死んだら心はどうなるのか?

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

予後の悪いがん、治らないがんを宿した患者は、死んだらどうなるのか? 自分がこの世にいなくなるとはどういうことか、死んだら心はどうなるのかに関心がある。

立花隆も7年前の膀胱がんが再発したようで、あらためて死後のことが気にかかるようになった。先日のNHKスペシャル『臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか』はそんな立花隆の死と心の問題を追及したドキュメントだった。

結論から書けば、目新しいことはなかった。死ねば心もなくなる、という私にとってはあたりまえのことを確認しただけだった。

脳には1千億個のニューロン(神経細胞)があり、それらがシナプス結合によってつながっている。(ニューラルネットワーク)

こられのニューロンのひとかたまり、ユニットが「うれしい」「熱い」「楽しい」などのさまざまな「知」「情」「意」「記憶と学習」をになっている。これらの全体、複雑系としての全体の働きの結果が「心(意識と無意識)」なのである。

Imageyositakapc039

というようなことを、精神医学のジュリオ・トニーノ教授が説明していた。意識の量はニューロンの数とつながりの複雑さを使って、次のような数式で表すことができる。

Imageyositakapc044

心(意識)はニューロン細胞の活動の総体的現象である。だから、脳が死ねば心もなくなる。霊や魂などと言うものは存在しない。あなたが死んだら、魂もなくなるが、あなたの生きた証しは別の人の記憶の中に残ることができる。その人もいずれは死ぬのだから、われわれ凡人の記憶はせいぜい100年の間だけこの世に残ることができるわけだ。

臨死体験や神秘体験はどうか。心臓が止まっても脳死状態では小さな電気を観察することができるそうだ。これまでは心臓が止まればすぐに脳死が始まると考えられていたが、実際には小さな脳電流が流れていることが発見された。

Imageyositakapc020

その間に体験したことは、実体験と同じようにリアルな記憶として残っているらしい。現実の体験とまったく区別がつかない(区別できない)記憶としてである。

実は脳は騙されやすいのである。

脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)ペンローズの“量子脳”理論』やフリーマンの『脳はいかにして心を創るのか』、ダマシオの『感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ』等の良書があるが難しすぎる。

「受動意識仮説」を提唱し、私のような門外漢にも分かりやすく書かれた前野隆司氏の『脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)
』と、さらに東洋思想との関係も述べた『脳の中の「私」はなぜ見つからないのか? ~ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史』は、人間とは何かーーということを真剣に考えている方には一読の価値がある、と思う。

死んだら心はどうなるのか。無くなる、ただそれだけのこと。

神や神秘体験や霊魂は、すべて脳が作り出したものとして説明できるのだ。これらが脳の外に存在しないと考えても、何ら矛盾しない。

ま、霊魂や魂の存在を信じることで心の平安が得られるのなら、無理に科学的に考えることもない。信じていれば良いと思う。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 芋焼酎「六代目百合」芋焼酎「六代目百合」 長い正月休みですが、今年はどこにも出かける予定がない。今年もいろいろあったが、可もなく不可もなし。大掃除も終わったし、あとはのんびりとチェロを弾き、音楽を聴いて酒でも飲んで過ごす […]
  • 糖尿病患者の75%が重症低血糖を知らない糖尿病患者の75%が重症低血糖を知らない 14日は、国際糖尿病連合とWHO(世界保健機関)が制定した世界糖尿病デーでした。 膵臓がん患者にも、インスリンやインスリンの分泌を促す薬を服用している患者は多いでし […]
  • 緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する 九州大学の研究発表ですね。新茶の季節です。 膵臓がん幹細胞の生存・転移に重要なしくみを攻撃する化合物の発見 - 緑茶カテキンの研究から生まれた成果 […]
  • 膵癌診療ガイドライン2019膵癌診療ガイドライン2019   3年ぶりに膵癌診療ガイドラインが改定されています。 日経メディカルにその解説記事が載っています。 膵癌診断でPETは「行わないことを弱 […]
  • 樹状細胞療法で延命した?スタインマン教授は膵臓がん ノーベル賞の医学生理学賞を受賞したラルフ・スタインマン教授が、発表前に膵臓がんで死亡していたニュースが話題になっています。昨日はテレビでもこの話題で持ちきりでした。そして自らが開 […]
  • 今日の一冊(72)『ダメな統計学:悲惨なほど完全なる手引書』今日の一冊(72)『ダメな統計学:悲惨なほど完全なる手引書』 統計学と聞いて、スルーしようと思った方、少し待ってください。この本には一切数式は出てきません。統計学がいかに誤って用いられているか、医者がどれほど統計学を知らないか、そのために間 […]
  • メリディアン(MRIdian)の臨床試験メリディアン(MRIdian)の臨床試験 昨日の「膵臓がん患者と家族の集い」では、国立がん研究センター中央病院でメリディアンの治験への参加を勧められてという方が、2~3人いました。 メリディアンについては、 […]
  • 臨床試験(治験)の探し方(3)臨床試験(治験)の探し方(3) 臨床試験の段階 新薬の臨床試験(治験)は次の段階を経て行なわれます。 通常は第Ⅲ相試験の後に新薬として承認されます。私たちが参加できるのは、主としてⅠからⅢ相試験 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です