伊豆高原の桜・2


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

大室山の4000年前の噴火により、流れ出た溶岩が海を埋め立ててできたのが城ヶ崎海岸の独特の景観です。吊り橋で有名ですが、吊り橋の上から岬の先端部を取ったのが次の一枚。恐竜の頭のような岩肌を、DP3 Merrillの”超”解像度で確認できます。

DP3M1469

Dp1m1909
そば処「蕎仙(きょうせん)」は、”ペットと同伴できる”とのことで選んだ店ですが、十割蕎麦では結構人気の店だと、後で知った。

ペット連れで食事のできるログハウスが一棟あり、予約もせずに行ったのですが、親切にも予約客の間に入れてくれました。蕎麦は香りも十分あり、生桜エビのかき揚げは一人前で二個もある。ゼンマイ、タケノコなどの季節の野菜も美味しかったです。

DP1M1910

20140329_122046

このかき揚げを食べるためだけでも、行く価値があります。

翌日は低気圧の接近で大荒れとの予報。下田の港町散策は諦めて早めに帰ることに。しかし、伊豆東海岸の135号線は大渋滞は必至だし、東名も同じだろう。伊豆スカイラインを通って箱根経由、西湘バイパス-新湘南バイパスから戸塚ICを経て首都高に入るルートにした。

伊豆スカイラインはまるで台風の中のようで、景色はもちろん、雨・風・霧で前も見えない。箱根湯本の「ちもと」で湯もちを買ってUターン。

途中茅ヶ崎で昼食。湘南で唯一の蔵本、熊澤酒造が運営する「MOKICHI FOODS GARDEN」。古い精麦工場をレストランにしてあります。天井の枠組みは、世界遺産である富岡製紙工場と同じ製法でしょうか。

メニューはイタリア料理ですが、オリーブオイルが二種類おかれてあり、たっぷりとかけていただけます。それに魚料理が多いですね。

ということは、がん患者にとってはオリーブオイルたっぷりの「地中海料理」が食べられる!!

01image
02image

20140330_130219
20140330_134905

すごい人気の店でした。また来たいなぁと家族全員で一致。最後に載せ忘れた我が家の愛犬と桜を。

DP2M3216

DP2M3185


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 国民生活センター調査 水素水「やっぱりただの水」国民生活センター調査 水素水「やっぱりただの水」 がんに効果がない「水素水」 あたかもがんに効果があるかのように、過熱している水素水ですが、国民生活センター調査結果が発表され、ニュースにもなっています。 容器入り及び生成 […]
  • 静けさと平和を得るためには静けさと平和を得るためには 老子 […]
  • 久留米大学ペプチドワクチン受付再開久留米大学ペプチドワクチン受付再開 久留米大学のがんペプチドワクチン療法の受付が再会し、これまでは進行癌だけを対象としていたのが、ステージの幅を広げて初期癌から進行癌まで受け付け可能となったようです。(11月2日よ […]
  • 放射能の拡散放射能の拡散 ●原子力安全委員会の斑目委員長が、本日の参議院予算委員会で「想定を超えたものだった。今後の原子力安全・規制行政を抜本的に見直さなければいけないと感じている」と語った。いまだに「想 […]
  • 低用量抗がん剤治療とは低用量抗がん剤治療とは 先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中にも、低用量抗がん剤治療を行っている方が何人かいらっしゃいました。 予後の厳しい膵臓がんですから、標準治療で効果がなくなった […]
  • 数ヵ月前の私は、私ではない数ヵ月前の私は、私ではない 福岡伸一の「もう牛を食べても安心か」(文春新書)には、ナチズムから逃れてアメリカに亡命したユダヤ人の生化学者シェーンハイマーによる水素の安定同位元素H-2を使ったねずみの […]
  • マンガ化プロジェクト、100万円を達成!マンガ化プロジェクト、100万円を達成! お母さまの膵臓がん闘病記を4コマ漫画で書かれているのりぽきーとさんのプロジェクト、闘病記を出版するためのクラウドファンディングが目標の100万円を達成しました。 い […]
  • 今日の一冊(80)『医療者が語る答えなき世界』今日の一冊(80)『医療者が語る答えなき世界』   著者の磯野真穂氏は文化人類学者である。文化人類学と聞けば、アフリカの奥地の「未開の人々」の生活を研究する学問と受け取る向きが多いが、彼女のフィールドは医療 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です