スポンサーリンク

膵臓がん患者は日光浴をしよう

LINEで送る
Pocket

0683b35388e1d1941224a677a41b35ce_s

膵臓がんになるリスクは減らないが、膵臓がんによる死亡リスクは減る

「最新健康ニュース」に「ビタミンDで膵臓ガンになるリスクは下がらないが膵臓ガンで死亡するリスクは下がる?」との記事がアップされています。

結論から言えば、

今回のメタ分析で用いた研究に色々な弱点があったため、今回の結果は結論的なものではありません。 今後もビタミンDと膵臓ガンの関係について調査を続ける必要があります。

ってことなんだけど、メタ分析ってこんなもんでしょ。

膵臓がん患者にとっては、それが大事。

発症リスク
ビタミンD(25-ヒドロキシビタミンD3)の摂取量や血中濃度と膵臓ガンになるリスクとの間には関係が見られませんでした。

死亡リスク
しかし膵臓ガンによる死亡に関しては、ビタミンDの血中濃度が高い場合には低い場合に比べてリスクが19%低くなっていました。

「冬の札幌でも76分間の日光浴で成人が1日に必要とする量のビタミンDを作れます」とされていますが、どういう服装でなんでしょうな。冬の札幌で水着は無理かも。

欧米の基準に比べて日本の摂取基準は十分だと言えません。

サプリメントで摂るよりは日光浴を

できるだけ皮膚の露出面積を広くして、できれば上半身裸くらいが良いので、サンルームがあるといいですね。これからの季節は太陽の高度も低くなるので、南向きの部屋なら充分に陽が差し込みます。

散歩などの運動も一石二鳥でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』新刊・近藤誠『抗がん剤は効かない』 近藤誠氏の新しい本 近藤誠氏が新しい本を出した。2011年1月号の文藝春秋に載せられた「抗がん剤は効かない」、翌2月号での立花隆氏との対談「抗がん剤は効かないのか」を収録すると […]
  • 混合診療のなし崩し的な解禁に反対混合診療のなし崩し的な解禁に反対 7月18日に、日本難病・疾病団体協議会(JPA)が『混合診療のなし崩し的な解禁に反対する~必要な医療は保険適用が原則~』との見解を発表しています。(こちら) 政府は6月14日、規 […]
  • GI-SCREENからMONSTAR-SCREENへGI-SCREENからMONSTAR-SCREENへ 産学連携全国がんゲノムスクリーニング「SCRUM-Japan」の第三期プロジェクトを開始すると、国立がん研究センターのサイトに発表されています。 消化器がん […]
  • 未来は予測できない未来は予測できない 糖質制限食をつづけていますが、私の場合はプチ糖質制限食で、1日のうち1回だけ主食を抜くという方法です。正月はお餅を雑煮にいれて結構食べたので、糖質制限にはなっていませんが、まぁこ […]
  • 魚で肝臓がんリスク4割低下:国がんの無神経な発表魚で肝臓がんリスク4割低下:国がんの無神経な発表 新聞報道ですが、国立がん研究センターの発表で、青魚やウナギを多く摂っている人は肝臓がんのリスクが4割低いとの前向きコホート研究結果がありました。 魚で肝臓がんリスク4割低下 脂 […]
  • 牛が殺処分されるなら、同じ内部被ばくした福島県民は・・牛が殺処分されるなら、同じ内部被ばくした福島県民は・・ 復興構想会議の委員である玄侑宗久さんが、6月13日のブログ「雪月花」で、会議へ「緊急動議」(記事中のPDFファイル)を提出したと書いている。 福島県内の母親7人の母乳から微量のセ […]
  • がん患者に朗報―臨床試験が探しやすくなるがん患者に朗報―臨床試験が探しやすくなる 昨年には臨床研究法が成立、しかし・・・ 昨年4月に、臨床研究法が成立しています。 同法は、医薬品などの臨床研究のうち、製薬会社などから提供された資金や、国の未承認 […]
  • 光免疫療法:がん細胞壊死の誘発および免疫活性化光免疫療法:がん細胞壊死の誘発および免疫活性化 楽天メディカルは光免疫療法の技術をもとに、選択的な細胞壊死をもたらす技術を開発中ですが、その前臨床試験結果を発表しています。 まず、光免疫療法とイルミノックス・プラット […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です