『地球交響曲第七番』

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

たまたまアンドルー・ワイルのウェブを見ていたら、ワイル博士が5月に日本に来ていたようですね。知らなかった。ニュースにもならなかったような気がします。私が気付かなかっただけかもしれませんが。
明治神宮に参拝したとか、蕎麦を食ったとかの写真があります。

映画「地球交響曲第七番」にワイル博士が登場しており、その完成披露試写会をかねての旅行らしい。YouTubeの予告編はこちら

映画は東京都写真美術館で7月17日から上映されるのとこと。

地球交響曲第七番
~全ての生命が潔く、健やかに生き続けるために~

地球交響曲「第七番」は、母なる星GAIAからミクロのバクテリアまで、この世の全ての生命体が、その内部に秘めている生命の叡智・自然治癒力の、健やかな発現を願い、祈る作品にしたい、と考えています。

自然治癒力とは、ふだんから全ての生命体の中で働き続けていて、その複雑極まりない生命システム全体の統一と調和を整えている“目には見えない力”のことです。

時に、その生命体が命の危機に遭遇した時、それ迄の自分の生命システムを一気に変えて、その危機的状況下でも生き延びることのできる新しい生命システムに組み替えてゆく、神秘的な力も秘めています。ごく稀な例とはいえ、末期癌や不治の病から奇跡的に生還され、健やかに生き続け、穏やかに生を全うされた方々の話をお聞きになったことがあるでしょう。彼らは異口同音に言います。
「命の危機に遭遇した時、その苦しみを忌むべきこととは捉えず、かけがえのない試練と受け止め、感謝の想いすら持って、からだの内なる声にしたがって、今、自分にできることを精一杯やっていると、フト気が付くと死の淵から生還していた」というのです。

すなわち、危機的状況下で自然治癒力が、健やかな方向に発現するか否かのひとつの鍵は私たちの心のあり方にあったのです。
今、母なる星GAIAは悪性の肺炎に苦しんでいます。過激化する天候異変は、自らの力で病を癒そうとするGAIAの巨大な自然治癒力の現れです。そして、私達人類は、そのGAIAの心を荷う存在です。
「第七番」では「GAIAの自然治癒力」の健やかな発現を願って、GAIA本来の「心」とはなにか、その「心」に寄り添うために、私達人類は今、なにに気付き、なにを捨て、なにを取り戻すべきか、を問いたいと思います。

龍村仁監督のこの言葉は、なんだか私がブログで言い続けてきたことと響き合っていますね。日本神道との関係がどのように扱われているのか、ちょっと気になりますね。まぁ、観てから評価すればよいか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

『地球交響曲第七番』” に対して1件のコメントがあります。

  1. mi より:

    はじめまして。夫が膵臓がん(膵体部です)にかかって色々調べているうちに、こちらのブログにたどり着きました。
    それ以来ちょこちょこと拝見させていただいていますが、生き方や考え方に励まされます。
    私の夫は、ステージ1で見つかりました。術前の検査では悪性とは断定できず、術後の病理で
    癌がわかりました。ステージ1でも5年生存率は50%あるかないか・・・。夫は41歳で私は32歳です。
    子供が3人おり、まだみんな幼いです。正直、どうしてこんなことになってしまったのか、今でも時々
    涙がでそうになります。でも一番つらいのは本人なはず。術後の補助療法としてTS1を1年間服用という
    ことで、今も服用しています。毎日毎日が奇跡です。生きていることって、本当に当然ではないと
    改めて考えさせられた出来事でした。来月術後半年のCT検査があります。その日が近づくに連れて
    正直どうしようもない不安に襲われます。定期検査3年をクリアのブログを読んで本当に励まされました。
    どうぞお体を大切に、これからも楽しく豊かな日が続く事をお祈りしています。私も来月の検診、夫と乗り越えていきたい。どうか幸せな日々がつづくことを願って。長文ですみません。また拝見させて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です