膵臓がん患者は日光浴をしよう


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

0683b35388e1d1941224a677a41b35ce_s

膵臓がんになるリスクは減らないが、膵臓がんによる死亡リスクは減る

「最新健康ニュース」に「ビタミンDで膵臓ガンになるリスクは下がらないが膵臓ガンで死亡するリスクは下がる?」との記事がアップされています。

結論から言えば、

今回のメタ分析で用いた研究に色々な弱点があったため、今回の結果は結論的なものではありません。 今後もビタミンDと膵臓ガンの関係について調査を続ける必要があります。

ってことなんだけど、メタ分析ってこんなもんでしょ。

膵臓がん患者にとっては、それが大事。

発症リスク
ビタミンD(25-ヒドロキシビタミンD3)の摂取量や血中濃度と膵臓ガンになるリスクとの間には関係が見られませんでした。

死亡リスク
しかし膵臓ガンによる死亡に関しては、ビタミンDの血中濃度が高い場合には低い場合に比べてリスクが19%低くなっていました。

「冬の札幌でも76分間の日光浴で成人が1日に必要とする量のビタミンDを作れます」とされていますが、どういう服装でなんでしょうな。冬の札幌で水着は無理かも。

欧米の基準に比べて日本の摂取基準は十分だと言えません。

サプリメントで摂るよりは日光浴を

できるだけ皮膚の露出面積を広くして、できれば上半身裸くらいが良いので、サンルームがあるといいですね。これからの季節は太陽の高度も低くなるので、南向きの部屋なら充分に陽が差し込みます。

散歩などの運動も一石二鳥でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です