巾着田の曼珠沙華

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

_mg_3167_2

今年の猛暑のせいで、彼岸を過ぎたというのに彼岸花の開花が遅れています。やっと見ごろを迎えた日高市の巾着田に曼珠沙華を撮りに行きました。
出発は午前3時50分、巾着田に着いたのは5時半でしたが、すでに30台ほどの車が臨時の駐車場に止まっています。ほとんどがアマチュアカメラマンでご夫婦できているのも何組かあります。まだ空も暗かったので、コンビニで買った弁当をあけて朝食。

4時間は歩いたかな。がんには運動がいちばんの薬です。下手な抗がん剤よりは歩いて写真でも撮ったり、登山をしたりの方がよほど効果があると多くの医者が言います。しかし日常の生活では歩くことを続けるのは難しい。でもカメラを担いで撮影に行けば否応なく歩くことになります。私のような下手な写真でも良いのです。歩けばナチュラル・キラー細胞が喜びます。百枚に一枚ほど気に入ったショットが撮れると一層免疫力が高まる気がします。
_mg_3361

8時ごろには周辺の道路は渋滞しているようでした。駐車場は結構広いので、それでもまだ余裕があるようです。

撮影が終わって帰路についたのは10時。もう駐車場の入口からは大型観光バスと自家用車で延々と長蛇の渋滞です。それを尻目に私は反対車線を悠々と帰ってきました。

歩いて写真を撮って、免疫が高まる効果があるに違いありませんが、渋滞に捕まるとそれも半減します。ストレスです。だから撮影は早朝に限ります。写真に最適な光線は早朝と夕方に斜めから差し込む時間帯です。昼間の上からの光線は写真がべたっとして、あるいは逆にコントラストが強すぎて趣に欠けます。
白いというか、淡いピンクの曼珠沙華もあるのですね。知りませんでした。

_mg_3398_2

_mg_3466

心と身体を癒して、がん細胞を退治してください。

国立病院九州がんセンターががん患者向けの癒し系画像をたくさんアップしています。外出もままならない患者さんは、こちらの写真もご覧になって癒されてみては。

癒し憩い画像データベース」とは

 「自然界の美しい情景・Wshot00154音・生命力には人を癒す力がある」
と、昨今、医療の場でも盛んに研究されております。九州がんセンター画像情報部でも「癒し・憩い」をテーマにさまざまな研究を行っています。
 本サイトは、画像情報部により収集された数々の自然界の写真・音・映像を、わかりやすく分類したデータベースです。一般の方々にもWebを通じてこれらの写真・映像を閲覧できるようにしました。自然の持つ美しさ、温かさを画像から感じていただき、すこしでもみなさまの心の安らぎにつながっていただければ幸いです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 手術は免疫療法 今日はこれからチェロのレッスン。「夢のあとに」は次回ということになって前回のレッスンから「イパネマの娘」に取りかかっています。ボサノバのリズムに四苦八苦です。どうしてもリズムに乗 […]
  • 遺伝子改変T細胞で白血病が全快遺伝子改変T細胞で白血病が全快 期待できるニュースです。【8月11日 […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
  • 「市民のためのがん治療の会」講演会 『がん医療への新たな挑戦』「市民のためのがん治療の会」講演会 『がん医療への新たな挑戦』 「市民のためのがん治療の会」講演会『がん医療への新たな挑戦』に参加しました。 会場に着いたのは13時前なのに、既に席は9割方埋まっていました。モニターを置いた別会場を用意したがそ […]
  • 死ぬのは、がんがいい 中村仁一氏の『大往生したけりゃ医療とかかわるな』が評判になり、近藤誠氏は『がん放置療法のすすめ―患者150人の証言』が”私の総決算だ”という。その二人が対談をして『どうせ死ぬなら […]
  • 感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる感動するような美しい自然に接すれば、生存率も高くなる 10月28日のブログに書いた吉村光信さんのエッセイの続き『がんと心もよう(2)「病は気から」の精神免疫学』が「市民のためのがん治療の会」のアップされています。精神(神経)免疫学に […]
LINEで送る
Pocket

巾着田の曼珠沙華” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    SUZUKIさん
    年齢も同じで趣味もまったく同じですね。「夢のあとに」は私も次回のレッスンから挑戦です。長谷川陽子さんなどが弾いているのを見ますと簡単そうに見えるのですが、ハイポジションも多くて、私には結構難しい曲です。
    友人が肝臓がんだとか。ご心配でしょうが免疫力を高めるように励ましてあげてください。2人に1人ががんになる時代ですから、私などもがんだといっても誰も驚いてくれません。がんになるのがあたりまえの時代ということかもしれません。
    「生きているだけで金メダル」は樋口強さんの言葉ですが、私などは金メダルの上に好きな写真もチェロもできるのですから、「ダイヤモンドメダル」かもしれませんね。またお越しください。

  2. K.SUZUKI より:

    始めまして。徳島在住です。「夢のあとに」を検索中にこちらのサイトに来ました。私はまだ癌に侵されてはいませんが・・写真とチェロの趣味は共通です。いい写真ですね。過去に写真は仕事にしていました。今は損保系の会社員です。チェロは趣味でやっていまして3年4ヶ月になります。現在62歳ですが気持ちは・・・・40歳(!?)くらいです(笑) 最近友人が癌に侵され何とかならないものかと思っています。肝臓癌です。先だって手術をしたそうです。初期であったので元気になればと祈るばかりです。来年1月にチェロの発表会があります。「夢のあとに」を演奏する予定です。フィアンセに結婚を断られたフォーレが心情を音楽にしたものらしいですね。失恋は数多くありますのでそのときの気持ちを思い出して弾いてみようかなあとか思っています。また、こちらに参ります。元気を下さい。宜しくお願い致します。

  3.  はじめまして、私は25日に巾着田に行きました。西武線で行き、帰りはJR高麗川駅まで歩き、私も渋滞と無縁でした。昨日は、ほとんど渋滞はありませんでした。今日は、やはり混んでいたのですね。
     歩くのは大変というのは、実感します。写真を撮り歩くのは、確かに歩きますね。
     きれいな写真を拝見させていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。