Zoomを使ったWeb交流会を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運等と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。

申し込み受付中です オフィシャルサイトから


スポンサーリンク

ブログ内検索

注目の記事

マイクロサテライト不安定性検査がすべての固形がんに適用される:キイトルーダにも

マイクロサテライト不安定性検査については、従前、▼局所進行または転移が認められた標準的な治療が困難な固形がん▼手術後の大腸がん―において実施することが認められていました。今般、この対象に関する縛りを解き、「すべての固形がん」に対して、マイクロサテライト不安定性検査を実施することが保険診療の中で認めら ...
続きを読む
/ ゲノム医療

『膵がん診療ガイドライン2019の解説』がPDFでダウンロード可能に

日本膵臓学会のサイトに新しく『膵癌診療ガイドライン2019の解説』がPDFファイルでアップされています。 がん治療においては、患者さんもある程度の基礎的な知識や情報を身につけることが絶対に必要です。なぜならば主治医は多忙であり癌についての基礎的な知識まで短い診察時間に教えている暇はないからです。 「 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

膵臓がんで、リキッドバイオプシーが使えるようになる

中外製薬は3月23日、血液検体を用いて固形癌に対する包括的ゲノムプロファイリングを行う検査「FoundationOne Liquid CDx がんゲノムプロファイル」の承認を3月22日に厚生労働省から獲得したと発表した。リキッドバイオプシーを用いたがん遺伝子パネル検査が国内で初めて承認された。Fou ...
続きを読む
/ 先進医療

膵臓がんの細胞、発病前に転移も

日経新聞の記事を見て唖然としました。膵臓がん細胞が癌化する前から肝臓や肺に転移をしているという内容です。 原発巣の腫瘍を切除しても、抗がん剤で叩いても、膵臓がんが治りにくいのはこうした事情によるのでしょうか。 だとすると、膵臓がん患者に希望はあるのか、どうすれば治るのか? 名古屋大学 名古屋大学の江 ...
続きを読む

リキッド・バイオプシーを治験で受けるには?

先日12月12日の「『膵臓がん患者と家族の集い』 Web 交流会」では、リキッドバイオプシーの話題も盛り上がりました。 「民間のリキッド・バイオプシー検査は高額だよね」との発言がきっかけでした。 「使える抗がん剤がもうありません」と言われても、まだがんゲノム医療があります。遺伝子の変異があってそれに ...
続きを読む
/ 先進医療

どうすれば膵臓がんが治るのか? 佐藤典宏先生の講演動画

佐藤典宏先生の講演「膵臓がんの標準治療と代替医療ー外科医の立場から」 9月21日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会は盛況のうちに終わりました。3時間半にわたる交流会でしたが、ご講演の佐藤典宏先生、参加者の皆様、お疲れさまでした。 佐藤先生の講演の特徴は、膵臓がんでは標準治療と代替医療をうまく ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

オニバイドで膵癌の治療戦略が変わってくる

まもなく使えるオニバイド 昨日の「膵臓がんの集い Web 交流会」でも皆様と意見交換をしたのですが、オニバイドについてもたくさんの質問がありました。 オニバイドも保険に収載されて5月20日から使えるようになりました。しかし、保険収載はされたが、病院によって準備期間が必要で、すぐには使えないところも多 ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

比較:免疫細胞療法クリニック

あちこちで免疫細胞療法が話題になっていますね。きっかけはITmediaビジネスのこの記事です。 ここでは記事の中身にはあまり触れませんが、ITmediaビジネスはソフトバンクの子会社です。代表取締役社長兼CEOは、孫正義社長の戦略秘書、社長室長を務めた大槻利樹氏。 確かに、「免疫療法」をうたって、科 ...
続きを読む

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

最新の記事

今日の一冊(157) 『ドキュメント がん治療選択』金田信一郎

「日経ビジネス」記者・ニューヨーク特派員、日本経済新聞編集委員を経て2019年に独立したジャーナリストの金田信一郎氏が、食道がんステージ3を告知されてから、手術を土壇場で拒否し、放射線治療と抗がん剤治療に行き着くまでの迷いながらの選択を詳細に記録した一冊。 ジャーナリストの性でしょうか、同じ病室の患 ...
続きを読む
/ がんは情報戦

線虫で膵臓がん早期発見のニュース

超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと、すい臓がんが見つけやすくなるってニュースがあったけど、今度はこれ。 早期の発見が難しいとされる膵臓(すいぞう)がんについて、患者の尿のにおいを好む生物「線虫」を使えば診断につながる可能性が高いことを、大阪大などの研究チームが突き止め、6日会見で発表 ...
続きを読む

一年ぶりのがん研有明病院

今日は先日の甲状腺超音波検査の結果を聞くために、がん研有明病院へ。 一年ぶりのがん研有明ですが、相変わらずたくさんのがん患者がいます。コロナ家でがん患者さんが感染すると重篤化しやすいし死亡確率も高いと言われているなか、皆さん頑張っています。 膵臓癌の患者さんのいる消化器外科外来とは反対側にある頭頸科 ...
続きを読む

アブラキサン問題で、日本膵臓学会が要望書

10月中旬頃からのアブラキサンの供給中断は膵臓癌患者にとっては死活問題です。日本膵臓学会が、厚生労働省と大鵬薬品工業に対して要望書を出しました。 別の製造所のアブラキサンの緊急承認とジェネリック製品の緊急承認を要望しています。 厚生労働省としてもこうした方向で動き始めているようです。膵臓がん患者の不 ...
続きを読む

マイクロサテライト不安定性検査がすべての固形がんに適用される:キイトルーダにも

マイクロサテライト不安定性検査については、従前、▼局所進行または転移が認められた標準的な治療が困難な固形がん▼手術後の大腸がん―において実施することが認められていました。今般、この対象に関する縛りを解き、「すべての固形がん」に対して、マイクロサテライト不安定性検査を実施することが保険診療の中で認めら ...
続きを読む
/ ゲノム医療

「光免疫療法」の膵臓がんへの期待

楽天グループ三木谷氏は、「個人的な野望としては、膵臓がんをイルミノックス治療で治すのが一つの目標。ただ、膵臓にイルミノックス治療をするには、クリアしていかなければならない課題があります」と膵臓がんについても言及した。 オンコロの最近ニュース記事にはこのように書かれています。 三木谷さんが言う「クリア ...
続きを読む
/ 光免疫療法

ワクチン打っても、死亡率は減らない。接種者が感染すると死亡率が異常に高くなる

ファイザー社は自社に不利なデータをよく公開したものですね。 女性セブン(ニューポストセブン)の記事です。 製造元の1つである米ファイザー社が7月28日に公表した英語の研究論文が静かに波紋を広げている。 その研究には世界各国の4万人以上が参加。ファイザー製ワクチンの2回目接種から最大6か月間に及ぶ大規 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

仮放免中の膵臓がん患者、日系ペルー人に在留資格を

膵臓がんだけど仮放免中のみなので国民健康保険に入れない。全額自己負担では治療をすることは不可能です。 6月に膵臓がんを告知されたがステージ2。いまなら抗癌剤治療と手術で完治する可能性もあります。 「もう時間がない。治療のため在留資格を」日系ペルー人家族の訴え 非正規滞在を理由に大阪出入国在留管理局( ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

新型コロナウイルスは空気感染が主因である

最新の知見に基づいたコロナ感染症対策を求める科学者の緊急声明 8月28日、研究者や医師38名が、新型コロナウイルスは「空気感染が主因」となったとする最新の知見に基づいて、科学的で効果的な対策を取るべきとの緊急声明を行った。  国内の大学教員や医師、研究者ら38人が27日、新型コロナウイルス対策に有効 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

なぜ弘前大学はハイパーサーミアに注目しているのか

令和3年5月、弘前大学医学部附属病院放射線治療科において、ハイパーサーミア(がん温熱療法)がはじまりました。 ハイパーサーミアは、弘前大学大学院医学研究科放射線腫瘍学講座の青木昌彦教授の肝煎りで導入が実現しました。導入されたのは、山本ビニター株式会社の最新機種『サーモトロン-RF8 GR Editi ...
続きを読む
/ 医療

PCR検査の流れを確認しておこう:感染者がひたひたと

前の記事で、周りには100人に1~2人の新型コロナ感染者がいるのではないかという大雑把な推測をしましたが、あながち外れてはいないようです。 都の資料によると、7月第1週の感染者数の割合は0.05%で、検査したおよそ1992人に1人が感染している計算だった。翌週から0.09%、0.15%と割合は上昇し ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス

在宅療養患者の死亡相次ぐ

報ステとモーニングショーで報道されていた、55歳のコロナ男性患者が死亡した事件に衝撃が走っています。 男性には糖尿病の基礎疾患があり、自宅でインスリンを打っていました。往診時の映像では血中酸素飽和度が89%で脈拍数は147。 一度は入院先が決まって救急車に乗ったのですが、途中で断る連絡が入り、八方手 ...
続きを読む
/ 新型コロナウイルス
MENU
PAGE TOP