雨上がりに咲く向日葵のように

スポンサーリンク
【日 時】2019年6月22日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 90名
【内 容】
●講演:がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~
川畑のぶこ氏(NPO法人 サイモントン療法協会)によるサイモントン療法とマインドフルネスの講演およびエクササイズ
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
6月19日10:00AMまで参加申込み受付中です。
Pocket
LINEで送る

0

この人は、がんになったことで輝いているのですね。山下弘子さんの『雨上がりに咲く向日葵のように』を読みました。

私は、出版された闘病記はほとんど読まないのですが、余命半年を宣言された若い方がどのように考えているのという興味で読んでみました。若いのに強い人ですね。

私はまったく絶望していません。むしろ、毎日、幸せを感じながら過ごしているのです。

が強がりでないことが分かります。

「人はいつ死ぬかわからない」

「与えられた時間は有限である」

私はがんにそう学んだことで、がむしゃらに生きるのが正解だと思い、そう生きてきました。

しかし、その結果、生き急ぐ毎日を送るだけになってしまいました。

迷い悩みながら、「社会のために」「誰かに貢献したい」とがんばってきたのですが、それも限界になり、「自分のために」やっているのだと考えを変えることで、日々の行動が楽しくなっていきます。

周囲の愛を感じることで、生きていける。生きていることで、周囲の皆を喜ばせることができる。そう考えれば生きていることが楽しく、今は幸せである。こうした心境に達しているのですね。ターナー博士が上げた9つのことの、

  • より前向きに生きる
  • 周囲の人の支えを受け入れる
  • 自分の魂と深くつながる
  • 「どうしても生きたい理由」を持つ

を実践しているのです。

「ま、いっか」というテキトーに流して深く悩まないとも書いている。私の経験からも、これにも納得です。

なるようになるなら、なるようにする。
なるようにならないなら、成り行きにまかす。

12カ所の多重癌を経験した、東京新聞の元編集委員、村串栄一さんの言葉です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(112)「神経免疫学革命」今日の一冊(112)「神経免疫学革命」 脳(神経系)と免疫系は密接に連携しており、むしろ免疫系が脳をコントロールしていることを、ミハル・シュワルツの著作を通じて、最新の神経免疫学の発展から明らかにすること。また、脳の健 […]
  • 今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」 膵臓がん患者は、希望が持てる最新の正しい知識を求めているのです。そうした患者の要求に応えようと、ある程度努力した内容となっています。ある程度と書いたのは、再発、転移後の治療法に関 […]
  • 今日の一冊(108)「医療の現実、教えますから広めてください!!」今日の一冊(108)「医療の現実、教えますから広めてください!!」 介護者を持つ患者では、介護者のいない患者と比べて1.52倍も死亡リスクが高い、という結果でした。さらに結婚している患者では2.92倍も死亡リスクが高く、一番生存期間が長かったのは […]
  • 今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子今日の一冊(104)「<いのち>とがん」坂井律子 怖くて考えたくなくて、消えて欲しい、その存在が消えて欲しい。けれども、そこにあるまま、そして、受け入れることができないまま、それでもいいのではないかと思って、最後まで生きるしかな […]
  • 今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一今日の一冊(106)「1分でも長生きする健康術」大津秀一 健康のために大切なのは情報です。より正確に言えば「情報の吟味力」です。特にがん治療においては正しい情報を持っているかどうかは、患者の余命を大きく左右することがあります。がん患者は […]
  • 今日の一冊(94)『医療現場における行動経済学』今日の一冊(94)『医療現場における行動経済学』 タイトルだけを見ると「経済学の本?」と思われるかもしれませんが、書店でも経済の棚よりは、むしろ医学書の棚に置いた方がよい本です。 患者が合理的に判断することは難しい […]
0
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です