免疫チェックポイント阻害薬は膵臓がんには効かない 他


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんの話題をいくつかまとめてアップします。

●免疫チェックポイント阻害薬は膵臓がんには効かない

免疫チェックポイント阻害薬が登場して、がん免疫療法を取り巻く状況は一変しました。現在メラノーマと非小細胞肺がんで保険で使えるようになっています。

膵臓がんでも期待したいのですが、どうやら免疫チェックポイント阻害薬は膵臓がんには効果がないらしい。こちらの記事で慶應義塾大学医学部先端医科学研究所長の河上裕が語っています。養子免疫療法の方に期待したいですね。

●岡山県に陽子線治療センターが開設 山陽新聞 3/20付

「津山中央病院(津山市川崎)が整備を進めてきた中四国初の「がん陽子線治療センター」の開設記念式典が20日、現地で行われた」とのこと。

1月から受付を始めているが、現在厚生労働省の認可を待っている状態。認可が下り次第治療を開始する。

これで国内の陽子線治療施設は11カ所になります。

20160322_10_38_59

こんなに必要なのですかね? 今年の1月に開かれた厚生労働省の「先進医療会議」では、陽子線治療・重粒子線治療に対しては従来からある放射線治療と比べて優位性に疑問があるとされ、一部の疾患以外への保険適用は見送られ、先進医療のまま継続になったという経緯があります。

膨大な費用と電力を食う箱物を作って、がん保険の先進医療特約や、中には銀行ローンの仲裁までする施設が現れる始末。
その一方で、施設は次々と作られるものの、客観的な評価に耐えうる統一的な治療データがとられていなかったというのだから、お粗末だ。

「先進医療」とは、夢の治療法ではなく、いまだ安全性も有効性も確認されたものではない、ということを認識すべきでしょう。なかにし礼氏が陽子線で治ったとしても、他のすべての患者に効果があるわけではないのです。

●ストップがん離職「就活本」

昨日の東京新聞に『 <ストップがん離職>「就活本」で面接指南 必要な配慮、伝えて』という記事がありました。

がん経験者のための就活ブック: サバイバーズ・ハローワーク

がん経験者のための就活ブック: サバイバーズ・ハローワーク

1,540円(05/30 20:48時点)
発売日: 2015/08/18

スポンサーリンク
Amazonの情報を掲載しています

一般社団法人「CSRプロジェクト」が、がん患者の就職相談に応じてきた活動から、そのノウハウをまとめた本です。

がん患者が面接で、いきなり病名と、勤務で配慮してほしいことを伝えると、がんを十分理解していない面接官の場合は驚き、不採用となるケースが少なくないといいます。まず「病気療養をしていた」と伝えた上で、「離職前の職務での実績や、現在の自分には会社のために何ができるのか、自分の強みを訴えて」と話す。病気をどう乗り越えたのかを併せて話し、プラスの材料としてPRすることも大切という。

厚生労働省の調査によると、仕事を持ちながらがん治療をしている人は35万人います。20160322_17_17_36

また、より深刻なのは、がん患者の34%が依頼退職あるいは解雇されています。

20160322_17_19_24

働きながらがん治療ができるように政府に求めていくことが重要ですが、患者も就活の中で悩んでいます。こうした患者に少しでも参考になる書籍です。

20160322_17_24_40

がん情報サービスには「がんと仕事のQ&A」の冊子があります。

日経BPにも「がんと共に働く 知る・伝える・動きだす」があり、体験者の経験談を知ることができます。

がん治療を受けて長生きする人はどんな人

がん治療を受けた人はどのような人が長生きしやすいのでしょうか?がん治療後に、どのような要素が長生きに関係しているかが検証されました。
がん患者のうちで、リハビリを受けた後に高い歩行能力、運動機能が見られた人、また、在宅医療を受ける人などが長生きしているということが報告されました。

今回の研究はリハビリが対象ですが、歩行などの運動でももちろん同じような効果が期待できるはずです。

がん患者は、ともかく、歩け、歩け!


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 抗がん剤による「心毒性」抗がん剤による「心毒性」 抗がん剤による心毒性 日経メディカルのこの記事、ちょっと気になりますね。 『癌患者・サバイバーを抗癌剤の心毒性から守れ』 癌患者の延命率を飛躍的に向上させた分子標的 […]
  • 「最悪のシナリオ」は今後も起こり得る「最悪のシナリオ」は今後も起こり得る 毎日新聞12月24日の記事『福島第1原発:「最悪シナリオ」原子力委員長が3月に作成』はやはりそうかという感慨と、この政府は東日本の国民が致死的な大量被ばくすることも覚悟していたの […]
  • 『生きる禅語』『美のエナジー』『生きる禅語』『美のエナジー』 チェロ仲間のDさんから『生きる禅語』という本をいただいた。著者の杉谷みどりさんはお姉さんだという。なかなか素敵な本で、書家の石飛博光氏の書は、(私は書に関してはまったくわから […]
  • 今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』 宇都宮に高精度放射線治療センター はっきり言って、宇都宮セントラルクリニックの宣伝本です。このクリニックは、放射線による画像診断を得意としてきたのですが、この冬にはサイバーナイ […]
  • 第3回がん撲滅サミット 光免疫療法の小林久隆氏が講演第3回がん撲滅サミット 光免疫療法の小林久隆氏が講演 第3回がん撲滅サミットが11月にパシフィコ横浜で開催されます。昨年は一部の患者団体、医師から執拗な妨害があり、混乱したことが記憶に新しいです。 少量抗がん剤治療と動注塞栓術 […]
  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • 今日の一冊(60)『抗がん剤治療の正体』 全がん協生存率データとの比較 8日に発売になったばかりの、低用量抗がん剤治療を行っている梅澤先生の最新著作です。 低用量抗がん剤治療について「がん撲滅サミ […]
  • 臨床試験(治験)の探し方(3)臨床試験(治験)の探し方(3) 臨床試験の段階 新薬の臨床試験(治験)は次の段階を経て行なわれます。 通常は第Ⅲ相試験の後に新薬として承認されます。私たちが参加できるのは、主としてⅠからⅢ相試験 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です