芋焼酎「竜馬」


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

日曜日に、自宅である雑誌の取材を受けました。仕事ともガンとも関係のない雑誌の取材ですので内容は省きますが、編集者(インタビューア)の方とカメラマンが二人。私の出身地を書いた名刺を渡したら、カメラマンの方が「自分の親父も高知県の出身で、安芸市には親戚が住んでいます」という話になりました。ひとしきり写真の話題を交わしましたが、スペインに一週間ほど行ってガウディを撮りまくったとうらやましい話。写真集か個展を考えているということでした。

後で彼の名詞を確認すると「川谷」と書かれています。聞くのを忘れましたが、川谷拓三と血の繋がりがあるのか、顔つきが似ていました。(川谷拓三の本名は仁科だから、これは私の思い違い) 「葬儀用のいい写真がないから、後でメールで送付してください」と頼んでおきました。プロの写真家に撮ってもらっておけば、遺影に関しては準備万端です。すぐに使う予定もそのつもりもありませんが、5年先ならまだこの写真が十分使えて役に立つかもしれません。

(このブログを見た高校時代の同窓生が川谷拓三さんの近くに住んでいたことがあり、彼女から「川谷拓三さんは本名です。仁科は奥さんの苗字だと思います。私の実家の近所に住んでいまして、妹さんとは遊んだこともあります。拓三さんのお父さんは若いころ映画界で働いていたカメラマンだったということも聞いています。拓三さんのお兄さんは自作の映画も作っていたと聞いたこともあります。だから訪ねた方は血縁関係があるかもしれません。拓三さんは兄弟が多かったですし。」というメールをいただきました。すると、もしかしてカメラマンの方は拓三さんの血縁のある方かもしれません。

近くの酒屋に行って「変わった焼酎はないですか」といWshot00075うと、これどうですか、と「竜馬」を出し
てくれました。安芸市の菊水酒造の芋焼酎で、500ミリリットルが1000円でした。写真のラベルの筆跡は坂本竜馬の自筆署名だとか。竜馬は良寛のような細い筆遣いですかね。もらって帰って早速晩酌に一杯。「竜馬」はまろやかでいい香りの焼酎でした。医者からは醸造酒よりも蒸留酒にしておきなさい、ただし、ほどほどに、と言われているのですが、それを都合良く解釈して毎晩飲んでいます。ワインと日本酒は飲んだあと気分が良くありません。やはり醸造酒は膵臓のない者には合わないのかもしれん。医者の言うとおりですね。まだ日本酒の方は、お燗すれば影響がない気がします。まぁ、焼酎とウイスキーなら体調も悪くならないし、自分の身体だし、誰に遠慮が要るものか、これも生活の質(QOL)だ、文句があっても、誰もあの世までは追いかけてこないだろう。と開き直っている。

最近どういう風の吹き回しか、田舎に関する出来事が多いようです。同窓会も続いていますし。NHKの大河ドラマの影響でしょうか、坂本竜馬や岩崎弥太郎が人気です。「坂の上の雲」を大宣伝していますが、私は観る気がしません。司馬遼太郎が映画化に反対していたという作品です。反対の理由は軍国主義を美化して描かれる畏れがあるということで、彼の遺言でした。

月島慕情 (文春文庫)

トイレにおいてあった浅田次郎の『月島慕情』を読み終えた。トイレにはこんな文庫本の短編小説集がよい。ちょっと長居をする時にページを開いてみて、前回の続きを読むというのも風流だ。長編小説だとか難しい哲学だとかは似合わない。シューシャインボーイ、雪鰻、めぐりあい、どれも時代は昭和初期の古き良き時代を彷彿とさせるような短編。浅田ワールドはトイレに限る? 風呂には「おふろで読む文庫」を置きたいのですが、1冊1050円で名作が100冊でている。それが価格改定で1冊525円、半額になっている。中原中也詩集だとかガリバー旅行記などがあり、気にかかっている。風呂で身体をゆっくりと温めて好きな本を読む、こんな幸せはないだろうなぁ。体温を上げれば免疫力が高くなり、どんな病気も治る、という風な本が、このごろ本屋にいくつも並んでいて驚いた。
D1000003


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 町医者に高性能CTがあった 膵臓がん確定 10:10からCT検査。 紹介された病院は伊藤医院、大森駅をジャーマン坂に沿って蘇峰公園の方に行ったところにあった。木造のいかにも町医者という感じの病院(正確に […]
  • カテキンの薦めカテキンの薦め ライフライン21『がんの先進医療』の「食事と栄養」のページに、「緑茶でがん細胞の発生と成長を抑制する」というページがあり、半田えみ先生(医療法人社団 中成会 […]
  • ビタミンDが不足しているとCOVID-19で重症化しやすいビタミンDが不足しているとCOVID-19で重症化しやすい   medRxivは、査読前の医学分野の論文を受付し、新しい知見の迅速な共有やフィードバックを受けるためのプラットフォームを無料で提供するサービスで、20 […]
  • 「結果」を「目的」にする過ち「結果」を「目的」にする過ち 河津にて チェロのレッスンももう15章に入り、五度音程を同時に押す(ソとレ)とか、ピチカートで早いパッセージを弾くエクササイズになりました。このエクササイズでは […]
  • 膵臓がんのTS-1とパクリタキセルの腹腔内投与が先進医療に膵臓がんのTS-1とパクリタキセルの腹腔内投与が先進医療に 腹膜播種のある膵臓がん患者に、嬉しいニュースです。 【追記】加藤隆佑医師がこの件でブログに紹介されています。 私は、この治療を、以前に、胃がんで行っていました。とても効果 […]
  • 今日の一冊(20)『代替医療の光と闇』 アメリカの医療費はバカ高い。アメリカでの自己破産の6割はがん患者だという。日本のような国民皆保険制度を作ろうとしたオバマは、「社会主義的だ」との共和党の反対で不十分な改革 […]
  • 実例報告「私は切らずにがんが治った」実例報告「私は切らずにがんが治った」 次郎 「週刊現代」の特集記事がアップされているけど、 「病は気から」は本当だった!実例報告「私は切らずにがんが治った」 確かに自然治癒はあるのだ […]
  • 死ぬこととと生きること 中学校の同窓会の案内が来ました。先月は高校の吹奏楽部の同窓会があって高知に帰省したのですが、還暦を過ぎると急に同窓会の案内が来るようになりました。定年を迎えて多くの人が現役から退 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です