行者蕎麦「梅庵」と奈良井宿

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

高遠は高遠蕎麦で有名だが、天保年間、高遠城の殿様(保科正之)は、辛くて、甘いまろ味がある大根と焼味噌で作る”からつゆ”で食す「行者そば」が大好物だった。その行者そばを食ってみようと「梅庵」へ。梅庵は木曽駒ヶ岳の登山口、伊那市上伊那の小黒川上流、内の萱地区にある。

大きな地図で見る

3326eec
比叡山の千日回峰では五穀を断たなくてはならないが、そばは五穀(いね、むぎ、あわ、きび、まめ)に入らないので修行中でも食べてもよいそうだ。1300年前、役小角(えんのおづぬ)が内の萱の里人から手厚いもてなしを受けたお礼に一握りのそばの種を贈ったという。行者そばと名付けて里人が伝統を守ってきた。ここは日本の蕎麦の発祥地である。

P1020215
国替えになった殿様が行者そばを会津若松藩に伝え、いまでは会津もそばの有名な産地である。先日行った幸手市の「ふくろう」は会津の蕎麦を使っていた。

十割蕎麦だが、コシがあり田舎蕎麦風の黒い蕎麦である。しかし、香がいまいちだった。「ふくろう」の蕎麦の香があまりにも鮮烈だったので、行者そばがなんだか物取りない。有名になり客が増えると、注文を受けてから蕎麦を打つわけにはまいらないのだろう。蕎麦の香りは飛んでしまっていた。

宿は早太郎温泉の一番奥にある「山野草の宿 二人静」。千畳敷カールへの登山口にある。この4月10日にリニューアルしたばかりの和洋室に部屋を取った。湯も良し食も良し、もてなしも良し。

P1020247
_dsc3661翌日は奈良井宿へ。馬籠、妻籠は訪れたので、中山道の宿場町で大きなところはここを残していた。確かに大きな宿場町だが、馬籠などと比較すると閑散とした印象である。

古民家カフェ 風花で飲んだ珈琲は、田舎にしては(失礼!)すばらしい香りだった。薪ストーブも雰囲気がある。

お気に入りのショットをスライドショーでアップしました。↓クリック

_dsc3678

 


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 美瑛の丘にクラリネットの風が吹く美瑛の丘にクラリネットの風が吹く 四泊五日の北海道旅行から昨夜遅くに帰ってきた。 4時起きで朝霧と朝焼けを狙い、夕陽と丘の風景を狙い、日中は撮影ポイントを駆け回って、夜は満天の星空を撮る。いつ寝るんじゃい! […]
  • 伊香保・四万温泉のはしご 「伊香保温泉の石段街を見てないよね」との妻の話題がきっかけで、「よし、伊香保に行こう」となった。伊香保ならやはり「黄金の湯」だろう。2004年に地下水を沸かしただけで「温泉」 […]
  • 三島と修善寺で一泊旅行(1)三島と修善寺で一泊旅行(1) 8、9日と夫婦と娘三人で伊豆への一泊旅行でした。 ゆっくり出発したら東名が渋滞しているので、横浜経由で横浜町田ICまで。昼食の蕎麦や「砂場」をめざします。大きな渋滞もなくほ […]
  • 京都3日目は・・・京都3日目は・・・ 加茂川は北から南に流れている。京都は北の方が標高が高い。金閣寺と当時の五重塔の先端が同じ標高だという。 今日は金閣寺近くの宿からさらに北へ、迷いの窓と悟りの窓で有名は源光庵 […]
  • 若冲展と南禅寺へ若冲展と南禅寺へ 若冲の絵には生命のダイナミクスと多様性、輝いている命とやがて死んでいく命が細部にまで克明に描かれていている。雄鳥は発情し、虫に食われた笹も描かれている。 若冲を介して老子と生命 […]
  • 拾った命で9年目の京の旅拾った命で9年目の京の旅 京都は8年ぶりです。術後6ヶ月のころの2007年に嵐山と嵯峨野を6時間くらい歩き回ったのでした。宝厳院の紅葉ライトアップが素晴らしかったなぁ。もう京都には再び来ることはなかろうと […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です