東京新聞社説「出発点が間違っている」

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

9/21の「おかしなことばかり」に消費税のことを書いたのだが、東京新聞の9/26付社説「復興法人税問題 出発点が間違っている」が、私の言いたかったことを、より的確に指摘している。保存版としてアップします。

復興法人税問題 出発点が間違っている

 安倍晋三首相が復興法人税を一年前倒しで廃止する検討を指示した。消費増税した場合に景気腰折れを防ぐ経済対策の一つという。弥縫(びほう)策を重ねるよりも消費増税を先送りすれば済む話ではないか。

 法人税に上乗せした復興特別税は昨年度から三年間の時限措置だが、首相は本年度末で廃止する意向を示し「(法人税減税で)企業収益拡大を図り、賃金増や雇用増につながる景気の好循環を生み出す」と説明した。廃止による減税規模は九千億円程度。公共事業の積み増しや企業向けの投資減税と合わせ、総額五兆円に上る経済対策の柱という位置付けだそうだ。

 おかしな話である。消費税を3%引き上げると国民負担は八兆円も増える。国内総生産(GDP)の六割を占める個人消費が大きく落ち込む見通しなのだから、法人税を数%引き下げたところで企業は雇用を増やしたり賃金を上げるだろうか。積極的に設備投資をするだろうか。

 そもそも五兆円もの経済対策が必要になるなら、それは消費増税法の景気条項で定めた、引き上げの条件である「経済の好転」とまではいえないはずだ。腰折れの懸念がある状況では増税をすべきではないのである。安倍首相はデフレ脱却を最優先に掲げるならば、消費増税を先送りすべきだろう。

 この「出発点」で誤った方向に向かっているから、泥縄式に数字合わせのような対策づくりに追われている。3%の引き上げは経済へのショックが大きすぎて一九九七年の消費増税ショックの再現になりかねない。ならば2%に相当する五兆円規模の対策が必要だろうと、数字が先にありきなのだ。

 中身も、右手で消費増税しながら、左手では公共事業でバラまくといった最悪の財政政策である。増税の趣旨と異なり、財政再建にも逆行する。増税が自己目的化した財務省にとっては、権力の源泉となる「配分の原資」が増えれば万々歳なのだろう。

 仮に消費増税が避けられないというならば、真っ先に行うべきは消費の落ち込みを抑える所得税減税のはずだ。復興法人税の前倒し廃止は、国民の連帯よりも企業収益の方が大事という発想である。

 たとえ代替財源があっても国民の理解は到底得られまい。経団連会長は「非常に喜ばしい」と歓迎の意を示したが、志の低さを恥ずべきである。こんな経済対策をしてまで消費増税はすべきなのか。

付け加えるとしたら、大企業の貯め込んだ内部留保を賃上げに回せ。各種の優遇税制でほとんど法人税を納めていないところから、適切に取れ。ということでしょうか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明緑黄色野菜のがん予防効果。 世界初、科学的に証明 緑黄色野菜の抗がん効果に関してはこれまで、疫学的には様々なデータがあるといわれてきました。がん予防には野菜や果物、ファイトケミカルを摂ることはいわば常識のようになっていたのですが […]
  • 今日の一冊(43)『娘はまだ6歳、妻が乳がんになった』がん患者の障害年金 プレジデントに連載されている『妻ががんになったら』を書籍化した本ですね。<連載一覧> 乳がん検診から1年半経ってからのことです。そのときには再検査の結果、近所の病院の医者か […]
  • 2012脱原発世界会議2012脱原発世界会議 昨日のパシフィック横浜で開催された「脱原発世界会議」は大変な盛況でした。入場料2000円を払ってまでたくさんの老若男女が参加しています。京急横浜駅からみなとみらい線に乗り換えれば […]
  • パープルリボンウォーク2011/脱原発100万人アクションパープルリボンウォーク2011/脱原発100万人アクション 6月11日は、このブログの開設4周年になります。そして偶然にもパンキャンの「パープルリボンウォーク2011 in […]
  • ウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できるウコンは、特に膵臓がんに効果が期待できる 膵臓がんにウコンは効果があるのでしょうか。ウコンががんに効果があるという科学的な報告をまとめてみました。 ウコンの有効性が次々に明らかに 2010.11.4の産経ニュ […]
  • なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか?なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか? パンキャン・ジャパン静岡支部の石森恵美さんのインタビュー記事がBuzzFeedに掲載されています。 「夢の治療法」「副作用なし」 怪しい免疫療法になぜ患者は惹かれる […]
  • ひたち海浜公園の水仙とネモフィラひたち海浜公園の水仙とネモフィラ 茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園に行ってきました。百万本の水仙が見頃だということだったのですが、残念ながら入口の看板には「見頃(後半)」と書かれてあり、半分くらいは見頃 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です