出来ない時はできない。できるようになったら考える。それまでは休養。


Pocket
LINEで送る

今日は1年ぶりのがん検診で、がん研有明病院へ。

11年目になるので、CTは撮らないで血液検査だけです。

まったく健康体です。

GOTがHとなっていて、正常範囲より+1ですが、ま、正常でしょう。HbA1cも6.2%ですが、私の年齢では7.0以下にする必要はないのです。むしろ低血糖の方が心配なので、7.0となるように頑張っているのですが、6.2で収まっているので困っている。(^Д^)

年齢に応じて基準値を変えるようにシステムを変更すべきですが、きっと法外なプログラム料をとられるのでしょう。

あいかわらずニコニコ顔の齋浦先生。「患者をご紹介いただきありがとうございます」と言われました。『すい臓がんカフェ』で何人かの方を紹介したので、その方が「キノシタさんから紹介された」と話されていたようです。

私としては、この先生しか知らないので、他の先生が悪いと言うつもりではなく、自分の経験しか話せないというだけのことです。

がん研も施設が拡充し、タリーズの前が広くなり、がん関係の資料を置いてあるインフォメーションブースもきれいで広くなっていました。

こんな冊子が置いてありました。

「私の心に響いた一言」には、

出来ない時はできない。

できるようになったら考える。

それまでは休養。

とありました。

明日のことは誰にも分からない。くよくよ堂々巡りで考えてもしかたない。だから心配はしない。がんのことは考えない。考えないのが無理なら、一番最後に考える。

「今、この時を生きる」「その日暮らし」でちょうど良いのです。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 口内炎対策に「エピシル」口内炎対策に「エピシル」 抗がん剤の副作用による口内炎に悩んでいるがん患者はたくさんいます。口内炎で食べることができないと、がんと闘う気力も体力も奪われます。「がん患者は、がんで死ぬのではなく、餓 […]
  • 抗がん剤で進行がんが治ると、多くの患者は誤解している抗がん剤で進行がんが治ると、多くの患者は誤解している 再発や転移のあるステージ4のがんは、抗がん剤で根治することはまず不可能です。しかし、7割から8割の患者が、進行したがんが抗がん剤で治ると誤解しています。しかも、主治医とのコミュニ […]
  • 「呪いの言葉」と「善意の謀略」「呪いの言葉」と「善意の謀略」 前沖縄県知事の翁長さんが膵臓がんで亡くなったとき、マスコミや週刊誌に登場した識者や医師などから「手術が死期を早めた。放射線なら助かった」と憶測による無責任は発言がありまし […]
  • がん患者は、こんな腫瘍内科医を求めているんだよがん患者は、こんな腫瘍内科医を求めているんだよ たとえ、効果がなくとも、エビデンス(科学的根拠)がなくとも、医学的に意味があってもなくとも、がんに対してなにか手段がないか、一緒に考えて欲しいのです。 再発がんの治癒は難しいが […]
  • 腹膜播種でもあきらめない!腹膜播種でもあきらめない! 腹膜播種を伴う悪性疾患に対する通常の治療法(抗がん剤治療や姑息的手術)の生存率は非常に悪いことが知られていますが、適切な症例を選択したうえで播種病変を切除する腹膜切除術と温熱化学 […]
  • エビデンスがかえって足かせ⁈エビデンスがかえって足かせ⁈ 金魚さんの記事をシェアします。 「諦めないところに出会いがある」 「あとは緩和ですね」と言われても、「このまま死んでる場合じゃない」わけで、しかし、いかがわし […]

出来ない時はできない。できるようになったら考える。それまでは休養。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 1234567 より:

    はじめまして
    夫が膵臓癌で3月から闘病中です。
    私のがん攻略法でのサプリや「がんに効く生活」など購入して、
    参考にさせて頂いております。情報ありがとうございます。
    散歩に行かせたい、アブラナ科の野菜食べてもらいたい、と思っても、
    家でごろごろしたり、甘いものばかりを好んでいます・・・。
    この表題の言葉に勇気づけられました。

    1. キノシタ より:

      1234567さん。
      3月に告知なら、衝撃から立ち直っていない時期でしょうね。しかし、膵臓がんは「足が速い」がんですから、早めに対策を考えて、再発させない、転移させないことをめざすべきです。
      これをやれば確実だという方法はありませんが、少なくとも「がんを育てない」体内環境をつくることは大切です。
      そうした内容をブログで書いたり、書籍を紹介したりしています。
      可能でしたら、いちど『すい臓がんカフェ』に参加することも、同病者の経験や考えを知り、励まされるに違いありません。

  2. bebe より:

    言い言葉ですね。
    心に響きました。
    聞いて少し力が抜けました。

    1. キノシタ より:

      bebeさん。

      がんとは闘え、死とは闘うな
      (絶対に負ける相手と闘おうとするから悩み、疲弊するのです。)

      なんとかなるものは、なんとかする
      なんともならないものは、成り行きに任せる

      こちらの記事で、こんなことも書いています。
      https://cancer-survivor.jp/2016/04/3133.html

  3. ひぃ より:

    とても懐かしく感じました。遠い昔の様な最近の様な変な感覚です。
    先日のカフェでもお元気そうだし血液検査、私よりLやHが少なくすごいな。その日暮らし。
    とても大切ですね。とても重みのある言葉です。

    1. キノシタ より:

      ひぃさん。こんにちは。
      「膵臓がんをやったら健康体になった」のですが、それは生活や食事を180度変えたからなんですね。
      仕事一筋から「ま、いいか」に、「あの人は良い人だね」と言われないように。「急ぎの仕事はあいつに頼め」はお断りと。

      我が家の15歳のヨークシャーも、目が見えなくなりました。壁にぶつかりながら歩いています。
      でも、犬は臭覚があれば見えなくてもストレスは感じないそうです。
      歳はしかたないですね。犬は決して明日のことは考えず、その日暮らしでしょうから、犬のように生きたいものです。

この投稿はコメントできません。