スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

拾った命だから、のんびり生きる

「拾った命だから、のんびり生きる」。

このタイトルは2006年にあるところへ書いたものだ。

そして、膵臓がんの手術までの検査まで、死を覚悟しながら、今の生き方でよい。このまま普通に生きていくだけ。焦らず、諦めず、必要以上に頑張らず。と思った。

直腸がんで、日本記録の保持者

半年ぶりの定期検査を先月末受診した。大腸の内視鏡検査だ。その結果を主治医の先生から聞くための診察日だった。「まったく問題なし。この次の検査は一年後でい いね」とうれしいお話。

1999年の末に直腸にガンが見つかり、翌2000年1月に手術で切除した。肛門から5センチのところにできたガンで、通常なら肛門に近すぎるので、括約筋なども切除して永久に人工肛門になる症例だといわれた。

しかし主治医の寺本先生の勧めで新しい手術方法を選択した。おかげで半年ほどは人工肛門での不便を強いられたが、再度腸の接合手術をして、今では人工肛門ではなく自分の肛門を使用している。

こう書くとたいしたことではないみたいだが、人工肛門は使った経験のない人にはその不便さ、かゆさが分からないだろう。寝てるあいだに剥がれて何度寝具を捨てたことか。自分の肛門からウンチが出たときのあの感動は、今思い出しても涙が出る。

寺本先生からは「日本での新記録です。つまり肛門から5センチの直腸手術で人工肛門でないのはあなたが初めてです」といわれたものだ。ガンになったのは不運だが、寺本先生の手術を受けられたのは幸運だということだ。

こうしてもう手術後6年になる。5年経てば一応ガンは完治だといわれているから、安心してよいだろう。昨日アフラックの医療保険にも堂々と加入手続きができた。

命拾いしたのはこれで二度目ということになる。二十歳のころ交通事故で奇跡的に一命をとりとめたことがある。そのときは『せっかく拾った命だから、立派な人生を送ろう』と決意したものだ。これまでの人生はその決意に恥じないものだったと自分では思っている。

そして五十歳でガンになり、また命を拾った。

そしてこう思った。『せっかく拾った命だから、のんびり生きよう』と。

*****************************************************

この文章を書いて、すぐに膵臓がんが見つかった。2度目のがんである。

そして、こう考えた。

老子だってこう言っているではないか。『人の先に立とうとするな』と。人の欲は果てしがない。

しかし「もうこれで十分だ」という気になれば、人生をあくせくせずに、命の根底に至る人生に変えることもできようではないか。それに気付くことが「タオ」が分かるということに違いない。

もうひとつ
天と地のむこうの道(タオ)につながる自分が有る。
そういう自分にもどれば
人に嘲(あざ)けられたって褒められたって
ふふんという顔ができる。
社会から蹴落(けおと)されるのは
怖いかもしれないけれど、
タオから見れば
社会だって変わってゆく。だから
大きなタオの働きを少しでも感じれば
くよくよしなくなるんだ。
たかの知れた自分だけど
社会だって
たかの知れた社会なんだ。

加島祥造「タオにつながる」より。

二度も命拾いをしたうえに、命を大切に生きる=タオに生きる ことまで教えられたんだから、がんになるのも悪いものじゃないなぁ。

幸い膵臓がんも完治した今は、与えられて命だから、

『生かされるままに 生きよう』

と感じている。

タオ―老子 (ちくま文庫)

タオ―老子 (ちくま文庫)

加島 祥造
704円(12/05 22:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(144)清水研『もしも一年後、この世にいないとしたら。』今日の一冊(144)清水研『もしも一年後、この世にいないとしたら。』 明日も今日と同じという保証はない 私たちは、明日も今日と同じように、元気で目が覚めて、同じような一日が過ぎていくだろうと、そのように予測をして生きています。 […]
  • 今日の一枚:うろこ雲の下で今日の一枚:うろこ雲の下で うろこ雲と言ったほうが良いのか、いわし雲も一部見えていました。 ジャズが聞こえてきそうな大きな作品が並んでいます。 GR3は一眼レフ並みに様々な機能があり、私が気に入 […]
  • 中島梓と良寛の死 中島梓(栗本薫)さんが5月に膵臓がんで亡くなっています。その最後の日記が『 転移』という本になり出版されています。 自分でも「記録魔」と言うくらいですから、しかも作家の本性で […]
  • 新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ!新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ! がんに効果があると、コーヒー浣腸を薦める医師が何人かいますね。ゲルソンが最初にがんに効果があると言ったのですが、済陽高穂、新谷弘実などがいます。新谷弘実医師、最近あまり目にしなく […]
  • 一粒の種 一粒の種 中島正人 砂川恵理歌 よしもとアール・アンド・シー  2009-02-18売り上げランキング : 13193おすすめ平均  […]
  • クリンソウとニッコウキスゲクリンソウとニッコウキスゲ 先週に予定していて雨で中止にした日帰り撮影旅行、26日に奥日光へ。千手が浜のクリンソウとキスゲ平のニッコウキスゲを撮りに行きました。5時に出発し、赤沼茶屋には7時半に到着したが、 […]
  • ビタミンDの新たなエビデンスビタミンDの新たなエビデンス 代替療法については、はっきりした結論が出るまでには肯定否定の両論が出るのが通常であり、だからこそ「代替療法」なわけですから、一喜一憂せずに患者としては次のように考えておけば良いで […]
  • LEDキャンドルでマインドフルネス瞑想LEDキャンドルでマインドフルネス瞑想 私もサイモントン療法とマインドフルネス瞑想を交互に行っていますが、寝る前の布団の中では気持ちが良すぎて、途中で寝てしまいます。 考えたのは部屋を暗くして、椅子に座ってロウソクの […]
膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す