新型コロナウイルスが広がっており、参加者の安全を考慮して開催は中止とします。

【日 時】2020年3月15日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【対 象 者】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
  • 患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

LINEで送る
Pocket

注目の記事

免疫学の大家が教える「新型コロナにかからないための五カ条」

志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなりました。 びっくりしましたね。 報道によれば、酒とタバコは切らさなかったと言われていますね。しかし、入院の1ヶ月前には止めていたとも。 喫煙はコロナウイルスによる重症化率を14倍に高めます。 「新型コロナにかからないための五カ条」 こちらの記事を紹 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

オニバイドの効果と作用機序

膵臓がんで初めてのDDS製剤 リポソームイリノテカン(オニバイド)が膵臓がんに対して承認されましたね。久しぶりの膵臓がんに対する新薬の承認です。また DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)を利用した薬としては膵臓がんでは初めてです。 製造販売元の日本セルヴィエとヤクルトが2019年10月にプロモー ...
続きを読む

今日の一冊(133)『免疫力を強くする』

がん患者なら「免疫力」を高めることに関心があることでしょう。多くの方がサプリメントや食事療法を取り入れています。 免疫学の第一人者、宮坂昌之さんが科学的に正しい「免疫力」の鍛え方を書いています。 昨日18日に発売されたばかりの本ですが、早速Kindleで購入して一気に読みました。 ここではがん患者が ...
続きを読む

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍

成人のがんサバイバーで、心血管疾患のリスクが増加しているというこの記事。 静脈血栓塞栓症は「エコノミークラス症候群」とも言われています。 多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血 ...
続きを読む

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きます。 初期検査時の膵臓がんの局所切除可能性の正確な評価は、先行手術、術前補助療法、または緩和療法に際して、最も適切な管理戦略を決定するために重要です。 しかし、CT画像で切除可能かどうかを判 ...
続きを読む

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

最新の記事

今後の『膵臓がん患者と家族の集い』の開催について

『膵臓がん患者と家族の集い』は3月の佐藤典宏先生の講演も中止になり、みなさんからいつ開催できるかとご心配の声をいただいております。 3つの条件が揃うと、新型コロナウイルスに集団感染するリスクが高くなると言われていますが、まさに患者会はその条件がそろっています。 さらに、参加者の多くは抗がん剤治療によ ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

新型コロナ禍で高齢者にフレイル対策

フレイルが高齢者を重症化する 日本老年医学会が『「新型コロナウイルス感染症」 高齢者として気をつけたいポイント』を発表しています。 高齢者が新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいわけで、不要不急の外出はしないなど、十分な対策が求められます。 一方であまり部屋に閉じこもってばかりでも運動不足で生 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

春だから、そろそろ写真も撮りに行きたい

春ですね。暖かくなってきました。 桜そろそろ満開ですけどね、新型コロナウイルスの影響で宴会は自粛ですか。 一昨日上野公園の前を通りかかったのですが、交番脇のいつも真っ先に咲く桜はほぼ満開のように見えましたけども、それ以外はまだちらほらですね。 観光客も、歩いている人もまばらです。 新宿御苑にでも行っ ...
続きを読む
/ 日々の出来事

水田賢一さんの手記:膵癌ステージ4bからの生還

ステージ4bの膵臓がんから、3度の手術を経て奇跡的に生還した水田賢一さんという方がいます。元兵庫県川西市の副市長でした。 2016年に膵臓がんの病期分類が変更されて、現在はステージ4はひとつですが、2016年以前はステージ4aと4bに分かれていました。つまりステージ4bというのは、病期分類では一番悪 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

コロナウイルスにかかったら、飲んではいけない風邪薬

微熱がある。もしかしてコロナウイルスに感染?? しかし病院に行ってもPCR検査をしてくれない。心配だから市販薬の「コルゲンコーワ、ロキソニンS」でも服用しておこうか。 これ、めちゃやばいですよ!! フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏が、コロナウイルスに感染した疑いがあるとき、イブプロフェンを服 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

目隠しをしながら火を消すことはできない

コビューの『7つの習慣』だったか、別の本だったか忘れたけども、緊急事態に際して指導者・責任者がまず最初にすべきことは何か。そういう問題が載っていました。 あなたは大きな客船の船長だとします。あるいは特急列車の運転手、または大型旅客機のパイロットでもいいでしょう。何か異様な大きな音がした。振動がした。 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

アライブ第10話:膵臓がんの手術は手術数の多い病院で

アライブ第10話は、ボーダーライン膵癌の方でした。術前の化学療法で腫瘍が縮小した結果、手術ができるようになったのですね。 「膵癌診療ガイドライン」でも治療アルゴリズムでそうしたボーダーラインの方を取り上げています。 ドラマでは患者の弟さんが出てきて、「膵臓がんなんだから、もっと手術数の多い病院に転院 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研

発見時には手術ができないことが多い 膵臓がんは、見つかった時点ではすでに手術ができない状態になっていることが多い。膵臓が厚さ2cmほどの臓器なので、転移や浸潤がしやすい。 膵臓がんが1cm未満で見つかれば、助かる患者が増えるに違いない。 しかし、造影CT検査では、1cm以下の腫瘍を見つけることはむず ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

いつまで自粛を続けるか

新型コロナウイルスのクラスターが発生する3条件っていうのが、次の図に表現されていますけれども、患者会がんの患者会というのはまさにこの条件にぴったしではないですか。 5月には『膵臓がんの集い』を何とか開催したいと考えて、講演の依頼も済まし、会場も確保しているのですが、しかしこれは困ったことですね。どう ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

ビタミンDが新型コロナウイルスに有効?

ビタミンD、ビタミンCが新型コロナウイルスを撃退する? 新型コロナウイルスにビタミン D が効くという情報が流れているようです。ビタミンDサプリメンを飲めば新型コロナウイルス感染による新型肺炎が防げる!との話です。 ビタミン D についてはこのブログでは度々取り上げており、がん患者にとって無視するの ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

世界初、がん患者のせん妄ガイドライン

世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン 日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン 2019年版」がPDFで読めるようになりました。 『がん患者におけるせん妄ガイドライン」 日本サイコオンコロジー学会の会員が中心となり, がん患者のせん妄に関する先行知見を ...
続きを読む
/ 医療

「がんゲノム医療」が「先進医療」に

「がんゲノム医療」が先進医療として行われることが、厚生労働省の専門家会議で決定されたと報じられています。 がん患者の遺伝子を調べて最適な薬を選ぶことができるとされるがんゲノム医療ですが、これまではもう治療法がなくなった、あるいはなくなったと思われると医師が判断した場合しか適用されませんでした。 ゲノ ...
続きを読む
/ 先進医療

 

 

LINEで送る
Pocket

MENU