牛丼で糖質制限食?

スポンサーリンク
【日 時】2018年12月23日(天皇誕生日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森 4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演「私が手術、抗がん剤をやめたわけ」:待夢さん、SAKUさん
●患者さんどうしの情報交換会
●二次会(希望者だけ)

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら
Pocket
LINEで送る

Image_003
江部先生のブログに「すき家の牛丼ライトは糖質制限食OK食品」との記事が出ました。??本当か? 牛丼なんて、糖質が多いのでは? と疑問でした。

早速すき家のサイトを見ると、「栄養成分を見る」とPDFがあり、確かに「牛丼ライト」の炭水化物が15.6gとなっています。ご飯の代わりに豆腐があり、キャベツと牛肉がのっているどんぶりです。ご飯でないと物足りないという方もいるかもしれませんが、豆腐(大豆)は抗がん作用が期待できるのですよ。『がんに効く生活

Image_002

糖質制限食も短い期間でずいぶんと認知されてきたようです。来週すき家に行ってみよう。

居酒屋にも糖質ゼロの発泡酒を置く店が少しはあるようです。こちらも増えるに違いありません。
江部先生の記事には、本日までパシフィコ横浜で開催されていた「第55回日本糖尿病学会年次学術集会」では糖質制限食に対するコンセンサスが得られたとのコメントも付いています。

第55回日本糖尿病学会年次学術集会のDebate to Consensus 5にて,(1)糖尿病食事療法は一律ではなく,患者に応じたオプションがとられるべき (2)糖質制限食はその一つの選択肢となりうる (3)糖質制限食における糖質量は 130g/day程度を目安とする,の以上3点につき,Consensusが得られました.

私のプチ糖質制限食もたぶん130g/Day程度だと思います。

外食産業は、こうした商機を見逃さないでしょうから、今後は外食でも糖質制限食の選択肢が増えるに違いありません。

糖質制限食と癌の関係を知りたい方は、江部先生のブログか著作で。このブログにも少し書いていますが、繰り返しません。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • シュレベールが、がん患者に残した「大切な遺言」 シュレベールは、自分の最期の時に流して欲しい音楽を決めてあったのです。それは、ダニエル・バレンボイムが指揮・ピアノ演奏する、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488 […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (3)がん患者のためのインターネット活用術 (3) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 帚木蓬生「聖灰の暗号」 久しぶりに帚木蓬生の作品を読んだ。『聖灰の暗号』 」上・下だ。 聖灰の暗号〈上〉 (新潮文庫)帚木 蓬生 by […]
  • 笑っちゃう 『がん難民119番』 NPO法人 がんコントロール協会代表の森山晃嗣氏の『がん難民119番』がおもしろい。どのようにおもしろいかというと、笑っちゃうほどおもしろい。 開いて先ず違和感を持った。活 […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (3) 生物の細胞あるいはがん細胞においても、これまで述べたようなべき乗則が成り立つのでしょうか。生物は複雑系であることはまちがいない。細胞内の生化学反応は複雑なネットワークを形成してい […]
  • 神楽坂散策神楽坂散策 結局毎日書いてるじゃないか、と言われそうですが・・・ 先週の日曜日、JR飯田橋駅を降りて神楽坂を歩いた。神楽坂は40年ぶり。都内に住んでいても多くの街は訪ねたこともない。学生 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です