看取り先生(岡部健)の遺言


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

看取り先生の遺言 がんで安らかな最期を迎えるために
看取り先生の遺言 がんで安らかな最期を迎えるために』を読みました。感動的でした。

看取り先生こと、岡部健医師は医療グループ「爽秋会」岡部医院の院長。宮城県名取市を中心に在宅ホスピスに取り組んで、年間300人の看取りをされてきたのですが、ご自身もステージⅣの胃癌と診断され、余命10ヶ月を宣告されます。それからの岡部先生の治療と死への確固とした信念のもとでの対応が感動的です。

岡部先生の最期の9ヶ月間、170時間に及ぶインタビューを、ジャーナリストの奥野修司氏が書き綴ったものです。

ヨミドクターにも2012年6月のインタビューが載せられています)

肺がん手術の専門医でありながら、ご自身はヘビースモーカーであり、がんになるとしたら肺がんだろうと思っていたのが、予想に反して胃癌がみつかります。しかしそれでも岡部先生はがん検診は一切受けようとしません。

肺がんは早期検診で分かっても、25%は助かるが、75%は助からない。つまり、検査しても4分の3は何もできずに亡くなっていくということだ。メイヨー・クリニックが胸部レントゲン写真と喀痰細胞診をするグループと何もしないグループを比較したら、有意差がなかったという研究もある。胃癌は精度が悪いから役にたたない。透視で早期胃癌が分かるなんて、誰も思っていないはずだ。胃カメラも腕の良い医者がやるのなら良いが、そうでなければ見落としや穿孔などのリスクがある。なんのためにやるのか分からない。

検査というのは未来を知る技術の一つなんだということを、あまりにも安易に考えてはいないだろうか。未来を知るということは、決していい未来を知るだけではない。知りたくもない未来を知ることなのである。

このような理由で、検査は一切受けないで過ごしてきたのです。

在宅医療の現場で先駆的な仕事をされた先生だからこそ、自分が治らないがんだと知ったときの毅然とした対処のしかた、生き方には、がん患者としてたくさん学ぶべきことがあります。

長寿信仰が苦しみを生む:人間は長寿であることが勝ちだ。長生きすることはトクだという欲張り文化はいつ生まれたのだろう、と長寿信仰を批判しています。

  • 患者さんが亡くなるとき、つらいということの大半は『何で自分だけが長生きできなかったんだ』という長寿信仰である。それが胃ろうやさまざまな延命治療を増やす原因になっているのだと思う。長寿信仰は患者さんを非常に苦しめるということだ。長生きがいいなんて誰が決めたのだろう。世界の長寿国になったことがなぜいいのだろう。人間、六十を過ぎたら死を覚悟すべきなのである。
  • 私は抗がん剤にあまり信頼をおいていない。抗がん剤治療というのは、効く人には効くが、誰に効くかわからないという、発展途上の学問である。
  • 患者さんは「この抗がん剤はよく効きますよ」と医者から言われると、「治る」と誤解してしまう。説明する医者も悪いが、「効く=治る」とはどこにも書かれていないのである。
  • シスプラチンについて:「あれはまともな薬じゃない。なにしろ血管から漏れて皮下組織に入ったら細胞が壊死を起こすのだからね」

と言います。

「その世界に降りてゆくのに、なんの道しるべもないんだ」ということに気付き、「臨床宗教師」の制度を作ることの奔走するのだが、ご自身の死に際では、岡部先生の考えに共感した曹洞宗の若いお坊さんが寄り添うことができた。

もっとたくさん紹介したい部分がありますが、治らないがんに対する最期の治療の戦略や考え方、抗がん剤の止め時、人が死ぬとはどういう状態になるのか、在宅医療でも充分看取ることが可能なのだということを、ご自分の命を賭けて証明してくれています。。

「死」は決して苦しいものでも、怖いものでもないことを納得できるように知らせようとしているようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 光免疫療法とは光免疫療法とは オバマ大統領が2012年の一般教書演説で言及した近赤外光線免疫療法(NIR-PIT)が話題になっています。 光(近赤外線)免疫療法とは アメリカ国立がん研究所(NCI)・ […]
  • 膵臓がんとサプリメント膵臓がんとサプリメント がん一般に関するサプリメントの効用については、いろいろな情報に接することがあるのですが、膵臓がんにサプリメントは効くのか?という具体的な情報はあまりお目にかかることがありません。 […]
  • エビデンスがかえって足かせ⁈エビデンスがかえって足かせ⁈ あの世への道はエビデンスによって掃き清められている そのような現実もあります。医療がエビデンスだけで良いのならAIにでも任せれば良い。 […]
  • がんになったらこれまでの生活を変えなければならないがんになったらこれまでの生活を変えなければならない 台風一過。昨日はきれいな夕焼けでした。Merrillは赤が苦手なのですが、今日の一枚はまぁまぁです。 がんになったら、これまでの生き方と考え方を変えなければいけないと言う。私た […]
  • ピアノコンチェルトはもう聞こえない 大塚博堂の「ピアノコンチェルトはもう聞こえない」にはこんな歌詞が付いている。 あの日は君の誕生日 学生街の名曲喫茶で 心おきなく話そうと 涙をこらえて約束したね 君はい […]
  • 高遠の小彼岸桜高遠の小彼岸桜 土日で信州高遠城址公園の小彼岸桜を見物してきた。十年前に一度行ったが、その時は早すぎて枝ばかりの木を見ただけ。今年は15日が見頃と予想が出ていたが、この日はチェロの合同レッスンの […]
  • なぜ抗がん剤の耐性がつくのかなぜ抗がん剤の耐性がつくのか P-糖タンパク質はがん細胞に発現し、多くの抗がん剤を細胞外へ排出することにより、がん細胞を薬剤耐性にし、抗がん剤を効かなくする。 […]
  • 光免疫療法ー楽天の挑戦 楽天が本格的にがん事業に参入 光免疫療法は、開発者のアメリカ国立がん研究所(NCI)・国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆氏は、論文などで「近赤外線免疫療法」と言ってき […]
LINEで送る
Pocket

看取り先生(岡部健)の遺言” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    kathyさん。
    三連休は確定申告のラストスパートにかかりっきりです。パブコメは、新安全基準だけに出す予定で準備はしています。
    しかし、東電の国会事故調への虚偽説明で現場の調査を妨害したり、名雪審議官の原電への意図的な情報漏洩、しかも元の文科相へ返すのが唯一の処分ですから、「規制の虜」という体質は変わっていませんね。田中俊一もどこまでが本気なのか、あやしいです。

  2. kathy より:

    面白そうな本ですね。
    ところで、ご存知とは思いますが、知人から以下の情報が回ってきました。
    ★原子力規制委員会のパブコメのページ。
    ・原子力災害対策指針(2/12まで。急いで!)

    パブリックコメント:意見募集中案件詳細(意見提出ホームへ)
    http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=198252301&Mode=0
    ・新安全基準(2/28まで)

    【参考動画】
    ☆明快!パブコメに大いに参考になります!
    2/7放映のテレビ朝日「モーニングバード」そもそも総研
    「そもそも新安全基準で原発は本当に安全になるの?」(動画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です