スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

ジェムザールとTS-1併用の術後補助療法は有効

LINEで送る
Pocket

 

1月19日からサンフランシスコで開催されたASCO GI(2012消化器がんシンポジウム)で、ゲムシタビンとS-1を併用するGS療法は、膵癌の術後補助療法として良好な生存率を示し、有望なレジメンであると発表しました。がん研有明病院消化器外科(肝胆膵)の齋浦明夫氏らが、フェーズ2試験(JSAP-03)で明らかにしました。

死亡は17人(31.5%)、生存者37人のうち無病生存は22人(59.5%)であった。生存者におけるフォローアップ期間中央値は25.4カ月。生存期間中央値には達していない。1年生存率は88.9%(95%信頼区間:76.9-94.8)、2年生存率は72.1%(同:58.1-82.2)と良好だった。 1年無病生存率は57.4%(同:43.2-69.3)、2年無病生存率は44.4%(同:30.9-57.0)であった。

これらの結果から、「GS療法による術後補助療法は切除術を受けた膵癌患者において、良好な無病生存率と全生存率を示し、認容できる毒性プロファイルであった」とした。現在、膵癌において、術後補助療法としてゲムシタビンとGS療法を比較するフェーズ3試験(JSAP-04)が進行している。

がんナビの記事はこちら。同じものが癌エキスパートにも。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • 千葉徳州会病院 がんペプチドワクチンの経過千葉徳州会病院 がんペプチドワクチンの経過 6月9日のこのブログでも紹介したが、中村祐輔教授の開発したがんペプチドワクチンを使った千葉徳州会病院の膵臓がんの臨床試験について、その後の経緯がmsn産経ニュースに載っています。 […]
  • ハードディスクの交換完了ハードディスクの交換完了   何かが覗いている!! 汗ばむほど暖かかったり、今日はまた冬に逆戻りか?恐竜の頭にも冷たい雨。 ブルースクリーンが出て調子の悪いデスクト […]
  • メラトニン購入メラトニン購入 個人輸入で購入したメラトニンが国際郵便で届いた。 100タブレット入りを4個。これで400日分だ。送料込みで4879円、安いものだ。 買ったのは「こる […]
  • 臨床瑣談 中井久夫 精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書い […]
  • 今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』 スタンフォード大学の脳神経外科医で英文学の修士号を取得。36歳で肺がんの末期患者でもあるポール・カラニシが、死を前にして如何に生きる意味を見出したか、末期癌患者の希望とは何か […]
  • サイモントン療法とは?(1)サイモントン療法とは?(1) サイモントン療法は、アメリカの放射線腫瘍医カール・サイモントン博士により開発された、がん患者さんとご家族のための心理療法です。 1960年代、サイモントン博士が臨床の現場に実際 […]
  • がんと運動:アピタル夜間学校がんと運動:アピタル夜間学校 アピタル夜間学校の「がんと運動」のビデオがYouTubeにアップされています。気にはなっていたのですが、実際の講義のときには見ることができませんでした。 夜 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です