スポンサーリンク

ハードディスクの交換完了

LINEで送る
Pocket

 

IMG_7225

何かが覗いている!!
汗ばむほど暖かかったり、今日はまた冬に逆戻りか?恐竜の頭にも冷たい雨。


ブルースクリーンが出て調子の悪いデスクトップPCのハードディスクを入れ替えた。

3.5インチ内蔵ディスクは、WESTERNDIGITALのWD10EZEX(1テラバイト)。Amazonで6,252円だった。

Img_7229

SATAケーブルは3.0対応で6Gbps対応の高速転送ができ、雑音対策の3重シールドのタイプ、HDDにはネジも付いていないので、インチねじも同時に購入。締めて7,274円也。

側板を外し、HDDケースを抜き出す。Seagateの1台が収まっている。

Img_7230

この上の空き領域に新しいHDDを挿入し、SATAケーブルと電源ケーブルをつないで元のように入れる。3重シールドのSATAケーブルは固くて取り回しに苦労したが、ついでに掃除機で4年間の溜まった埃を吸い出す。ファンは歯ブラシで丁寧に埃を落とした。

Img_7231

電源を入れて、元ディスクから新しいディスクに「クローン」を作る。それにはWESTERNDIGITALのサイトから無料でダウンロードできる「Acronis True Image WD Edition」を使う。こんな感じです。

20160309_13_15_31

30分ほどでクローンの作成が完了。再起動させると、

20160309_13_05_05

WD10EZEXにクローンが作成されている。起動ドライブをこちらに変更して起動。以前よりもWindowsの立ち上がりがかなり早くなった。どこかにエラーがあったのでしょうね。これでブルースクリーンに怯えなくてすみます。

2012年3月に買ったパソコンですが、Windows7のサポートが2020年まであるから、あと4年。修理しながらそれまでこのパソコンを使い倒すつもりです。Windows10にはアップグレードしない。その後はどうする? パソコンが要らないとはならないよなぁ。80歳になってもキーボードを叩いている気がする。死ぬ直前まで必要でしょう。2020年にはWindows10の新しいPCをという計画です。

それまで生きているかって? 明日の運命は誰にも分かりません。

入れ換えに半日かかってしまったが、

いや~~  快適ですよ (^_-)


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • がんと自己組織化臨界現象 (1)がんと自己組織化臨界現象 (1) これまでに何度か複雑系について書いてきました。門外漢の私が、しかもがん患者がどうして複雑系という数理科学に関心を持つようになったのか。ひと言で言えば「がんは複雑系だから」というこ […]
  • 今日の一枚:フランス映画の名言今日の一枚:フランス映画の名言 この一枚、大森のとある建物です。写真館の庭に素敵なフランス風(?)の門を設えているのです。 全景はこんな感じ。 何やら文字が彫ってありますね。等倍に拡大して見 […]
  • いのちに感謝の独演会 深川散策いのちに感謝の独演会 深川散策 樋口さんのはなしに、みなさん多いに笑って、勇気をもらってきました。そうそう、毎回応援で出演している柳家喜多八師匠が、”めでたく”正会員になられたそうです。つまり昨年大腸がんの手術 […]
  • 「あきらめる」と「がんばらない」「あきらめる」と「がんばらない」 台風一過、風が強くて空は不気味です。 超音波検査で膵臓に異常が見つかり、CT検査で膵臓がんにほぼまちがいないと告知を受けたとき、意外と冷静だった。 頭の中が真 […]
  • 西尾院長(北海道がんセンター)の「福島原発災害を考える」 「市民のためのがん治療の会」に、北海道がんセンター院長の西尾正道先生(放射線治療科)の連載が始まりました。「福島原発災害を考える①」です。 その前に、同じ放射線治療医である例の […]
  • ある闘病記「かわもと文庫」 つねづね私は闘病記は読まないと言っている。がんの闘病記はその多くがハッピーエンドに終わらない。最もハッピーエンドで終わるようながんなら闘病記を書こうかという患者はいないに違いない […]
  • 術前化学療法で生存率が改善&膵癌診療ガイドライン2019版術前化学療法で生存率が改善&膵癌診療ガイドライン2019版 ヨミドクターに「膵臓がん治療に新手法…手術前の抗がん剤に効果」という記事が載っています。 試験には全国57医療機関の患者364人が参加。手術後にS―1を投与する […]
  • 変わる病院、変わらない医者変わる病院、変わらない医者 国立がん研究センターが変わろうとしている。今年の4月に独立行政法人化したのを機会に、初代理事長に就任した嘉山孝正氏は、「今後は難治や再発がん患者を受け入れ、がん難民を出さない」と […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です