スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

砂糖はがんの栄養

_mg_1902

白壁の伝統的な商家で薬局。(高知県奈半利町)


一時はがんの早期発見の切り札であり、がん検診の革命かといわれたPET(陽電子放射断層撮影、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)ですが、国立がんセンターの内部調査で、がんの85%を見落としていたと報道されて衝撃を与えました。

同センター内に設置された「がん予防・検診研究センター」では、2004年2月から1年間に、約3000人が超音波、CT、血液などの検査に加えPET検査を受け、150人にがんが見つかった。ところが、この150人のうち、PETでがんがあると判定された人は23人(15%)しかいなかった。残りの85%は超音波、CT、内視鏡など他の方法でがんが発見されており、PETでは検出できなかった。(2006年3月3日 読売新聞)

PETががんの早期発見に有効だとされたのは、がん組織がほかの部位よりも多くブドウ糖を消費していると考えられたからです。放射化されたブドウ糖を体内に注入し、放射線の多く出ている部位、つまりブドウ糖がたくさん消費されている部位を見つければ、そこに腫瘍ができている可能性が高いということです。つまりブドウ糖=砂糖はがんを育てる栄養であるということ。

ノーベル生理医学賞を受賞したドイツの生物学者ヴァールブルクは、悪性腫瘍の代謝がブドウ糖の消費量に左右されることを発見しました。

精白糖や精白小麦粉を食べると、血液中のブドウ糖の割合=血糖値が急速に上昇し、ブドウ糖を細胞に吸収させるためにインスリンが分泌されます。そしてインスリン様成長因子(IGF)が分泌され、細胞の成長が促進されます。

さらに、インスリンとIGFはともに炎症性因子を刺激する作用があり、炎症性因子は腫瘍の成長を促進する働きをします。大量のインスリンとIGFが分泌されると、がん細胞の成長が促進されるだけではなく、がん細胞が隣り合う組織を浸食する力を高めることが知られています。
糖尿病患者はがんになる確率が高い(膵臓がんになる確率も高いことが知られている)ことや、東南アジア人が欧米人に比べてホルモン依存性のがん(乳がん・前立腺がん)に罹る確率が5分の1であることなどより、この仮説はほぼ確かなようです。

喫茶店でアイスコーヒーを注文するとシロップが付いてきます。トウモロコシから抽出した果糖のシロップ(果糖とブドウ糖の混合物)です。20世紀後半に登場した新しい食品原料であるシロップは、今や多くの加工食品に使われています。砂糖だけでももてあましている私たちの体は、シロップの登場で完全に限界を超えてしまったのです。

私たちの遺伝子は、糖分を年間で2キログラムしか消費しない栄養条Img002
件のもとで形成されたのですが、20世紀の終わりにはその消費量は一人あたり70キログラムというとんでもない量になっています。これが先進国で第二次世界大戦後に急速にがんの発症率が上昇した一つの原因だと考えられています。

私たちがん患者が食事療法に取り組む場合、まずは精白糖や精白米を摂ることを止め、全粒粉で作ったパン、玄米を主食にし、血糖指数(GI値)の高い食品を遠ざけることから始めるべきでしょう。最近の研究では、肥満とがんには共通の原因があることが分かってきました。「カロリー制限は寿命を延ばす」という研究結果も報告されているのです。

GI値はシドニー大学が研究の中心地となっています。何度か取り上げた『がんに効く生活』にも代表的な食品のGI値が載せられていますが、日本語の主な食品のGI値はこちらにあります。この表のピンクの食品は避ける方が無難です。

穀類では玄米・五穀米、パン類はほとんど駄目で菓子パンはもってのほか。麺類はうどんもだめで蕎麦だけ。野菜・芋類ではジャガイモ・ニンジン・カボチャが高い。ニンジンは食べるなということではないです。野菜にはそのほかの栄養素もあるからGI値だけで判断できません。量が問題だということです。

GI値(グリセミック指数)よりも大事なのは、GL(グリセミックロード)です。炭水化物の量も含めて通常食べる量を比較したときに、どれだけ血糖値を上げやすいかの指標がGLです。バナナ一本とリンゴ一個をGLで比較すると、バナナはリンゴの2倍以上血糖値を上げやすいと言えます。GL値を記載した日本語のサイトはほとんど無いのですが、「米国統合医療ノート」により詳しい話が書かれています。

GL値を計算するのは面倒ですので、おおざっぱに言ってしまえば、がん患者は玄米菜食に変え、ケーキなどの甘いもの(ケーキには不飽和脂肪酸も多く含まれている。これもがんの栄養)を避け、コーヒーには砂糖を入れないでブラックする(緑茶にした方がもっとよい)。要するに、糖尿病食は健康食であり、がんに栄養を与えない食事だということです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 歯周病は膵臓がんのリスクを高める歯周病は膵臓がんのリスクを高める PubMedに発表されたニューヨーク州立大学の研究論文です。 手抜きでGoogle博士に翻訳してもらうと、 目的:歯周病の病歴および選択され […]
  • 在宅療養患者の死亡相次ぐ在宅療養患者の死亡相次ぐ 報ステとモーニングショーで報道されていた、55歳のコロナ男性患者が死亡した事件に衝撃が走っています。 男性には糖尿病の基礎疾患があり、自宅でインスリンを打っていました。往 […]
  • 不安になると、癌が重症化する不安になると、癌が重症化する 不安とストレスが癌の進行を加速する がん患者は、さまざまな悩みを抱えています。一番の心配事は「死ぬんだろうか」ということではないでしょうか。 スタンフォード大学の研究 […]
  • こんなスイッチがあれば・・・こんなスイッチがあれば・・・ 連日CDをパソコンに取り込んで保存している。別に死んだあとの処置を考えているわけでもない。まぁ、ハードディスクに保存してあれば、デリートキー一発で全て削除できるから、死んだ後には […]
  • お通夜お通夜 今日はあの方のお通夜です。 治ることはないと分かった膵臓がんに対して、どのような最期を迎えるかと考え、真摯に向き合った方でした。 宗教者ではないけど、しかしそれ以上に […]
  • 加湿器を買いました加湿器を買いました モダンデコの加湿器(黒)を買いました。 コロナ対策というよりは、飼っている老犬ヨークシャテリアのためです。 最近ボケも来たようで、腎臓機能も悪いし、目は […]
  • 白血球減少で抗がん剤を中止白血球減少で抗がん剤を中止 入院中に同じ病室だったKさん夫妻とまたまた待合室で会った。本当に仲の良いご夫婦でいつも二人一緒で行動している。 今日は二回目の抗がん剤ジェムザール(GEM)投与の日。ところ […]
  • サイモントン療法でがんを治す サイモントン療法とは サイモントン療法は、イメージ療法の一つと言われています。サイモントン療法協会のサイトには次のように紹介されています。 サイモントン療法は、米 […]

コメントを残す