スポンサーリンク

看取り先生(岡部健)の遺言

LINEで送る
Pocket

看取り先生の遺言 がんで安らかな最期を迎えるために
看取り先生の遺言 がんで安らかな最期を迎えるために』を読みました。感動的でした。

看取り先生こと、岡部健医師は医療グループ「爽秋会」岡部医院の院長。宮城県名取市を中心に在宅ホスピスに取り組んで、年間300人の看取りをされてきたのですが、ご自身もステージⅣの胃癌と診断され、余命10ヶ月を宣告されます。それからの岡部先生の治療と死への確固とした信念のもとでの対応が感動的です。

岡部先生の最期の9ヶ月間、170時間に及ぶインタビューを、ジャーナリストの奥野修司氏が書き綴ったものです。

ヨミドクターにも2012年6月のインタビューが載せられています)

肺がん手術の専門医でありながら、ご自身はヘビースモーカーであり、がんになるとしたら肺がんだろうと思っていたのが、予想に反して胃癌がみつかります。しかしそれでも岡部先生はがん検診は一切受けようとしません。

肺がんは早期検診で分かっても、25%は助かるが、75%は助からない。つまり、検査しても4分の3は何もできずに亡くなっていくということだ。メイヨー・クリニックが胸部レントゲン写真と喀痰細胞診をするグループと何もしないグループを比較したら、有意差がなかったという研究もある。胃癌は精度が悪いから役にたたない。透視で早期胃癌が分かるなんて、誰も思っていないはずだ。胃カメラも腕の良い医者がやるのなら良いが、そうでなければ見落としや穿孔などのリスクがある。なんのためにやるのか分からない。

検査というのは未来を知る技術の一つなんだということを、あまりにも安易に考えてはいないだろうか。未来を知るということは、決していい未来を知るだけではない。知りたくもない未来を知ることなのである。

このような理由で、検査は一切受けないで過ごしてきたのです。

在宅医療の現場で先駆的な仕事をされた先生だからこそ、自分が治らないがんだと知ったときの毅然とした対処のしかた、生き方には、がん患者としてたくさん学ぶべきことがあります。

長寿信仰が苦しみを生む:人間は長寿であることが勝ちだ。長生きすることはトクだという欲張り文化はいつ生まれたのだろう、と長寿信仰を批判しています。

  • 患者さんが亡くなるとき、つらいということの大半は『何で自分だけが長生きできなかったんだ』という長寿信仰である。それが胃ろうやさまざまな延命治療を増やす原因になっているのだと思う。長寿信仰は患者さんを非常に苦しめるということだ。長生きがいいなんて誰が決めたのだろう。世界の長寿国になったことがなぜいいのだろう。人間、六十を過ぎたら死を覚悟すべきなのである。
  • 私は抗がん剤にあまり信頼をおいていない。抗がん剤治療というのは、効く人には効くが、誰に効くかわからないという、発展途上の学問である。
  • 患者さんは「この抗がん剤はよく効きますよ」と医者から言われると、「治る」と誤解してしまう。説明する医者も悪いが、「効く=治る」とはどこにも書かれていないのである。
  • シスプラチンについて:「あれはまともな薬じゃない。なにしろ血管から漏れて皮下組織に入ったら細胞が壊死を起こすのだからね」

と言います。

「その世界に降りてゆくのに、なんの道しるべもないんだ」ということに気付き、「臨床宗教師」の制度を作ることの奔走するのだが、ご自身の死に際では、岡部先生の考えに共感した曹洞宗の若いお坊さんが寄り添うことができた。

もっとたくさん紹介したい部分がありますが、治らないがんに対する最期の治療の戦略や考え方、抗がん剤の止め時、人が死ぬとはどういう状態になるのか、在宅医療でも充分看取ることが可能なのだということを、ご自分の命を賭けて証明してくれています。。

「死」は決して苦しいものでも、怖いものでもないことを納得できるように知らせようとしているようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • すい臓がん患者 希望のニュースすい臓がん患者 希望のニュース 先日も作家の栗本薫(中島梓)さんがすい臓がんで亡くなったというニュースがありました。私のブラウザではGoogleニュースの検索オプションに「 -訃報 -葬儀 」を設定してあり、通 […]
  • 粒子線治療の新兵器粒子線治療の新兵器 膵臓がんの方でも重粒子線、陽子線治療を考えたり、期待している患者は多いです。 しかし、腫瘍が消化管に近かい場合は適用が難しいと断られることがあります。 粒子線はそのエ […]
  • 血糖値上昇 & フコイダン血糖値上昇 & フコイダン 糖尿病を管理してもらっている医院で、先月測定したHbA1cの値を聞いた。 前回 6.0%  ⇒ […]
  • 【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験【追加情報】膵がんに対する樹状細胞療法の試験 「昼寝」  春爛漫、留守番も眠くなります。 共同通信によると、「メディネットの契約医療機関である瀬田クリニック新横浜と名古屋大学医学部附属病院が、2005年6月から切除不能局 […]
  • 鎌倉のアジサイ鎌倉のアジサイ 今日6月11日は、私の「がん記念日」。2007年の今日が、膵がんの疑いが生じた日であり、このブログを開設した日でもあります。あれから8年かぁ、あっという間だった気もするし、長かっ […]
  • なぜ抗がん剤の耐性がつくのかなぜ抗がん剤の耐性がつくのか P-糖タンパク質はがん細胞に発現し、多くの抗がん剤を細胞外へ排出することにより、がん細胞を薬剤耐性にし、抗がん剤を効かなくする。 […]
  • 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ 西村元一さんの5月12日付コラムがヨミドクターにありますが、こんなことを話しています。 「患者同士が交流する意義」  今回、自分自身が患者の立場となり、今まで医師 […]
  • いのちに感謝の独演会 深川散策いのちに感謝の独演会 深川散策 樋口さんのはなしに、みなさん多いに笑って、勇気をもらってきました。そうそう、毎回応援で出演している柳家喜多八師匠が、”めでたく”正会員になられたそうです。つまり昨年大腸がんの手術 […]
LINEで送る
Pocket

看取り先生(岡部健)の遺言” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    kathyさん。
    三連休は確定申告のラストスパートにかかりっきりです。パブコメは、新安全基準だけに出す予定で準備はしています。
    しかし、東電の国会事故調への虚偽説明で現場の調査を妨害したり、名雪審議官の原電への意図的な情報漏洩、しかも元の文科相へ返すのが唯一の処分ですから、「規制の虜」という体質は変わっていませんね。田中俊一もどこまでが本気なのか、あやしいです。

  2. kathy より:

    面白そうな本ですね。
    ところで、ご存知とは思いますが、知人から以下の情報が回ってきました。
    ★原子力規制委員会のパブコメのページ。
    ・原子力災害対策指針(2/12まで。急いで!)

    パブリックコメント:意見募集中案件詳細(意見提出ホームへ)
    http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252301&Mode=0
    ・新安全基準(2/28まで)

    【参考動画】
    ☆明快!パブコメに大いに参考になります!
    2/7放映のテレビ朝日「モーニングバード」そもそも総研
    「そもそも新安全基準で原発は本当に安全になるの?」(動画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です