スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

加島祥造のタオ-老子 がんになったらこれまでの欲がつまらなくなった

33bd2本棚を大掃除して、この50年間に貯めこんだ蔵書をたくさん捨てた。老年になって物質欲にこだわるのは見苦しいと考えたからだ。まず蔵書を整理しようとしたのはそのためだ。

残ったのは結局古典といわれる書物だった。その中に中野孝次や加島祥造のものが何冊かあった。

2004年に中野孝次が亡くなったとき、写真サークルの会報にこのような文章を書いた。


7 月16 日、79歳で中野孝次が亡くなった。彼の『清貧の思想 (文春文庫)』はこの種の本としては久々の人気で、私も影響を受けた一人である。現在の日本の「経済万能」「金・効率が第一」の風潮を痛烈に批判し、良寛、鴨長明などの「いのちの充実」を大切にする生き方こそが、日本人の本来のありようと捕らえて、「お前は本当に生きているといえるのか?」と頭を殴られた気がしたものだ。

このごろは休みのたびに雨模様であったり台風が来たりなので、彼の著作を読み返すにはうってつけだった。『ブリューゲルへの旅 (文春文庫)』『風の良寛 (文春文庫)』『足るを知る  自足して生きる喜び (朝日文庫)』『「閑」のある生き方』と読み進めるうちに“加島祥造”という名に行き当たった。

中野孝次の碁仇で、英文学者・詩人の加島には『トム・ソーヤの冒険』などの翻訳があり、こちらが有名だが、近年は「老子」の現代詩訳を出版している。

加島祥造の『伊那谷の老子 (朝日文庫)』には、彼がいかにして老子の現代詩約をすることになったかが紹介されている。

その中で、晩年の寺田寅彦の「電車で老子に会った話」の小文を引用して、寅彦が日本橋の丸善で老子のドイツ語訳を買い求め、電車の中で読み始めたが、これまで難解だと思っていた老子が、「まるで背広にオーバー姿で電車の中でひょつくり隣合って独逸語で話しかけられたよう」に、すとんと理解できたというのである。

そして加島自身も、老子の英語訳に出会っていっぺんでその虜となり、触発されて老子道徳経を現代詩に訳した『タオ―老子 (ちくま文庫)』を出版することになってしまった。

この『タオ-老子』の現代詩がなんともいいのである。

私なんぞは、漢詩は高校で受験のために仕方なく勉強したが、正直いって難解で退屈だった。孔子・孟子までは付き合ったが内容はほとんど記憶にないし、まして老子となると義理で付き合った覚えもない。

その老子が、加島の現代詩に姿を変えると、本当にストンと胸に落ちるから痛快だ。

無為とは、なにもしないことじゃない
誰も、みんな、
産んだり、養ったり、作ったりするさ、
しかし、
タオにつながる人は
それを自分のものだと主張しない。
熱心に働いても
その結果を自分のしたことと自慢しない。
頭に立って人々をリードしても、
けっして人を支配しようとはしない。
頭であれこれ作為しないこと、
タオに生かされているのだと知ること、
それが無為ということだよ。
なぜって、こういうタオの働きに任せたときこそ、
ライフ・エナジーがいちばん良く流れるんだ。
これがタオという道の不思議な神秘の
パワーなんだ。
(老子道徳経第十章)

君はとっちが大切かね?-
地位や評判かね
それとも自分の身体かね?
収入や財産を守るためには
自分の身体をこわしてもかまわないかね?
何をとるのが得で
何を失うのが損か、本当に
よく考えたことがあるかね。
名声やお金にこだわりすぎたら
もっとずっと大切なものを失う。
物を無理して蓄めこんだりしたら、
とても大きなものを亡くすんだよ。
なにを失い、なにを亡くすかだって?
静けさと平和さ。
このふたつを得るには、
いま自分の持つものに満足することさ。
人になにかを求めないで、これで
まあ充分だと思う人は
ゆったり世の中を眺めて、
自分の人生を
長く保ってゆけるのさ。
(老子道徳経第四四章)


これを書いたのは、まだ膵臓がんを告知されるまである。今から思い返してみると、中野孝次や加島祥造、老子に接してきたおかげで、膵臓がんと言われたときにも、思ったほどには慌てず、冷静に受け止めることができたような気がする。

地位や名誉、財産や余計な物欲はなくて良い。がんになったときにすぐにそう思ったのも彼らのおかげであろう。

清貧の思想 (文春文庫)
中野 孝次

清貧の思想 (文春文庫)
足るを知る 自足して生きる喜び (朝日文庫) 「閑」のある生き方 (新潮文庫) ハラスのいた日々 (文春文庫) 生き方の美学 (文春新書) 風の良寛 (文春文庫)
by G-Tools

タオ―老子 (ちくま文庫) タオ―老子 (ちくま文庫)
加島 祥造
伊那谷の老子 (朝日文庫) 老子までの道―六十歳からの自己発見 (朝日文庫) タオ―ヒア・ナウ タオにつながる 老子と暮らす 知恵の森文庫
by G-Tools

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 道元の「生死」観とマインドフルネス マインドフルネスの原理 マインドフルネスは、禅を中心に、広大な仏教体系の中でその基本的原理を忘れることなく医療に応用されたものと言えます。 マインドフルネスの考案者 […]
  • 死を前にして人は何を思うのだろう?死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者が […]
  • 人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ この身体は借り物。借用書には「必ず返すべし」とは書かれているが、「いつ返せ」とは書かれていない。返す期限は誰にも分からない。身体もがんも「複雑系」だから、原理的に「未来は予測でき […]
  • 今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』 死はやってくる 「死は受入れられない」。 釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるは […]
  • ペンローズの量子脳理論ペンローズの量子脳理論 今年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究に貢献のあったロジャーペンローズ氏ら3人に与えられました。 日本のマスコミでは、事前に騒がれた中村祐輔先生をはじめとして、日本 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』 劇的な寛解の経験者が実践していた九つの項目のうち、身体に関わることがたった二つ(食事を変える、ハーブやサプリメントを使う)しかなかったことです。残りの七つは、感情や精神にかかわる […]
  • 人はなぜ死を恐れるのか?人はなぜ死を恐れるのか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、 […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す