栄養を摂らないと膵臓がんは長生きできないよ

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

膵臓がんでゲルソン療法とか、大量のジュース療法があります。患者の選択権として、私はべつに否定はしませんし、患者が納得しているのならよいと思います。でもそれらにはきちんとしたデータがあるのでしょうかね。

膵臓がんと栄養に関しては、こんな情報もあります。

今村先生の「がん患者のあきらめない診察室」で2年前の記事ですが、

切除不能膵臓がんに対する栄養療法の有用性

九州大学腫瘍外科が膵臓 Vol27 No.5 2012に発表したもので切除不能膵臓がんに対するEPA投与と並んで注目すべき発表です。
切除不能膵臓がん58例(ステージ4A 16例、ステージ4B 42例)成分栄養剤エレンタールを1日2包を12週以上服用した群をED群、それ以外を非ED群と分けた結果は以下になる。

  1. 体重の減少 ED群 ほぼ維持 非ED群 平均6.6%減少
  2. 総蛋白、アルブミン ED群ではほぼ維持 非ED群 総蛋白0.6低下 アルブミン 0.6低下
  3. 平均生存期間 ED群 443日 非ED群 191日 と大差がつきました。

この結果は膵臓がんに対する化学療法の中身が同じでも栄養療法の有無により平均生存期間に大差がつくことを示しています。
切除不能膵臓がんの治療は未承認の抗がん剤治療も確かに重要ですが比較的安く済む栄養療法の選択も重要になることを示した論文です。傾聴に値する論文でしょう。
好きなものを食べることも必要ですがエレンタールを飲む治療は命を長らえる治療として必要だと思われます。             2014年8月4日

こうして、プラセボ群を設定してきちんとしたデータが、ゲルソン療法などにあるのでしょうか。

体力がなければがんと闘えないし、がん細胞と闘う白血球もタンパク質からできているのです。栄養を摂らなければ死んでしまう、あたりまえのことです。

エレンタール:「本剤は、消化をほとんど必要としない成分で構成されたきわめて低残渣性・易吸収性の経腸的高カロリー栄養剤でエレメンタルダイエット又は成分栄養と呼ばれる。

Img_0


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんと栄養膵臓がんと栄養 昨夜は同好の相棒と二人で横浜の夜景を撮りに行ってきた。今日8月5日はみなとみらいの花火大会があるので、混雑で撮影どころではないだろうと考えて1日に前にした。花火はまた別の […]
  • 膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズム膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズム NF-κBは膵臓がんの黒い騎士 オハイオ州立大学総合がんセンターの研究です。 膵臓がん細胞が免疫細胞の攻撃を無力化するメカニズムの発見 […]
  • 複雑系には統計もエビデンスも役にたちません。複雑系には統計もエビデンスも役にたちません。 がんは複雑系だから、初期値のちょっとした違いで結果は全く違ってくる。バタフライ効果と言われるように、北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起きることもある。明日の天気予報は概ね当 […]
  • ストロンチウム90は膵臓がんを発症させる 『人間と環境への低レベル放射能の脅威』には、米ソの過去の大気圏核実験の降下物、いわゆる死の灰と日本の子どものがん死亡率との相関関係を指摘しています。もちろん因果関係があるとは断言 […]
  • 18モデルケース試算の疑問18モデルケース試算の疑問 12月14日のブログに書いたように、福島県のホームページに「県民健康管理調査」進捗状況発表(平成23年12月13日発表)が掲載され、その中に放射線医学総合研究所が作成した「外部被 […]
  • 光免疫療法 一部の膵臓がんでも期待できる光免疫療法 一部の膵臓がんでも期待できる 毎日新聞のこの記事、期待が持てますね。 がん光免疫療法 […]
0
Pocket
LINEで送る

栄養を摂らないと膵臓がんは長生きできないよ” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    5yearsのはなさんでしたか。弟さんには未成年のお子さんが3人いらっしゃるのでしたね。肝臓に転移とはご心配に耐えませんね。
    少しでもQOLを保って、長く生きられることを祈念しております。
    頑張ってください。

  2. はな より:

    丁寧な返信ありがとうございます。アヘンチンキは処方されていません。エレンタールを飲むと15分ほどでお腹がゴロゴロしてくるそうです。手術は昨年9月にしています。が、今年の2月に肝臓転移を告知されました。何しろ体重が回復しないのが主治医としても次の治療の妨げになっているようです。エレンタールに替えて今は缶ジュースのようなものを処方されています。主治医とよく相談してみます。5yearsからこのブログにきました。ありがとうございます。

  3. キノシタ より:

    はなさん。弟さんのこと、ご心配ですね。
    手術ができたのかどうか、文面では分かりませんが、膵臓がんの術後の下痢ならアヘンチンキでなければ止まりません。アヘンチンキは処方されているのでしょうか。私は術後8年になろうかとしていますが、いまだにアヘンチンキのお世話になっています。膵臓がん術後のこの下痢は一生続くと主治医から言われています。もっとも術後の初期のようなひどい状態ではないですが、夜寝るときは必ず紙おむつを穿いています。
    アブラキサン、GEMの副作用による下痢なら、主治医とよく相談して適切な下痢止めを処方してもらってください。この場合もアヘンチンキが一つの選択肢でしょう。
    食事は症状にあったものを摂るようにして、脂質を控えてカフェイン、刺激物を摂らないようにしましょう。例えば『がん研有明病院の肝臓がん・胆道がん・膵臓がん治療に向きあう食事』
    http://amzn.to/2tPy3TA
    には、「下痢のとき」のメニューとして、白菜とカニの豆乳スープ、ホタテ貝の中国風がゆ、カボチャとほうとう風煮込みうどんなどが載っています。試行錯誤しながら体に合うものを探しましょう。私の場合は牛乳を飲むと直ちに下痢になります。豆乳なら暖めて、直前にアヘンチンキを飲んでおけば、なんとか軽い下痢で済みます。
    消化器系のがんでは下痢対策がQOLを維持する上でも大切ですね。

  4. はな より:

    確かに体重減少は激しく私の弟などは40キロあたりをうろうろしております。ジェムザール+アブラキサンも減量しての投与です。食事は3割ほどでしょうか。主治医からいろんな形での栄養剤が処方されますが、どれも激しい下痢をおこしてしまいます。何かよい方法はないものでしょうか?

  5. キノシタ より:

    パインさん。ご指摘ありがというございます。
    岩本→今村 でした。

  6. パイン より:

    典拠の先生のお名前は今村先生では?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です