ジェムザールとTS-1併用の術後補助療法は有効

Web交流会のご案内


【日 時】2021年2月7日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】20名
【内 容】
第一部 「がんゲノム医療とリキッドバイオプシー」について患者の和田さんが解説
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

 

1月19日からサンフランシスコで開催されたASCO GI(2012消化器がんシンポジウム)で、ゲムシタビンとS-1を併用するGS療法は、膵癌の術後補助療法として良好な生存率を示し、有望なレジメンであると発表しました。がん研有明病院消化器外科(肝胆膵)の齋浦明夫氏らが、フェーズ2試験(JSAP-03)で明らかにしました。

死亡は17人(31.5%)、生存者37人のうち無病生存は22人(59.5%)であった。生存者におけるフォローアップ期間中央値は25.4カ月。生存期間中央値には達していない。1年生存率は88.9%(95%信頼区間:76.9-94.8)、2年生存率は72.1%(同:58.1-82.2)と良好だった。 1年無病生存率は57.4%(同:43.2-69.3)、2年無病生存率は44.4%(同:30.9-57.0)であった。

これらの結果から、「GS療法による術後補助療法は切除術を受けた膵癌患者において、良好な無病生存率と全生存率を示し、認容できる毒性プロファイルであった」とした。現在、膵癌において、術後補助療法としてゲムシタビンとGS療法を比較するフェーズ3試験(JSAP-04)が進行している。

がんナビの記事はこちら。同じものが癌エキスパートにも。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 抗がん剤の投与抗がん剤の投与 最初の抗がん剤投与。 体重が63.5キロに落ちているので、それにあわせてジェムザールの量を決める。 私の斜め前で抗がん剤を投与していたのは、24,5歳くらいの若いお母さん […]
  • 1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研 発見時には手術ができないことが多い 膵臓がんは、見つかった時点ではすでに手術ができない状態になっていることが多い。膵臓が厚さ2cmほどの臓器なので、転移や浸潤がしやすい。 […]
  • がんの放置療法がんの放置療法 東京新聞・中日新聞の17日付記事で『「自ら考え、決める」貫く がん患者の記録映画 各地で上映』が掲載されています。乳癌患者の渡辺容子さんは主治医だった近藤誠医師の考えに共感し、積 […]
  • がんと免疫 「がんは免疫機構の監視をくぐり抜けて大きくなったのだから、自己免疫力ではがん細胞をやっつけることは難しい」 これは正しいでしょうか? 免疫とは、自己と非自己を区別する […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • ハイパーサーミアの膵がんに対する効果:期待してます!ハイパーサーミアの膵がんに対する効果:期待してます! 切除したポリープの細胞診の結果を聞いてきました。全て良性でしたが、腺腫(アデノーマ)タイプなので、放おっておけばがん化します、ということで、1年後の内視鏡検査を予約してきました。 […]
  • 非線形科学:蔵本由紀 デカルトに始まる近代合理主義精神は要素還元的に、つまり分子よりは原子、原子よりも電子・中性子、これらよりもクオークやパイ中間子といったように、より根源的な物の普遍的構造を知る […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (2)がんと自己組織化臨界現象 (2) 砂山ゲーム 1987年、ニューヨークにあるブルックヘブン国立研究所の一室で、3人の理論物理学者が奇妙なゲームを始めました。テーブルの上に砂粒を一粒ずつ落としていったら何が起きるの […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です