豚インフルエンザはパンデミックになるか

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

豚インフルエンザのニュースが増えています。Google Health Map で表示すると、感染が増Swine_flu
えている(オレンジ)マークが世界地図に表示されます。世界にはこんなにたくさんの伝染病が、今現在流行しているのかと驚きます。(感染箇所ではなく、報道がされた場所ということです)「Swine flu H1N1」をダブルクリックすると、豚インフルエンザの感染(報道)地域のみが表示されます。

患者数を表示したGoogleマップがこちらにアップされました。

辺見庸が『しのびよる破局-生体の悲鳴が聞こえるか』で、現在の状況を、金融恐慌・地球温暖化・新型インフルエンザなど、外部世界の崩壊としてとらえ、同時に人間の内面の崩壊という異質の崩壊が同時進行する、いまだかってない「パンデミック(感染爆発)」としてとらえています。

昔日との相違はまさに

悪の核(コア)をそれと指ししめすことの
できないことなのかもしれない
どうやら資本が深くかかわるらしい
〝原発悪〟が
ほうぼうに遠隔転移してすべての人のこころに
まんべんなく散りひろがった状態が
いまという時代の
手におえない病症ではないのか

しのびよる破局―生体の悲鳴が聞こえるか

カミュの『ペスト』を引用して、行政やマスコミがオランの町で起きていることを具体的、詳細に報じないでペストの拡大の危機を覆い隠してしまう。人々は現実に起きていることの真の重大さに気づかず、いずれは治まるさと、日々の生活に追われて楽観的に生きている。私たちも現に、アフガニスタンや世界の方々で飢餓や戦争で毎日たくさんの人が死んでいくニュースを見ながら、楽しく団欒の食卓を囲んでいる。

「資本」に倫理を要求しても無駄なことはマルクス以来周知のことですが、「資本」の象徴的存在「資本家」にも倫理は求めることができなくなった。最近のニュースで驚いたのは、破綻したSFCG(旧商工ファンド)の大島健伸元社長が、破産前に1240億円の会社資産を親族会社に安値で売却しており、月額2000万円の役員報酬(これだって十分多すぎる)を破産前に9700万円(年額ではなく月額!)に引き上げていた。さらにその他の役員の報酬は一律30万円だったという。漢字能力検定協会の理事長親子も同じだが、これが例外的な事件でないことがパンデミックという所以でしょう。こんなニュースを見ると、人間の内面にパンデミックが起きつつあることは確かなようです。

辺見庸は、単に景気が回復するとか、経済が元どおりに繁栄すればいいのではなく、人間の生き方を根本から問い直さなくてはいけないと言っている。エンデも「生き方を根源から問い直すべき」と『エンデの遺言』で言っているのです。

私の癌も、地球温暖化も、豚インフルエンザも、秋葉原事件も、根源では繋がっている。それは「生き方」を問い直されていう意味においてです。

パンデミックを予想した人も何人かいます。(もっとも豚インフルエンザがパンデミックになるかどうかはまだわからないが・・・)
リンパ球バンク株式会社社長、 藤井真則(ふじい・まさのり)氏のブログ。藤井氏は昨年の大晦日と今年の1月1日のブログで

パンデミックフルー発生確率は、2010年辺りから2012年にかけてが、最大の山場を迎えると読んでおりますが、2009年中に発生しない保証はありません。 これがくると、世界同時戒厳令状態となりますので、自力で、食料や水を確保できない人は生きる術がないほど、過酷な状況を迎えるかもしれません。 ウィルスそのものも脅威ですが、電気、水道、ネット、携帯、水、食料、医療、すべてのインフラが止まると、果たして、現代人は、自活して生きていけるでしょうか。

と書かれています。このブログ、免疫療法のことを詳しく書いています。一般の研究者や学者が書いた免疫の本よりはよほどわかりやすくて、免疫に関する私たちの誤った解釈を正してくれます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • がんと食事(2)がんと食事(2) DP2 Merrill F2.8 1/200 […]
  • 心が免疫系に与える影響 心と免疫系との関係を研究する「精神神経免疫学(PNI)」に関する、信頼のおける科学的な情報が、最近では殆ど発表されません。そうしたなかで、1986年初版の『精神生物学―心身の […]
  • モーツァルトと脳内物質ドーパミン 音楽療法という分野があり、特にモーツァルトの音楽には糖尿病が治った、血圧を下げる、がん細胞の増殖を抑える、などの効果があるという説があります。多くの書籍でも紹介され、音楽療法 […]
  • 夢枕獏『大江戸恐竜伝』夢枕獏『大江戸恐竜伝』 夢枕獏の『大江戸恐竜伝』全五巻を読み終えた。昨年9月より一巻ずつ発売されて、1月に第五巻が刊行されたものです。いや~、おもしろかった。彼の小説を読むのは『神々の山嶺』以来です。 […]
  • トランス脂肪酸はがんの栄養トランス脂肪酸はがんの栄養 DP2 Merrill F2.8 1/250秒 […]
  • 小さき花小さき花 京都東山にある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の総本山ですが、俵屋宗達の国宝「風神雷神図」があるお寺(現在は京都国立博物館に寄託)といった方が分かりやすいかもしれません。若き道元も入宋す […]
LINEで送る
Pocket

豚インフルエンザはパンデミックになるか” に対して1件のコメントがあります。

  1. yutakarlson より:

    ■新型インフルエンザ発生 WHO、警戒水準4へ引き上げ-これがパンデミック対策だ!!
    こんにちは。豚インフルエンザ、パンデミックになる恐れもでてきました。備えあれば、憂いなしの言葉どおりに、今から準備しておきたいです。現在パンデミックに関する危機管理対策を定めてあるのは、大企業でも3割程度だそうです。私のブログでは、パンデミックに対する危機管理の要旨を掲載してみました。是非ご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です