スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

無伴奏チェロ組曲

一足早く満開の桜。河津桜でしょうか?それとも陽光?


最近はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 プレリュードに挑戦している。

バッハの無伴奏チェロ組曲には、いろいろな版があるらしい。下はベーレンライター社のAugust Wenzinger編のもの。今はこれをやっている。最初から3つの音がスラーで、後は弓を1音ずつ返すのが最近のはやりかも。

Prelude1

他にも、カザルス版が2種類(アレクサニアンとトーベル校訂)とトルトゥリエ版などがあるらしい。トルトゥリエ版は2泊をスラーで弾く。

Tr2_2

カザルス版は最初の3つがスラー、アップダウンで又最後の3つがアップでスラーというパターン。

70b800wi_2

初心者にはどれが良いのか、わからんが、先生の選択でこうなった。

しかし、バッハは奥が深いなぁ。

 


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • what3wordsを使ってみた。これって広まるね。what3wordsを使ってみた。これって広まるね。 この3ワードアドレスがご指定の3メートル四方の位置を表します。こちらのリンクをクリックするか、この3ワードをwhat3words […]
  • 大阪府立成人病センターの50年 […]
  • アジサイの季節が巡ってきたら1年経ったアジサイの季節が巡ってきたら1年経った お昼は深谷市にある八ヶ岳蕎麦を石臼で挽き、十割蕎麦を食べさせる「そば遊歩」さんへ。竹藪の中の静かな佇まいの店です。 […]
  • 白内障対策でサングラス白内障対策でサングラス 1年前に白内障を指摘されて、まだ手術するほどではないといわれています。 治療はしておりません。目薬もあるが、気休め程度だと医者も言うので。 パソコンのブルーライトも、医者に言 […]
  • 「市民のためのがん治療の会」講演会 『がん医療への新たな挑戦』「市民のためのがん治療の会」講演会 『がん医療への新たな挑戦』 「市民のためのがん治療の会」講演会『がん医療への新たな挑戦』に参加しました。 会場に着いたのは13時前なのに、既に席は9割方埋まっていました。モニターを置いた別会場を用意したがそ […]
  • インスリンは同じ箇所に打ってはダメインスリンは同じ箇所に打ってはダメ インスリンをお腹などの同じ箇所に打ち続けると、固くなり、痛みが生じることがあります。 これ、糖尿病患者ならみんな知っていることだと思っていたのですが、そうでもないの […]
  • ホメオパシーとアンドルー・ワイル 朝日新聞でホメオパシー関連の記事やブログが連続しています。このブログでも話題になる前からホメオパシーへの批判を書いてきたのですが、実際これほどまでに世間に広まっているとは思ってい […]
  • 死ぬのは、がんがいい 中村仁一氏の『大往生したけりゃ医療とかかわるな』が評判になり、近藤誠氏は『がん放置療法のすすめ―患者150人の証言』が”私の総決算だ”という。その二人が対談をして『どうせ死ぬなら […]

無伴奏チェロ組曲” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ババリーナふじこさん。
    ラーメンズも徳澤青玄も知らなくって、すみません。
    検索するとなんかAnonymousとかが出てきました。これも知らないなぁ。
    いずれ私もCDを出したいと無謀な夢くらいは持っていますが、売れないよな。肩が治ったらこれまでがウソみたいにチェロを弾くのが楽です。気づかないうちに動作に制限がかかっていたのかもしれません。

  2. ババリーナふじこ より:

    チェロの音色。何とも言えませんね~。楽器で一番好きかもしれません。私が無伴奏チェロ組曲と出会ったのは、コントグループ『ラーメンズ』のDVDでした。伝説のライブ『鯨』の公演最終日に徳澤青玄と言う方が生演奏なさっていたのです。舞台の雰囲気にぴったりで、いつまでも余韻が・・・
    ところで、肩の回復も順調そうで、レッスンにもあまり支障のないご様子。安心しました。いつの日か、キノシタさんの演奏、聴いてみたいな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です