生前葬コンサート 小椋佳

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

Img_2小椋佳が「生前葬コンサート」を計画しているという情報が昨年からあった。(2013/2/2付 東京新聞)

4月5日に先行予約で2枚のチケットを手に入れた。4日間の連続コンサートも初めてなら、会場が小椋佳がはじめて公に姿を見せたNHKホールだというのもいい。どの日にするかと迷ったが、生前葬というからには還暦の記念に作った『未熟の晩鐘』に収められている「落日、燃え」や「山河」のある日が良かろうと考え、まだ曲構成が発表されていなかったが、たぶん最終日に違いなかろうと9月15日にした。正解だった。

Indexmain

小椋佳はこのコンサートについて、次のように語っている。

僕は白州次郎同様「葬式無用 戒名不用」と考えていますが、家内は常識人なので、僕が死んだら きっと人並みの通夜や告別式をやるつもりでしょう。僕としてはそんな煩わしいことを家族に押し 付けるのは本意ではないので、僕が生きているうちに済ませてしまおうと思いました。

このコンサートで歌う100曲の生まれた経緯やエピソードを綴った初めてのエッセー『小椋佳 生前葬コンサート』も昨年に上梓されている。

小椋佳 生前葬コンサート

小椋佳 生前葬コンサート

小椋 佳
発売日: 2013/11/20
Amazonの情報を掲載しています
小椋佳 生前葬コンサート [DVD]

小椋佳 生前葬コンサート [DVD]

小椋佳, 小椋佳
16,500円(12/05 07:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

私も同様に、死んだら葬式も戒名も要らないし、骨は散骨するか樹木葬でいいと思っている。小椋佳や「風のガーデン」の主人公、膵臓がんで亡くなる白鳥貞美のように生前葬等という大げさなことも不要だが、死ぬ前には何人かの友に会って、さよならが言えればいい。死んだあとのことは残った遺族が決めればいいのだが、できれば本人の意思も尊重して欲しいものだ。死んだらお終い。霊魂もあの世も輪廻も信じてはいないのだから。リビング・ウィルも書き始めはしたが、一向にに筆が進まない。

未熟の晩鐘

未熟の晩鐘

小椋佳
Amazonの情報を掲載しています

生まれて、生きて、親しい誰かのために何かをなし終えて、そして土に還るだけ。私の体を造るために少しの時間借りている、超新星の爆発によってできた炭素や水素や鉄などの原子を、元の持ち主に返すだけのこと。

生前葬を終わったら、もうコンサート活動はしないのだろうか? ま、化けて出てくるということもあるか。

『山河』はこんな曲です。

人は皆 山河に生まれ、抱かれ、挑み、

人は皆 山河を信じ、和み、愛す、

そこに 生命をつなぎ、生命を刻む
そして 終いには 山河に還る。

顧みて、恥じることない 足跡を山に 残したろうか
永遠の 水面の光 増す夢を 河に浮かべたろうか

愛する人の瞳に 愛する人の瞳に
俺の山河は美しいかと。美しいかと。

~~~~~

ふと想う、悔いひとつなく悦びの山を 築けたろうか
くしゃくしゃに嬉し泣きする かげりない河を抱けたろうか
愛する人の瞳に 愛する人の瞳に
俺の山河は美しいかと。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 福島で激増する心筋梗塞福島で激増する心筋梗塞 3月ころからか、心筋梗塞で亡くなる方が多くなっていると、報じられていた。小野先生のサイトでも「急増し続ける健康な人たちの死亡」と取り上げられていた。 厚生労働省の「人口動態統計」 […]
  • サイモントン療法とは?(2)サイモントン療法とは?(2) このエクササイズによる効果は絶大でした。同時に受けた放射線治療の効果もてきめんであり、さらに、放射線による副作用もほとんど示さなかったのです。そして放射線の継続治療の中間の時点で […]
  • DWIBS(ドゥイブス法)DWIBS(ドゥイブス法) がんの治療においては、抗がん剤が効いているのかを早く判断し、再発や転移があれば、早期に見つけて次の治療法を考えることが大切です。 その判断には造影CTやPET(陽電子放出断層撮 […]
  • 福島原発のもろもろ福島原発のもろもろ 今日の新聞で「原子炉破損で燃料のウラン飛散か」との記事があった。NHKが詳しいが、福島第一原発の事故直後の3月14日の夜から翌朝にかけて原発から130キロ離れた茨城県つくば市で […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • がんと運動:アピタル夜間学校がんと運動:アピタル夜間学校 アピタル夜間学校の「がんと運動」のビデオがYouTubeにアップされています。気にはなっていたのですが、実際の講義のときには見ることができませんでした。 夜 […]
  • 未承認のがん免疫療法、臨床腫瘍学会が警告未承認のがん免疫療法、臨床腫瘍学会が警告 この種の警告、確か何度か見たことがあるはず。それでも被害がなくならないってことか。 さらに、本庶佑氏のノーベル医学生理学賞の受賞を機に、騙す手口がより巧妙になっているからか […]
  • 血糖値はコントロールできている血糖値はコントロールできている 先日の糖尿病管理をお願いしている先生の診察日、HbA1cは6.1%(NGSP)でした。 9.2→6.8→6.4→6.1と回を追うごとに改善しています。6.3以上が「糖尿病の疑い」 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です