芋焼酎「竜馬」

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

日曜日に、自宅である雑誌の取材を受けました。仕事ともガンとも関係のない雑誌の取材ですので内容は省きますが、編集者(インタビューア)の方とカメラマンが二人。私の出身地を書いた名刺を渡したら、カメラマンの方が「自分の親父も高知県の出身で、安芸市には親戚が住んでいます」という話になりました。ひとしきり写真の話題を交わしましたが、スペインに一週間ほど行ってガウディを撮りまくったとうらやましい話。写真集か個展を考えているということでした。

後で彼の名詞を確認すると「川谷」と書かれています。聞くのを忘れましたが、川谷拓三と血の繋がりがあるのか、顔つきが似ていました。(川谷拓三の本名は仁科だから、これは私の思い違い) 「葬儀用のいい写真がないから、後でメールで送付してください」と頼んでおきました。プロの写真家に撮ってもらっておけば、遺影に関しては準備万端です。すぐに使う予定もそのつもりもありませんが、5年先ならまだこの写真が十分使えて役に立つかもしれません。

(このブログを見た高校時代の同窓生が川谷拓三さんの近くに住んでいたことがあり、彼女から「川谷拓三さんは本名です。仁科は奥さんの苗字だと思います。私の実家の近所に住んでいまして、妹さんとは遊んだこともあります。拓三さんのお父さんは若いころ映画界で働いていたカメラマンだったということも聞いています。拓三さんのお兄さんは自作の映画も作っていたと聞いたこともあります。だから訪ねた方は血縁関係があるかもしれません。拓三さんは兄弟が多かったですし。」というメールをいただきました。すると、もしかしてカメラマンの方は拓三さんの血縁のある方かもしれません。

近くの酒屋に行って「変わった焼酎はないですか」といWshot00075うと、これどうですか、と「竜馬」を出し
てくれました。安芸市の菊水酒造の芋焼酎で、500ミリリットルが1000円でした。写真のラベルの筆跡は坂本竜馬の自筆署名だとか。竜馬は良寛のような細い筆遣いですかね。もらって帰って早速晩酌に一杯。「竜馬」はまろやかでいい香りの焼酎でした。医者からは醸造酒よりも蒸留酒にしておきなさい、ただし、ほどほどに、と言われているのですが、それを都合良く解釈して毎晩飲んでいます。ワインと日本酒は飲んだあと気分が良くありません。やはり醸造酒は膵臓のない者には合わないのかもしれん。医者の言うとおりですね。まだ日本酒の方は、お燗すれば影響がない気がします。まぁ、焼酎とウイスキーなら体調も悪くならないし、自分の身体だし、誰に遠慮が要るものか、これも生活の質(QOL)だ、文句があっても、誰もあの世までは追いかけてこないだろう。と開き直っている。

最近どういう風の吹き回しか、田舎に関する出来事が多いようです。同窓会も続いていますし。NHKの大河ドラマの影響でしょうか、坂本竜馬や岩崎弥太郎が人気です。「坂の上の雲」を大宣伝していますが、私は観る気がしません。司馬遼太郎が映画化に反対していたという作品です。反対の理由は軍国主義を美化して描かれる畏れがあるということで、彼の遺言でした。

月島慕情 (文春文庫)

トイレにおいてあった浅田次郎の『月島慕情』を読み終えた。トイレにはこんな文庫本の短編小説集がよい。ちょっと長居をする時にページを開いてみて、前回の続きを読むというのも風流だ。長編小説だとか難しい哲学だとかは似合わない。シューシャインボーイ、雪鰻、めぐりあい、どれも時代は昭和初期の古き良き時代を彷彿とさせるような短編。浅田ワールドはトイレに限る? 風呂には「おふろで読む文庫」を置きたいのですが、1冊1050円で名作が100冊でている。それが価格改定で1冊525円、半額になっている。中原中也詩集だとかガリバー旅行記などがあり、気にかかっている。風呂で身体をゆっくりと温めて好きな本を読む、こんな幸せはないだろうなぁ。体温を上げれば免疫力が高くなり、どんな病気も治る、という風な本が、このごろ本屋にいくつも並んでいて驚いた。
D1000003


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • トランス脂肪酸はがんの栄養トランス脂肪酸はがんの栄養 DP2 Merrill F2.8 1/250秒 […]
  • RCT・エビデンスはいつも信用できるか?RCT・エビデンスはいつも信用できるか? RCT(ランダム化比較試験)でなければエビデンス(科学的な根拠)ではないとか、エビデンス(科学的な根拠)がない治療は人体実験だとか、最近かしましいが、こんな記事がある。 「 […]
  • 牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある?牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある? 2013年に、国立がん研究センターのプレスリリースに『化学療法不応の膵がんに対するGBS-01医師主導治験の患者登録を開始』がありました。 牛蒡子(ゴボウの種)から […]
  • ファシズムは笑顔でやってくるファシズムは笑顔でやってくる ショスタコーヴィチの交響曲第7番『レニングラード』を聴いている。バーンスタイン指揮のシカゴ交響楽団の名演奏。世界一パワフルなオーケストラといわれるシカゴ交響楽団の第1楽章は、消え […]
  • 牛の真似をしても、がんは治らない牛の真似をしても、がんは治らない ニンジンジュース療法 ゲルソン療法やその亜流である日本人医師による「がんのニンジンジュース療法」があります。街の本屋に行けば、その手の本が並んでいて、がんを告げられた患者が […]
  • 福島原発のもろもろ福島原発のもろもろ 今日の新聞で「原子炉破損で燃料のウラン飛散か」との記事があった。NHKが詳しいが、福島第一原発の事故直後の3月14日の夜から翌朝にかけて原発から130キロ離れた茨城県つくば市で […]
  • 膵臓がん患者の火葬場から放射線が検出される膵臓がん患者の火葬場から放射線が検出される アリゾナ州で放射線治療を受けたがん患者さんを荼毘に付した後の火葬場から、海抜0mの放射線量の200倍近い放射線が検出され、メイヨークリニックが結果を米国医師会雑誌(JAMA […]
  • 東京はニューヨークになるか東京はニューヨークになるか 東日本大震災のときにも活躍した児玉児玉龍彦先生、金子勝氏らの動画。4月4日のものですが。 これを見なく今の日本の状況は語れない。 東京で97人感染、とかマスコミで語られるが、分母 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です