スポンサーリンク

先進医療を実施している医療機関-肝胆膵

LINEで送る
Pocket

ときどき厚生労働省の「先進医療を実施している医療機関の一覧」を閲覧しているのですが、肝胆膵がん患者にとって気になるものを抜き出してみました。

【先進医療A】

12 樹状細胞及び腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法
東京都 東京女子医科大学病院

13 自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法
岡山県 川崎医科大学附属病院

【先進医療B】

44 アキシチニブ単剤投与療法 胆道がん(切除が不能と判断されたもの又は術後に再発したものであって、ゲムシタビンによる治療に対して抵抗性を有するものに限る。)
東京都 杏林大学医学部付属病院
神奈川県 神奈川県立がんセンター
東京都 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院

46 ゲムシタビン静脈内投与及び重粒子線治療の併用療法 膵臓がん(遠隔転移しておらず、かつ、TNM分類がT4のものに限る。)
千葉県 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院
群馬県 群馬大学医学部附属病院
佐賀県 九州国際重粒子線がん治療センター
神奈川県 神奈川県立がんセンター

47 ゲムシタビン静脈内投与、ナブ―パクリタキセル静脈内投与及びパクリタキセル腹腔内投与の併用療法 腹膜播種を伴う膵臓がん
東京都 東京大学医学部附属病院

49 陽子線治療 肝内胆管がん(切除が不能と判断されたものであって、化学療法が奏効しないもの又は化学療法の実施が困難なものに限る。)

茨城県 筑波大学附属病院
北海道 北海道大学病院
福井県 福井県立病院
長野県 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院
愛知県 名古屋市立西部医療センター
兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター
岡山県 津山中央病院
福島県 一般財団法人 脳神経疾患研究所 附属 南東北がん陽子線治療センター
鹿児島県 一般社団法人メディポリス医学研究所 メディポリス国際陽子線治療センター
静岡県 静岡県立静岡がんセンター
千葉県 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院

54 S-1内服投与並びにパクリタキセル静脈内及び腹腔内投与の併用療法 膵臓がん(遠隔転移しておらず、かつ、腹膜転移を伴うものに限る。)
大阪府 関西医科大学附属病院
北海道 北海道大学病院

63 マルチプレックス遺伝子パネル検査 進行再発固形がん(切除が困難で進行性のもの又は術後に再発したものであって、原発部位が不明なもの又は治療法が存在しないもの、従来の治療法が終了しているもの若しくは従来の治療法が終了予定のものに限る。)
東京都 国立がん研究センター中央病院


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • study2007さん、末期がんの身で再稼働に満身の怒りstudy2007さん、末期がんの身で再稼働に満身の怒り 今日の東京新聞『こちら特報部』の記事をコピー。 余命宣告され、末期がんの大変な状況で、原発再稼働への満身の怒り。 今日は時間がないので、旅行から帰ってから追加、修 […]
  • がん:失敗しない病院の選び方がん:失敗しない病院の選び方 膵臓がんに罹りやすい人 膵臓がんになりやすいのは、 膵臓がんの家族歴 喫煙者 BMI<体重kg÷(身長m×身長m)>が高い 糖尿病 […]
  • 若冲展と南禅寺へ若冲展と南禅寺へ 若冲の絵には生命のダイナミクスと多様性、輝いている命とやがて死んでいく命が細部にまで克明に描かれていている。雄鳥は発情し、虫に食われた笹も描かれている。 若冲を介して老子と生命 […]
  • 内部被ばくに関する注目すべき記事内部被ばくに関する注目すべき記事 「世界最高の医療と研究を行なう」「患者目線で政策立案を行なう」を理念として掲げている国立がん研究センターが、今回の福島第一原発事故による”将来のがん患者”については、内部被ばくに […]
  • サイモントン療法でがんを治す サイモントン療法とは サイモントン療法は、イメージ療法の一つと言われています。サイモントン療法協会のサイトには次のように紹介されています。 サイモントン療法は、米 […]
  • 今日の一冊(87)『科学知と人文知の接点』今日の一冊(87)『科学知と人文知の接点』 不死社会がやってくる ロンドン・ビジネススクールのリンダ・グラットン教授の著書『ワーク・シフト』では、「2007年に先進国で生まれた子供たちの半数は100歳以上まで、日本の […]
  • 素朴に考えてみれば・・・素朴に考えてみれば・・・ 放射線、放射能の人体への影響で、安全か危険かといろいろな意見があります。私は「わずかの放射線にもそれなりの人体への影響があるので、これ以下なら安全という議論は成り立たない」という […]
  • 今日の一冊(135)『少量抗がん剤治療』今日の一冊(135)『少量抗がん剤治療』 少量抗がん剤治療は、がん休眠療法あるいは低用量抗がん剤治療などと、さまざまな呼び方があります。米国ではメトロノミック療法といういい方もされています。 これは、抗がん […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です