スポンサーリンク

チェロ発表会 Wind & Strings Concert 2011

LINEで送る
Pocket

_dsc2768

先週の信州での一枚。


昨日はチェロの発表会「Wind & Strings Concert 2011」とタイトルは仰々しいが仲間うちの発表会のようなもの。

4人で2パートに分かれてミシェル・コレットのソナタハ長調。繰り返しでパートを交代して全員が曲の全体を挽くことができるように構成した。終わっての感想? まぁ80点かなぁ。

Cello2

なによりも術後4年半で、こうして楽器演奏を楽しめることだけで幸せである。演奏がうまくいけば、なお幸せである。こちらは己の才能と練習次第だから、頑張ってもそれなりの運命が待ち構えている癌とはちがい、己の才能を呪うというわけにはいかない。

チェロを弾く上で難しいことは、ひとつの音から次の音にいかに到達するかを知ることだ。パブロ・カザルス

を実感した演奏会だった。知ることができても体がついていかないのだが。音を値切らないで弓を十分に使う。しかし次の音に出遅れない。で、かつ音のつなぎ目が不自然にならないように。人生いかに生きるべきかよりも、こちらの方が難問のような気がする。

みなさん自分のチェロを持参しているので控え室で楽器を取り替えて弾いてみたが、それぞれに音色が違う(あたりまえだが)。モンターニャは繊細で高音が澄んでいる。私のゴフリラーは低音の響きが朗々としている。他のモデルとはやはりひと味違う音作りだ。カザルスもゴフリラーであった。

ハ長調はチェロがもっとも豊の朗々と響く。バッハの無伴奏チェロ組曲第3番がハ長調であり、バッハが喜びを表現するときに好んで用いたキーであるそうだ。無伴奏組曲第3番のプレリュードは音のシャワーがほとばしる。ネタを明かせば、2009年カナダのケベック作家連盟文学賞を受けたエリック・シブリンの『「無伴奏チェロ組曲」を求めて ─ バッハ、カザルス、そして現代』に書いてあった。カザルスが弾くプレリュードを聴きながら書いているが、確かに音のシャワーがほとばしっている。

Cello1_2


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 膵臓がんの光免疫療法 オランダのフローニンゲン大学で治験膵臓がんの光免疫療法 オランダのフローニンゲン大学で治験   昨日の旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)に参加していたゆきおさんが、「膵臓がんの光免疫療法の治験がオランダで始まるようだから […]
  • 「文春砲」が炸裂したね「文春砲」が炸裂したね 山中伸弥教授のiPS細胞への補助金が打ち切られるというニュースが流れて、どうしたことかと気をもんでいたが、元通りに落ち着いたとの報道があり、ホッとしている。 この間何があっ […]
  • 緊急入院してます。緊急入院してます。 ブログも4日ぶりですか。前回の記事を書いている途中から気分が悪くなり、39度の発熱に悪寒がするようになりました。 9日の仕事は急遽休みの連絡を入れて、近くの外科クリ […]
  • がんと炎症の関係がんと炎症の関係 がんと炎症との関係について、私がその重要性を知るようになったのはシュレベールの『がんに効く生活』という書籍でした。「私のがん攻略法」には、これ一冊あればがん治療対策は十分だと書い […]
  • 暑いけど、バッテリー交換暑いけど、バッテリー交換 先日、車検でバッテリーが弱っていると指摘されました。前回の交換から4年半になるから、時期的にはそろそろですが、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK」はLEDがときどき […]
  • 科学的な視点が足りない科学的な視点が足りない 今朝の東京新聞の一面トップは中村祐輔先生の記事でした。 がん研有明病院では、新型コロナへの対応でがんの手術ができない病院の患者を受け入れ、週末にも手術する体制を組んでいる。 […]
  • 『命を救う!スゴ腕ドクター5』観ましたよ『命を救う!スゴ腕ドクター5』観ましたよ 手術ができるのは、膵臓がんが発見された患者の3割、そして術後の抗がん剤として上坂医師らが試験で証明したTS-1を投与して、5年生存率が24.4%から44.1%に上昇します。 […]
  • 日本発のライナック型メリディアンを江戸川病院が導入日本発のライナック型メリディアンを江戸川病院が導入 MRIdian Linac System 【クリーブランド2021年2月4日PR Newswire=共同通信JBN】ViewRay, […]
LINEで送る
Pocket

チェロ発表会 Wind & Strings Concert 2011” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    Hanedaさんも、確かチェロを弾かれるのでしたね。弦楽器は脱力が大切と言われますが、余計な力が入っていると筋肉の自由な動きが妨げられます。癌の闘病も同じような気がします。無理があるとどこかに影響が出る。思った効果が出ない。
    頑張りすぎると、反って逆効果です。脱力をして合理的な動作で目的を達する。武道や座禅にも同じ教えがありますから、人間の精神と体に共通した原理なのでしょう。
    やるべきことをやって、後は運に任せる。たまたまの幸運で与えられて時間を、癌との闘いだけに費やすのは勿体ない。Hanedaさんのお母さまも同じように考えているようですね。

  2. Haneda より:

    Wind & Strings Concert 2011のご成功おめでとうございます。写真を拝見致しました。お元気そうで嬉しくなります。
    渋峠は車で通りかかったことはあるのですが、下車したことがありませんでした。今度は車を止めて景色を楽しみたいと思います。
    我が家はなんというのか、父は膵臓でしたが、現在、母は切除した胆嚢がん(胆道がん)の肝臓への転移の治療を受けています。こちらのブログでご紹介いただいた本を読んで、食生活、サプリメントなど工夫しつつ、抗がん剤の治療を受けています。詳しく書けないのですが、今のところ良い効果がでておりまして通常の日常生活を送っております。闘病生活3年あまりです。本人は、堪え忍ぶみたいなところがない性格。子供達はずぼらで全くあてにならない。こういう環境がプラスに作用しているのかもしれません。今後のことは予想がつきませんが、良い経過をたどるようにと願って日々を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です