訃報:加島祥造さん


Pocket
LINEで送る

詩人の加島祥造さんが亡くなった。

このブログに加島祥造さんの名前が登場するのは、膵臓がんが見つかって手術までの間、2007年6月23日の日付だった。『拾った命だから、のんびり生きる』などと書いている。手術の結果、再発など頭になくて、助かるつもりでいたらしい。

その翌日も『加島祥造のタオ-老子』である。

そして手術後の8月27日には『「求めない」 加島祥造、老子、セネカ』と書いている。

当時も今も加島祥造さんの現代約『老子』にはずいぶんと教えられたし、膵臓がんと言われても、動揺もせずに治療できたのは、ほとんど老子と加島祥造さんのおかげと言っても良い。

静けさに帰る(第16章)

虚(うつろ)とは
受け容れる能力を言うんだ。
目に見えない大いなる流れを
受け容れるには
虚(うつろ)で、
静かな心でいることだ。

静かで空虚な心には、
いままで映らなかったイメージが見えてくる。
萬物は
生まれ、育ち、活動するが
すべては元の根に帰ってゆく。
それは静けさにもどることだ。
水の行く先は—海
草木の行く先は—大地
いずれも静かなところだ。
すべてのものは大いなる流れに従って
定めのところに帰る。

(そして、おお、
再び甦(よみがえ)るのを待つ。)

それを知ることが智慧であり
知らずに騒ぐことが悩みの種をつくる。
いずれはあの静けさに帰り
甦るのを待つのだと知ったら
心だって広くなるじゃないか。
心が広くなれば
悠々とした態度になるじゃないか。
そうなれば、時には
空を仰いで、、
天と話す気になるじゃないか。
天と地をめぐって動く命の流れを
静かに受け容れてごらん、
自分の身の上でくよくよするなんて
ちょっと馬鹿らしくなるよ。

加島祥造さんは『求めない』の詩文集の冒頭に、

あらゆる生物は求めている。
命全体で求めている。
一茎の草でもね。でも
花を咲かせたあとは静かに
次の変化を待つ。
そんな草花を少しは見習いたいと、
そう思うのです。

と書く。そう、命を、生を全力で生きている。ただそれだけのことなのです。次の変化(死)を待つ。ただ、それが来るのを静かに待つ。私もそんな草花を少しは見習いたい。

ご冥福をお祈りいたします。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(92)『ガンとわかったら読む本』今日の一冊(92)『ガンとわかったら読む本』 ブログ「あきらめない! […]
  • 今日の一冊(87)『科学知と人文知の接点』今日の一冊(87)『科学知と人文知の接点』 不死社会がやってくる ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授の著書『ワーク・シフト』では、「2007年に先進国で生まれた子供たちの半数は100歳以上まで、日本の […]
  • 今日の一冊(90)『人類の進化が病を生んだ』今日の一冊(90)『人類の進化が病を生んだ』   イギリスBBSテレビで科学番組を数多く制作してきたディレクター、ジェレミー・テイラーの『人類の進化が病を生んだ』です。 ダーウィン医学( […]
  • シュレベールの箴言(8)シュレベールの箴言(8) 炎症は、治癒のための新しい組織の形成を支えていると見せかけて、がんの成長を促す役回りをしていることもある。 生物の体が損傷すると、自動的に組織を修復するようにできて […]
  • シュレベールの箴言(10)シュレベールの箴言(10) 私たちの貴重な白血球を強化できるものはすべて、腫瘍の成長を拒むこともできる。 要するに、免疫細胞を刺激し、(食事療法、運動、感情のコントロールによって)炎症と闘い、血管新生 […]
  • 今日の一冊(84)『末期がんでも元気に生きる』今日の一冊(84)『末期がんでも元気に生きる』 実はまだ読んでもいない本(本来は既読の本しか紹介しない)ですが、気になる本です。 末期がんでも元気に生きる posted with […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です