クロ現+ オプジーボで医療崩壊?

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

今日はお盆の墓参り。菩提寺に着いたら雷に大粒の雨で急いで墓参りを済ませて、先行が消えないように養生をして退散。

昨夜のクローズアップ現代+はオプジーボで国民皆保険制度だけでなく、国家財政が破綻するかもという國頭英夫医師の主張を軸に構成されていた。

新薬の薬剤費に学会が震撼

対策として、

  • 薬価をもっと下げる
  • 薬の使用に優先順位を付ける(高齢者は対象外とする)
  • 税金や保険料を上げる

20160714_11_16_54

の3つが挙げられていたが、間寛平氏が言っていたように、無駄を省いてもっと税金を投入する方法もあるのではという主張は取り上げられなかった。

オプジーボ難民」でも書いたように、

抗がん剤で保険財政が破綻するという主張にも注意が必要です。

日本のがん医療費は平成25年度約3兆9000億円と、年間の医療費(歯科、薬局調剤費を除く)の13%程度=グラフ。もっとも割合が大きいのは「循環器系疾患」の5兆9千億円(20・5%)だ。がん患者だけが医療費をつり上げているわけではないのです。

20160518_11_21_57_2

さらに、医療費が国の財政を滅ぼすと言われているが、総医療費対GDP(国内総生産)でみると、G7諸国の中で日本は高齢化率は第一位であるが、総医療費の割合では下位の方である。税金から医療費はまだ増やせる予知があるはずなんだ。なぜ増やせないのか、もんじゅなどへの無駄遣い、大企業への大幅な減税措置、ようするに、国民の命と健康を守ることを第1に考えたら、医療費抑制などという政策は出てこないと思うのだがいかがなものでしょう。

20160518_11_29_02

NHKではこうした政府への批判は期待する方が無理。

一人年間3000万円という薬価も、患者数の少ないメラノーマで先に承認した結果、開発費用÷患者数⇒高い薬価となったわけで、小細胞肺がんを先に承認していればもっと安いはずだった。製薬企業の作戦勝ちだ。これが先例となって、これからどんどん出てくる免疫チェックポイント阻害剤なども同等の薬価となるという慣例がある。そんな慣例なんぞを打ち壊すほうが先だろうと思うが、そういう切り口の報道もなし。

「薬価をやたらと下げると、新しい薬が日本に入って来なくなる」という主張に対しては、ロハス・メディカル編集発行人 川口恭氏のこちらの記事が一読に値する。

「次」はドラッグ・ラグ必至 オプジーボの光と影③

驚いたのは、イギリスではアブラキサンは「延命効果の割に費用が高い」として、いったん承認されたのに取り消されたという。「娘に母親と過ごせる時間をすこしでものばしてやりたい」と訴える膵臓がん患者のダニエル・タナーさん(28)の姿に暗澹とした気持ちになった。

20160714_11_20_18


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 使えない、がんゲノム検査使えない、がんゲノム検査 中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が29日、「がん遺伝子パネル検査」を保険適用すると決め、6月1日から適用される見通しです。 マスコミでもバラ色の政策のよう […]
  • 「神様のカルテ」のような医療スタッフ「神様のカルテ」のような医療スタッフ 次回の「膵臓がん患者と家族の集い」には、SAKUさんと待夢さんをお招きして体験講演をお願いしています。 しかし、SAKUさんが緊急入院しました。 心配でした。 […]
  • 神川町、群馬フラワーパーク神川町、群馬フラワーパーク 旅行記のつづきで、いろいろ書くつもりでしたが、梅澤先生の『使い方次第で抗がん剤は効く』が届いたので急いで読みたい。時間がないので、今回は写真をアップするだけです。 […]
  • 知らないほうが幸せ知らないほうが幸せ flickrの無料容量が1Tバイトになったそうです。フルサイズの画像も閲覧できて、200枚の閲覧制限もなくなります。実は私のflickrアカウントも200枚の制限に達したので、し […]
  • NHKスペシャル「シリーズ 人体Ⅱ 遺伝子」第1集NHKスペシャル「シリーズ 人体Ⅱ 遺伝子」第1集 心のありようが健康にもがん細胞を抑えることにも関係しているということが、ますます明らかになりつつあります。心とがんの関係も更に解明されるに違いありません。そして、この遺伝子に働き […]
  • 細胞診の結果細胞診の結果 がん研有明病院で、先週の細胞診の結果を聞いてきました。 結果は「良性」。二つの献体ともにがん細胞はありませんでした。これで一件落着。ただ、大きくなってこないかを1年ごとに経過観察 […]
  • 今日のウォーキング&写真今日のウォーキング&写真 歳には勝てないが、病気には負けていられない。「歩け、歩け」です。
  • 感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる 10月28日のブログに書いた吉村光信さんのエッセイの続き『がんと心もよう(2)「病は気から」の精神免疫学』が「市民のためのがん治療の会」のアップされています。精神(神経)免疫学に […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です