MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2020年3月15日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【対 象 者】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
  • 患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

受付開始は1月25日(土)6:00AMからです。

オフィシャルサイトはこちら


LINEで送る
Pocket

注目の記事

今日の一冊(133)『免疫力を強くする』

がん患者なら「免疫力」を高めることに関心があることでしょう。多くの方がサプリメントや食事療法を取り入れています。 免疫学の第一人者、宮坂昌之さんが科学的に正しい「免疫力」の鍛え方を書いています。 昨日18日に発売されたばかりの本ですが、早速Kindleで購入して一気に読みました。 ここではがん患者が ...
続きを読む

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍

成人のがんサバイバーで、心血管疾患のリスクが増加しているというこの記事。 静脈血栓塞栓症は「エコノミークラス症候群」とも言われています。 多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血 ...
続きを読む

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きます。 初期検査時の膵臓がんの局所切除可能性の正確な評価は、先行手術、術前補助療法、または緩和療法に際して、最も適切な管理戦略を決定するために重要です。 しかし、CT画像で切除可能かどうかを判 ...
続きを読む

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

最新の記事

今日の一冊(134)『お茶の科学』

お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度もお茶とカテキンについて書いてきました。 今日は、「お茶博士」と言われている大妻女子大学名誉教授で、大妻女子大学「お茶大学」校長である大森正司氏の『お茶の科学』です。大森正司 ...
続きを読む
/ 補完代替医療, 食事と運動

良寛のこんな詩がいい

寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん 迷悟の跡 何ぞ知らん 名利の塵 夜雨 草庵の裡 雙脚(そうきゃく) 等閑(とうかん)に伸ばす 立身出世など考えもせずに、ただ万事なるがままにし ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本

インフルエンザが流行っていますね。 主治医:Aさん、久しぶりですね。たしか先週は抗がん剤の予定でいしたが、来られませんでしたね。 患者:はい、そうです。前回の診察のときの先生の指示通りにしました。 主治医:??。どういうことですか? 患者:インフルエンザが流行っているから、がん患者はとくに人混みを避 ...
続きを読む
/ 医療

(補完)代替療法が気になったら・・・

がん治療は「情報戦」です。正しい情報を持っているかいないかで、予後や余命を左右することもあります。 がんと言われ、治療法など基本的な知識を求めるのなら、まずは 「がん情報サービス」です。 「統合医療」情報発信サイト 同様に「補完代替医療」に関心があるのなら、 「統合医療」情報発信サイト を開いてみま ...
続きを読む
/ 補完代替医療

2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2)

『膵臓がん患者と家族の集い』も毎回どなたかの講演をお願いしていますが、この会を始めた当初は、単なる患者さん同士のおしゃべり会でした。 それでも皆さん充分に満足していただき、回を追う毎に参加者も増えてきました。 ただ、多くの患者さん、家族の願いは「自分たちも治療法に参加して、何かできることはないのか」 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

今日の一冊(133)『免疫力を強くする』

がん患者なら「免疫力」を高めることに関心があることでしょう。多くの方がサプリメントや食事療法を取り入れています。 免疫学の第一人者、宮坂昌之さんが科学的に正しい「免疫力」の鍛え方を書いています。 昨日18日に発売されたばかりの本ですが、早速Kindleで購入して一気に読みました。 ここではがん患者が ...
続きを読む

リリー・オンコロジー・オン・キャンバス

二度ばかり応募したことがあるためか、「第10回 リリー・オンコロジー・オン・キャンバス がんと生きる、私の物語。」の案内が届きました。 「リリー・オンコロジー・オン・キャンバス」は、がんと診断された方、およびそのご家族やご友人(20歳以上の方)を対象とした絵画・写真・絵手紙コンテストです。 「がんと ...
続きを読む
/ がん一般, 写真道楽

少量の酒でもがんリスク増加:さて呑兵衛はどうする?

呑兵衛には気になる、少量のお酒でも癌になるリスクが増加するとの報道がありました。 忘年会シーズンに気になるニュースだわ。ドキドキ 生涯アルコール消費量とがんのリスク 1日ワイン1杯程度の少量のアルコールでも10年間飲酒を続けると、がんになるリスクが5%上がるとの研究結果を東京大などのチームが9日、米 ...
続きを読む
/ がん一般, 食事と運動

『死ぬのが怖い』は錯覚ですよ。

死が怖いのは、動物としての本能ですから、誰にでもあたりまえに怖いです。ロシアン・ルーレットで拳銃を頭に突きつけられて、引き金を引け、といわれたら、脂汗がたらたらと流れます。そのような状況になるのは御免被りたい。 でもね。どうして死ぬのが怖いのでしょう。死ぬ直前までは生きています。死んだあとは自分の意 ...
続きを読む
/ 死生観

『てるてる坊主食堂』届きました。

のりぽきーとさんが、がん病院の待合室において、多くの方に読んでほしいと、クラウドファンディングで資金を集め、出版にこぎつけた『てるてる坊主食堂』が届きました。 お礼のカードも同封されていましたよ。 手術ができない膵体部がんが、承認されたばかりのFOLFIRINOX療法で劇的に効果があって腫瘍が縮小し ...
続きを読む

「文春砲」が炸裂したね

山中伸弥教授のiPS細胞への補助金が打ち切られるというニュースが流れて、どうしたことかと気をもんでいたが、元通りに落ち着いたとの報道があり、ホッとしている。 この間何があったのかと不思議に思っていたが、先日発売の『週刊文春』がその経緯をすっぱ抜いている。 「アーンして」むかしラブラブ いま介護 とい ...
続きを読む
/ 医療, 経済・政治・国際

「あきらめる」と「がんばらない」

台風一過、風が強くて空は不気味です。 超音波検査で膵臓に異常が見つかり、CT検査で膵臓がんにほぼまちがいないと告知を受けたとき、意外と冷静だった。 頭の中が真っ白になるとこともなく、「今日やっておくべきことは何か?」「次は何をするべきか」ということばかりを考えていたように思う。 つまり、膵臓がん? ...
続きを読む
/ 心と体, 補完代替医療

 

 

LINEで送る
Pocket