がんは休暇

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

GWも終わったけど、今年は9月の五連休の他、三連休がいくつかある。7月の連休には小樽に美味しい魚を食べに行く計画を立てている。魚を食うためだけに飛行機で!それはリッチだ、と思われそうだが、娘のマイルが期限切れになりそうなので、われわれ夫婦を招待してくれるという嬉しい話だ。もちろん旅館代と食事代はこちら持ち。

そもそも休暇とはなにか? 日常から離れてちがう環境で過ごすことだ。しなければならないことを忘れて、したいことだけをする。そのためには、青森の青荷温泉のように、電気の来ていないランプだけの宿の方が良いかも知れない。もちろん携帯電話の電波も届かない方が良い。そこまで徹底はできないが、日常の”しなくてはならないこと”は置いていこう。

がんになる前の私、つまり身体は健康だが、心は弱かった頃の私は、休暇の旅先でも欲張って目一杯観光地を回ろうとしていた。温泉に浸かりながら仕事が恋しくなったり、ToDoリストが瞼の裏にちらちらしていた。「休暇は、疲れた心をいやして、明日への活力を取りもどす」手段だという、世間一般の”常識的な”考えに疑問を持たなかった。「今日は明日のための準備期間」という考えでは本当の休暇になるはずもない。

がんになってからは、こうした考えを変えた。いや、変えようと努めている。自分にはやるべき仕事、闘うべき敵があり、己の価値を皆に証明しなければならない。休んでいる暇などないと思い込んでいた。

しかし、がんになってみれば、まして予後の悪い「がんの王様」膵臓がんとなれば、そうしたことにいかほどの価値があるのかと思うようになった。

今も仕事はしているが、自分がやるだけの価値のあると思える仕事しかしない。ま、それで済んでいるのは、いい会社からだろう。だから、仕事はしていても心は「休暇中」である。職場にいても他人の目からは自由である。自分自身による決めつけからも自由である。定年も過ぎているから、いつでも不要となればおさらばする気でいるから気持ちは軽い。

ランプではなく、電気もパソコンも携帯電話もあるが、がん患者だから、私は今休暇中である。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 良寛と多元宇宙論良寛と多元宇宙論 量子力学におけるシュレーディンガーの猫の問題を解決するための仮説として、エベレットの「多世界解釈」というものがあります。そのひとつの多元宇宙論(マルチバース)が、初期宇宙や宇宙の […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない 秋明菊(シュウメイギク)<群馬県・赤城自然園にて> 土日には赤城ー四万温泉ー吾妻渓谷ー榛名湖を回ってきました。 榛名湖と榛名富士:紅葉ピーク。 […]
  • ストロンチウム90は膵臓がんを発症させる 『人間と環境への低レベル放射能の脅威』には、米ソの過去の大気圏核実験の降下物、いわゆる死の灰と日本の子どものがん死亡率との相関関係を指摘しています。もちろん因果関係があるとは断言 […]
  • 余命一年 落語家になる 37歳の若さでステージⅣの十二指腸がん、膵臓がんになり、余命一年 未満と告げられた街道徳尾さんの本『余命一年 […]
  • 術前化学療法で生存率が改善&膵癌診療ガイドライン2019版術前化学療法で生存率が改善&膵癌診療ガイドライン2019版 ヨミドクターに「膵臓がん治療に新手法…手術前の抗がん剤に効果」という記事が載っています。 試験には全国57医療機関の患者364人が参加。手術後にS―1を投与する […]
  • 確定申告確定申告 本日税務署に確定申告を提出した。例年は期限ぎりぎりになるのだが、今年は早く済ますことができた。今年から青色申告を選択したので、この一年間は毎月「やよいの青色申告」に複合簿記で記帳 […]
  • 5年目の定期検査5年目の定期検査 がん研での定期検査CEA     […]
  • 今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義今日の一冊(105)「死」とは何か:イェール大学で23年連続の人気講義 私の生き方は、やがて死ぬという事実にどのような影響を受けてしかるべきなのか。必ず死ぬという運命に対して私はどのような態度をとるべきなのか。例えば死を恐れるべきなのか、やがて死ぬと […]
LINEで送る
Pocket

がんは休暇” に対して1件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    キノシタ さま
    小樽良いですね~羨ましいです。。。
    でも、私も週末パンダ見に南紀に参ります。
    友人が車で連れて行ってくれるというので・・・台風がちょっと心配ですが、楽しんで来ます。
    食べ過ぎ注意ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です