MENU

がんとの闘いは情報戦です。情報の有無が、あなたの余命を左右することもあります。『膵臓がん患者と家族の集い』は役立つ情報の宝庫です。

【日 時】2020年3月15日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【対 象 者】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 130名
【内 容】

  • 講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
  • 患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

受付開始は1月25日(土)6:00AMからです。

オフィシャルサイトはこちら


LINEで送る
Pocket

注目の記事

今日の一冊(133)『免疫力を強くする』

がん患者なら「免疫力」を高めることに関心があることでしょう。多くの方がサプリメントや食事療法を取り入れています。 免疫学の第一人者、宮坂昌之さんが科学的に正しい「免疫力」の鍛え方を書いています。 昨日18日に発売されたばかりの本ですが、早速Kindleで購入して一気に読みました。 ここではがん患者が ...
続きを読む

膵臓がんのサバイバー:静脈血栓塞栓症になるリスクが10倍

成人のがんサバイバーで、心血管疾患のリスクが増加しているというこの記事。 静脈血栓塞栓症は「エコノミークラス症候群」とも言われています。 多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となる。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血 ...
続きを読む

膵臓がんが切除可能かどうか。放射線科医で大きな違い

膵臓がんは手術ができるかどうかで、生存期間に大きな差が出ます。患者としては、手術できることに大きな期待を抱きます。 初期検査時の膵臓がんの局所切除可能性の正確な評価は、先行手術、術前補助療法、または緩和療法に際して、最も適切な管理戦略を決定するために重要です。 しかし、CT画像で切除可能かどうかを判 ...
続きを読む

セカンドオピニオン拒否され、適切な治療受けられずー膵臓がん患者が提訴

先日8月30日に、膵臓がん患者さんが、独立行政法人国立病院機構 静岡医療センターと元の主治医(O医師)を東京地方裁判所に損害賠償の提訴し、その記者会見が厚生労働省記者会で開かれました。 膵臓の腫瘍が見つかりIPMNの疑いがあったにもかかわらず、その事実を知らせなかった。腫瘍マーカーも基準値を超えてい ...
続きを読む

最新の記事

『モモ』で考える、時間と死

「タオ」を感じるようなきれいな夕焼け 今日は明日の準備期間ではない 瞑想の基礎は、空気が鼻から出入りすることだけに心を集中することだと言われているのでそうするのだが、数分も経たないうちに心があれこれの思いに囚われて駆け巡っている。「何も考えない」ことは難しいと言うべきか、不可能に近い(凡人の私には) ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

老化とがん

キーワードは「エピジェネティクス」 NHKスペシャルで放映された『人体 ミクロの大冒険』が書籍で出版されています。 製作の裏話や放送できなかったことなども紹介されており、興味深い内容です。3回にわたっての放映ですが、この番組に隠されたメッセージは「エピジェネティクス」です。 がん細胞も含めて、細胞の ...
続きを読む

2020-01「膵臓がん患者と家族の集い」参加者コメント(2)

参加申込はオフィシャルサイト (⇐こちら)からお願いします。 5ヶ月ぶりの開催となる『膵臓がん患者と家族の集い』に寄せられた参加者の皆さんからのコメントの一部を紹介します。 参加者コメント 【患者 ステージ4 手術は未定】 化学療法中です。FOLFRNOX治療で一定の効果がありましたが、現在アブラキ ...
続きを読む
/ 膵臓がんの知識・情報

十全大補湯と膵臓がん

政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入ったと報じられています。 その中には漢方薬も含まれそうです。実際に効果を実感されている患者も多い十全大補湯などを処方されても、10割負 ...
続きを読む

人は死んでも、宇宙の全エネルギーは一定だ。

「アミターバ」とは「阿弥陀如来」の梵語表記です。無限の寿命を持つことから無量寿如来ともいいます。限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けるとされており、西方極楽浄土の教主です。 玄侑宗久さん自身がこの本を次のように評しています。 死の瞬間、私は発光体になって輝く世界に入った。そして……。 ...
続きを読む
/ お薦めの本, 死生観

中村哲の理想郷

中村哲が凶弾に倒れた。アフガニスタンで、100の病院よりも一本の灌漑水路が人々の生活を守り、結局は平和な国土を作ることができると、理想郷を追い求め、驚異的な実行力で成果を上げていた。 宮沢賢治が追い求めて果たせなかった理想郷「イーハトーヴ」。肥沃な土地で育った作物を、皆で分け与え、困った人がいれば手 ...
続きを読む
/ ニュース

代替医療を考えるなら、今でも『がんに効く生活』

標準医療だけでは皆さん不安になります。そこで代替医療を探すことになるのですが、本屋に行けばたくさんのがん関係の本が並んでいます。たまたま棚にある本を選んでしまいがちですが、本当にそれがあなたのがんに役立つのでしょうか。 代替医療(統合医療)を考えるのなら、シュレベールの『がんに効く生活』はぜひ読んで ...
続きを読む

高尾山へ紅葉ドライブ

高尾山に行ってきました。午前4時に出発し、麓駐車場には5時半到着。夜が白みかける6時になるのを待って1号路を登って行きました。 ゆっくりと約2時間かけて山頂に到着。さすがにケーブルカーは動いていないから、10人くらいしかいませんでした。 舐めてかかってたけど、年寄りにはきつい登山でした。 定番の天狗 ...
続きを読む
/ 写真道楽

がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』

がん患者なら誰しも、自分にだけでも奇跡が起きて欲しいと願うものでしょう。 現代医療、標準医療を無視するわけではありませんが、それだけでは統計的な生存率、生存期間はだいたい定まっています。手術不能のがんであれば、抗がん剤には延命効果しかなく、治癒を期待することはできません。 治癒の可能性があるとすれば ...
続きを読む

今日の一枚:夜のカフェ

外観を黒で統一したおしゃれなカフェ。マンションの一階でオーナーが趣味でやっているような、めったに客を見ないカフェです。 夏場はカフェの前にテーブルを出してかき氷なども提供しています。屋根に写った木々の影も印象的です。 GR3 F2.8 1/15秒 ISO 640 GR3の強力な手ブレ補正のおかげで、 ...
続きを読む
/ 写真道楽

市販薬類似薬を保険適用から外す方向

産経新聞の報道です。以前から小出しに報じられてはいるのですが、 政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。 全世代型社会保障改革の一環として、 後期高齢者の医療機関での窓 ...
続きを読む
/ 医療

給湯器、ここが安かった!

給湯器が寿命 建物も新築して10年はメンテナンスに気を使うことは少ないですが、それ以降はあちこちに不具合が生じてきます。給湯器も10年経つと故障が多くなるといわれています。 お湯の温度が上がらない、止めても水がチョロチョロと出ているような症状があるので、思い切って交換することにしました。 交換部品の ...
続きを読む
/ 日々の出来事

 

 

LINEで送る
Pocket