小椋佳「生前葬コンサート」

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

敬老の日の15日、小椋佳の『生前葬コンサート』に行ってきました。4日連続100曲を歌うという企画の最終日。NHKホールは満席で、当然ですが、周囲はおじさん、おばさんばかり。演奏の人も全員が喪服姿。小椋さんは白い服でしたが、頭に白い紙(額紙)はありませんでした。もちろん、坊さんも棺桶もありません。

「生前」とは「生まれる前」と読めるのに、なぜこれが「生存中」の意味になるのでしょうか。一説では、生と死は隣り合わせであり、その前後だから「生前」、「死後」と言うのだそうです。別の解釈は、仏教では人は成仏して極楽往生するのが目的。浄土真宗では南無阿弥陀仏の念仏で「阿弥陀如来の浄土に往生する」という言い方をします。「浄土に生まれる前」すなわち人間として生きている間のことだから「生前」となると。なるほど、納得。これなら「しょうぜん」と読むのがふさわしいでしょうね。

3時の開演で、終わったのが7時、20分の休憩をはさんで4時間という長丁場でしたが、あっという間に終わった感じです。いや~、すばらしかったです。小椋さん、声も少し疲れて音程も怪しかったですが、胃がんで胃を4分の3も切除した方とは思えませんね。

20150615_18_17_44

最後には小椋さんも琵琶を弾きながら「山河」を歌いました。坂田美子さんの琵琶は圧巻でした。すばらしかった。琵琶という楽器を見直しました。鴨長明は琵琶の名手だったのですが、あんな感じだったのだろうか。

20150615_18_19_30

小椋佳の次男、神田宏司は日本に二人しかいない琵琶の制作者だそうです。この次男が中学2年生のとき若年性脳梗塞で倒れ、左脳がほとんどダメになり、記憶も言葉も失った状態になりました。もう回復しないだろうと思われていたが、あるとき小椋さんが病室のベッドの横で「あなたが美しいのは」を歌うと、合わせて歌い始めたというのです。これには医者も「何が起きているのか」と驚いたそうです。それからは徐々に回復し、10年という歳月が必要だったが、普通の生活ができるまでになった。

実際に奇跡はあるのですね。歌の力なのでしょうか。小椋さんの愛の力なのでしょうか。

20150615_18_47_13

この日小椋さんが奏でていた琵琶は次男の神田宏司さんからプレゼントされたもの。

  あなたが美しいのは 愛されようとする時でなく
  あなたが美しいのは ただ愛そうとする時

20150615_18_46_19

  あなたが素晴らしいのは 愛されようとする時でなく
  あなたが素晴らしいのは ただ生きようとする時

20150615_18_46_58


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 整形外科で術後のフォロー整形外科で術後のフォロー 今日は脊柱管狭窄症の手術ごのフォローで品川へ。 順調で格別の問題もなし。傷跡もきれいですねといわれて5分で終了です。感染症の貯めに飲んでいたオーグメンチンも、もう服用しなく […]
  • 命の軽さ命の軽さ ALS(筋萎縮性側索硬化症)の京都の女性に依頼されて殺害したという二人の医師 この事件に関連して、安楽死だとか尊厳死だとか議論が盛んですけども、どうもそのような話で […]
  • 膵臓がんの免疫チェックポイント阻害剤膵臓がんの免疫チェックポイント阻害剤 こちらの記事でも紹介した免疫チェックポイント阻害剤ですが、今日のパープルストライドでも多くの患者さんが期待を持っていることが分かりました。しかし膵臓がんを対象にした薬は開発されて […]
  • 今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子 怖くて考えたくなくて、消えて欲しい、その存在が消えて欲しい。けれども、そこにあるまま、そして、受け入れることができないまま、それでもいいのではないかと思って、最後まで生きるしかな […]
  • 今日の一冊(33)『糖質制限の真実』            […]
  • 膵がんの多剤併用療法は有効か?膵がんの多剤併用療法は有効か? 23日、パンキャン主催の「膵がん勉強会 X'mas スペシャル […]
  • 『がんの統合医療』(2)『がんの統合医療』(2) 四万川ダム湖の紅葉。4年前は大雪の日に訪れたが、今年はすばらしい紅葉に出会えた。宿も同じ「鹿覗キセキノ湯 つるや」 ↓ […]
  • Googleの音声入力でブログを書くのが楽にGoogleの音声入力でブログを書くのが楽に AIの進歩によって、文章作成も革命的な変化です。 Google音声入力を使えば、パソコンやスマホで長い文章を書くのが劇的に楽になります。 これまではブログの記事を書くのはパソ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です