ひたち海浜公園の水仙とネモフィラ

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園に行ってきました。百万本の水仙が見頃だということだったのですが、残念ながら入口の看板には「見頃(後半)」と書かれてあり、半分くらいは見頃を過ぎていました。水仙にもたくさんの種類があるのですね。とても名前は覚えきれませんでした。

お昼は、那珂湊港のおさかな市場で海鮮丼を食べました。さすがに美味しかった。国道245号から駐車場までの道路が1キロにわたって渋滞していましたが、我がカーナビは裏道を誘導して第二入口にドンピシャ。まったく並ばずにすみ申し訳ないような気持ちです。休日はいつもひどい渋滞です。

3.11の直後、放射能プルームがこの付近を通過し、ひたちなか市は目立って放射線量の高い場所だったのですが、今は落ち着いているようです。地上から1mで0.2μSv/h以下にはなっています(サーベイメータを持っていきました)。それでも3.11以前よりは遙かに高い。以下は2011年4月6日の読売新聞記事他です。

福島第一原子力発電所の事故により、関東各地に降った放射性物質「セシウム137」の5日朝までの検出総量が、茨城県ひたちなか市で1平方メートル当たり2万6399ベクレル(Bq)、東京都新宿区では同6615ベクレルに上ることが文部科学省の調査でわかった。
ひたちなか市の総量は、チェルノブイリ原発事故後にドイツなどで検出された降下量の国土平均値を超えた。

文科省による汚染度の調査データはものすごい値を示しています。3月21日の測定結果は茨城ひたちなか市で最高値を示し、沃素とセシウム合わせて 97,000MBq(Mは百万)。これをキュリー数に直すと9.7Ci(1Ci は3.7掛ける10の10乗Bq)。何とチェルノブイリ事故時の炉心周辺の最高汚染度の10分の1程度の値になっています。

まるで何ごともなかったかのように、原発の再稼働へ突き進もうとしている日本。熱しやすく冷めやすい民族なのでしょうか。

DP1M1993

DP3M1633

DP3M1629

DP3M1684

DP1M1984

DP2M3285


スポンサーリンク



見晴らしの丘一面に絨毯を敷き詰めたように咲いているネモフィラ。まるで海原のようでした。

DP1M2020

チューリップは一番元気が良かった。赤に弱いFoveonセンサーの欠点がもろに出るのが、日に照らされた赤い花です。赤が飽和してしまいます。これでも初代Foveonよりはましになったのですが。

DP3M1687

DP1M2031

DP3M1688

明日はまた茨城行き。こんどは仕事で出張です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 光免疫療法の開発には日本の優れた技術が使われている光免疫療法の開発には日本の優れた技術が使われている 光免疫療法に関するこぼれ話です。 1月15日に島津製作所が、「がん光免疫療法に関する計測技術について米国国立がん研究所と共同研究契約を締結」と発表されました。 島津製作所 […]
  • 天下は神器、為すべからず 信用できる相手って、どんな人だろう。 「よく分からないけど、あの人がそう言うのなら、従ってみようか」 「今後の治療法、迷うけど、この先生が言うのだったら、そうしてみようか」 […]
  • サイモントン療法とは?(5)サイモントン療法とは?(5) シュピーゲル博士らの設定したカウンセリング併用群の平均余命は36.6ヵ月であり、対照群では18.9ヵ月でした。同時に行ったサイモントン博士らの設定したカウンセリング併用群の平均余 […]
  • 懐かしい人が・・・懐かしい人が・・・ Twitterの画面が新しくなりましたね。慣れないせいか、なんだか使いづらい。 検索欄に「膵臓がん」と入れてみたら、上部にお勧めのアカウントが表示されるようになっていました […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(7) NBM(Narrative-based […]
  • 血液中のがん細胞をレーザーで破壊する血液中のがん細胞をレーザーで破壊する この治療法は被験者として集められたがん患者28人のうち、27人のがん細胞を正確に検出することに成功しており、加えてがん細胞が静脈を流れる際には、高い確率でリアルタイムにがん細胞を […]
  • 膵臓がん:コンバージョン手術が予後を改善膵臓がん:コンバージョン手術が予後を改善 佐藤先生の、本日付のブログ記事です。 頻繁に膵臓がんに関する記事をアップしていただき、ありがとうございます。 生存期間(中央値)は、コンバージョン手術をうけた […]
  • 検察審査会、東電元幹部を再び起訴相当と検察審査会、東電元幹部を再び起訴相当と 今日31日20時が満月ですね。「ブルームーン」だそうです。ひと月に満月が2回あることをいいます。だけど「ブルー」ではなく赤かった。東京の赤い月は、東の空、ビルよりも少しだけ高い位 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です