「死生学」のデーケンさん 死去

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

「死への準備教育」を唱えて、日本に「死生学」を定着させたといわれるA・デーケンさんが亡くなりました。

親しい人との死別にどう向き合えばよいのか、また自分の死に対して、どのように考え、生活を送ればよいのかを説き、私もたくさんの影響を受けました。

がん患者、なかでも膵臓がん患者はすぐ目の前に死が待ち構えているのですから、自分なりの死生観を早く見つけないと、間に合いません。

日本人は、本来死とはずっと向き合って生きてきた民族のはずです。鴨長明、吉田兼好らの文学は、命は短いから今を十分大切に生きよと説いてきたのでしょう。

「生老病死」の「苦」から逃れるために仏教が広まってきたのでしょうが、今は葬式仏教になり果てて、命の苦しみを解決する場ではなくなっています。

戦後の高度経済成長や核家族化によって、「死」は病院でのできごととなり、自宅で爺さんばあさんをみとるという経験もなくなりました。

デーケンさんが改めて「死生学」を提唱したのはそんな背景もあったのでしょう。

「死」は遠い存在のはずでしたが、病気によって現実のものとなります。

このブログにも、膵臓がんの告知を受けてから、ずっと死との向き合い方を綴ってきたのです。

先日亡くなられたMYUさんも、真摯に「死」と向き合い、毅然と生き切った方でした。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • コミュニティサイクルでお台場巡りコミュニティサイクルでお台場巡り 東京ビッグサイト前のコミュニティサイクル・ポートで電動アシストを借りて、お台場巡りに出発。 涼しげなミストが公園の一角から出ています。夏だけでしょうか。 大島 […]
  • 私はがんで死にたい私はがんで死にたい DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200 小野寺時夫『私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期』 […]
  • 千葉徳州会病院 治験開始千葉徳州会病院 治験開始 千葉徳州会病院のサイトに、膵臓がんに対するがんペプチドワクチン治験開始のお知らせがアップされました。現在、当院で標準療法不応膵がん患者さまに対して「がんペプチドワクチン療法」の第 […]
  • メラトニンについて(2)メラトニンについて(2) メラトニンとストレスマエストロらのマウスに対する実験では、マウスにウイルスを投与したのち、 空気孔のあいた筒に閉じ込められたマウスにメラトニンを与えたところ、与えられなかったマウ […]
  • アブラキサンが審議会で了承されるアブラキサンが審議会で了承される 11月28日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会において、アブラキサン点滴静注用100mg(大鵬薬品)に、治癒切除不能な膵癌への効能・効果を追加することが了承されました […]
  • 白衣を着た詐欺師白衣を着た詐欺師 がんを告知されて頭の中が真っ白になっている状態では、何か特別な助かる道を探す患者の気持ちは十分に理解できます。 白衣を着た詐欺師に300万円を貢いだ彼は標準治療に戻るのですが、 […]
  • 膵管破裂一歩手前だった! 膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、 […]
  • 今日の一枚:フランス映画の名言今日の一枚:フランス映画の名言 この一枚、大森のとある建物です。写真館の庭に素敵なフランス風(?)の門を設えているのです。 全景はこんな感じ。 何やら文字が彫ってありますね。等倍に拡大して見 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です