LINEで送る
Pocket

ブログ内検索

注目の記事

膵臓がんで、リキッドバイオプシーが使えるようになる

中外製薬は3月23日、血液検体を用いて固形癌に対する包括的ゲノムプロファイリングを行う検査「FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル」の承認を3月22日に厚生労働省から獲得したと発表した。リキッドバイオプシーを用いたがん遺伝子パネル検査が国内で初めて承認された。Fou ...
続きを読む
/ 先進医療

膵臓がんの細胞、発病前に転移も

日経新聞の記事を見て唖然としました。膵臓がん細胞が癌化する前から肝臓や肺に転移をしているという内容です。 原発巣の腫瘍を切除しても、抗がん剤で叩いても、膵臓がんが治りにくいのはこうした事情によるのでしょうか。 だとすると、膵臓がん患者に希望はあるのか、どうすれば治るのか? 名古屋大学 名古屋大学の江 ...
続きを読む

ゲノム医療のお役立ちサイト

膵臓癌でもゲノム医療やリキッドバイオプシーが話題になっています。今後も遺伝子変異に対応した分子標的薬はどんどん開発されると期待をしています。 そのようなゲノム医療の分野ですが、カタカナの専門用語も多くて分かりづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。 信頼のおける、役に立つサイトを三つ紹介します。 ...
続きを読む
/ ゲノム医療

リキッド・バイオプシーを治験で受けるには?

先日12月12日の「『膵臓がん患者と家族の集い』 Web 交流会」では、リキッドバイオプシーの話題も盛り上がりました。 「民間のリキッド・バイオプシー検査は高額だよね」との発言がきっかけでした。 「使える抗がん剤がもうありません」と言われても、まだがんゲノム医療があります。遺伝子の変異があってそれに ...
続きを読む
/ 先進医療

どうすれば膵臓がんが治るのか? 佐藤典宏先生の講演動画

佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療ー外科医の立場から」 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況のうちに終わりました。3時間半にわたる交流会でしたが、ご講演の佐藤典宏先生、参加者の皆様、お疲れさまでした。 佐藤先生の講演の特徴は、膵臓がんでは標準治療と代替医療をうまく ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

オニバイドで膵癌の治療戦略が変わってくる

まもなく使えるオニバイド 昨日の「膵臓がんの集い Web 交流会」でも皆様と意見交換をしたのですが、オニバイドについてもたくさんの質問がありました。 オニバイドも保険に収載されて5月20日から使えるようになりました。しかし、保険収載はされたが、病院によって準備期間が必要で、すぐには使えないところも多 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで

膵癌診療ガイドライン 2019年版がPDFで 日本膵臓学会のサイトで、『膵癌診療ガイドライン2019年版』がダウンロードできるようになりました。2019/10/29に改定された部分も抜粋で別に公表しています。 画像をクリックして、膵臓学会のサイトへ飛びます。 ガイドラインのPDFはこちらにもリンクし ...
続きを読む

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

最新の記事

アブラキサン+ジェムザールで5年生存率38%に

膵臓がんの術後補助療法としてnab-パクリタキセル(アブラキサン)とゲムシタビン(ジェムザール)の併用療法(nab-PG 療法)の5年全生存率(OS)は38%、ゲムシタビン単独群では31%だったことが、6月30日から Web 上で開催されているWCGC 2021で、カリフォルニア大学のM. Temp ...
続きを読む

第10回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会を開催します。

4月に佐藤典宏先生をお迎えして開催して以来3カ月の間が空きました。 このところ多忙を極めていたので申し訳ございませんでしたが、膵臓がん患者さんの Web 交流会を開催いたします。 新型コロナ禍も、ぜんぜん収まりそうもありませんね。ウイルスが変異をして新しいタイプのデルタ株などが広まっています。 オリ ...
続きを読む

東北大学クラウドファンディング「すい臓がんで亡くなる患者さんを減らしたい」

東北大学は積極的にクラウドファンディング事業を展開している大学です。 これまでも「Withコロナ!地域医療と先進医療の要を育てる」などの事業を行ってきました。 その東北大学の古川徹教授らが中心となって、膵臓がん患者さん向けのクラウドファンディングを立ち上げます。 詳細はこちらです。 プロジェクト概要 ...
続きを読む

心で願っただけでがんは消えるのか?

タイトルの問題ですけども、普通は「そんなバカなことはないよね」という答えが返ってきます。 一方でプラシーボ効果という現象があります。偽薬を、それを伏せて投与したら、本物の薬と同じ効果が現れることがあります。 臨床試験においてランダム化二重盲検法を採用するのは、この強烈なプラシーボ効果を差し引いた本来 ...
続きを読む
/ 奇跡的治癒, 心と体

増感放射線療法コータックが英国で承認され日本に帰ってくるかも

2年前にこのブログで紹介した増感放射線療法のコータック(KORTUC)が、日経メディカルで取り上げられています。 英国の臨床試験で好成績 日経メディカルの記事は、「英王立マーズデン病院で2019年に終了した第1相臨床試験。ここで、放射線治療の常識を覆しかねない結果が得られた。」で書き始められています ...
続きを読む
/ 先進医療, 放射線

知の巨人 立花隆 逝く

立花隆さんが4月に亡くなっていたことをご家族が公表してニュースになっています。 前立腺がんも経験した立花さんは、糖尿病や高血圧もあり入退院を繰り返してきましたが、大学病院では本人が検査・治療・リハビリ等を拒否したため旧知の病院に転院したと言われています。大学病院は多分東大病院でしょうね。 転院先の病 ...
続きを読む
/ がん一般, ニュース

父の日

6月は記念日が3回あります。 膵臓がん告知の記念日(記念日でいいのかな?)父の日私の誕生日 三つまとめて来週の日曜日にお祝いをしてくれるそうですが、今日は娘が福砂屋のカステラを買ってきてくれました。 カステラの底に残った双目糖を最後に食べるのが楽しみなんですよ。 二切れ食ったから少し血糖値が心配。 ...
続きを読む
/ 日々の出来事

新型コロナワクチンで重症化するって?

自衛隊が運営する大規模接種センターでも定員の2割しか満たさないと言われてガラガラですね。なんだかね、頑張る方向が違うんじゃないのかな。 近所のクリニックにはこのような看板が出ていました。妻もここで接種をしたのですが、最初の頃は電話も繋がらなくて大変でした。 一瓶で6人のワクチンが取れるそうですから、 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

オニバイドの臨床試験では薬害が過小評価されている

2020年5月に、イリノテカン塩酸塩水和物リポソーム製剤(商品名オニバイド)が発売され、がん化学療法後に憎悪した治癒切除不能な膵癌への適用が承認されています。 久しぶりの膵臓がんの治療薬の登場として話題になりました。膵臓がん患者さんにおける期待も大きい薬剤です。 毒性の強いイリノテカンもナノカプセル ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

膵臓がんをターゲットにHIFUの新装置を開発

東京女子医科大学、東北大学、東京医科大学で築かれた技術とノウハウを活かしてがん治療機器「集束超音波(HIFU:High-Intensity Focused Ultrasound)治療装置」を開発すべく、ソニア・セラピューティクス株式会社は2020年2月に設立されました。 HIFU治療は、放射線被曝が ...
続きを読む

血糖値の季節性変動

膵臓がんの患者さんでは血糖値管理でインスリンを打っている方も多いです。 私は、膵体部、膵尾部を切除して数年間はインスリンなしでも正常範囲内であったのですが、人間の体も徐々に変化していくのでしょうね。服薬だけでは血糖値のコントロールが難しくなったのでインスリン注射を始めました。 ただし持効型のインスリ ...
続きを読む
/ 血糖値管理・糖質制限

税金納付の季節

多摩川台公園のアジサイ 6月は税金納付の季節でもあります。固定資産税に住民税、総額で70万円ほど納めなければなりません。 いいんですよ。きちっと税金の使い道が真っ当なものであるのなら。住民税は、図書館の利用やゴミ収集などのサービスも受けているわけですから、納めるのは当然です。 しかし世界一高いという ...
続きを読む
/ 日々の出来事
LINEで送る
Pocket

MENU
PAGE TOP