Pocket
LINEで送る

DP3M-100-0662蒲生の棚田


シチリアーナはイタリア語の女性名詞でシチリアーノは男性名詞。シシリエンヌはフランス語だとか。8分の6拍子の舞曲でフォーレ、バッハののシチリアーナが有名です。

今日はチョロ8人で、16世紀作者不詳でレスピーギによって「リュートのための古風な舞曲のアリア」として編曲された「シチリアーノ」を、更に先生がチェロ用に編曲したものを演奏した。来月にはパラディスの「シチリアーノ」を弾くことになっている。このところシチリアーノ続きだ。


 

練習のせいなのか、年のせいか、左の上腕を回すと鋭い痛みが走る。今日の演奏会にはバンテリンを塗って演奏したが、それほど熱心に練習しているわけではないから、年のせいだろう。昨日は区役所から「介護保険被保険者証」が届いた。改めて65歳を再認識させてくれる親切な役所である。若いつもりでいる私にとっては「事件」だった。しかし、老・病・死は人の宿命。がんとも老いとも上手につきあうしかなかろう。

金沢医科大学病院で起きた、あやまって膵臓の一部を切除した事件。手術にリスクはつきものとは言え、このようなミスは願い下げにして貰いたい。経験不足の医師が執刀したのだろうか。腹腔内視鏡を使った手術は低侵襲ではあるが、直接目で確認できないから、こうしたリスクがある。それにしても現在の患者の容体について「担当者が不在で分からない」というのには、呆れた。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 五十肩か肩腱板断裂か五十肩か肩腱板断裂か 暑い。あまりに暑くて、チェロのレッスンも身に入らない。今日は休みで朝からチェロのレッスンをはじめたが、32度を超えた当たりで我慢できずに冷房を入れた。 10月の演奏会ではバッハ […]
  • 久しぶりにチェロの話題久しぶりにチェロの話題 いつもの散歩コースのアンパンマン。もうサンタの装いでした。 チェロの記事をしばらく書いていませんが、もちろん毎日練習しています。練習曲はバッハの無伴奏チョロ組曲から、第3番 […]
  • 鳥の歌鳥の歌 DP2 Merrill F6.3 1/250秒 ISO200  […]
  • トラブル続き―Celloの話トラブル続き―Celloの話 2月の乾燥した時期に、管理を怠っていたので、チェロケースを開けたらペグがゆるゆるで、弦がみんな緩んでいました。魂柱が落ちていなくて助かった。 で、固く絞ったタオルを入れてお […]
  • シチリアーノ 亡きがん友を想うシチリアーノ 亡きがん友を想う シチリア島。イタリア半島を長靴に例えれば、長靴に蹴り上げられた小石のような島。観光地としても有名ですが、マフィア映画でも有名な島です。(シチリアの町並み) 地中海文 […]
  • 今日はN響定期演奏会へ今日はN響定期演奏会へ オーチャードホールでのN響95回定期演奏会へいってきました。 指揮:マルティン・ジークハルト チェロ:クレメンス・ハーゲン エルガー/チェロ協奏曲 ホ短調 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA