スポンサーリンク

奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった

LINEで送る
Pocket

千葉徳州会病院の副院長 浅原新吾先生のことは、NHK「あさイチ」のがんペプチドワクチンの報道でよくご存じでしょう。このブログにも何度か登場しています。

全国民必読・医療大特集 がん生還者の告白 元ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 相原誠(60歳)「でんぷん療法」で肝臓がんが消えた

現在ビジネス「賢者の知恵」に、元ダウン・タウン・ブギウギ・バンドのドラマーだった相原誠さんの記事が載っています。相原さんが余命3ヶ月の肝臓がんと診断されたとき、奥さんが国立がんセンターと間違えて、その当時は大塚にあった癌研病院でセカンドオピニオンを受けた。その時の主治医が浅原先生。肝臓に抗がん剤を注入したあとデンプンで蓋をする「デンプン療法」で末期の肝臓がんが完全に治癒してしまったという症例が紹介されています。

相原氏が受けた「でんぷん療法」は、おおまかに説明すると次のとおりだ。鼠径部(脚の付け根)からカテーテルという細い管を肝動脈まで挿入して抗がん剤を注入し、薬を閉じ込めるためにでんぷんで肝動脈に蓋をする。でんぷんが溶けるまでの約1時間、肝臓のがんへの血流が止まるため、抗がん剤の局所濃度を高めることができるのだ。
効果が高く、副作用がない

 標準治療の「肝動脈塞栓療法」は、溶けにくいゼラチンスポンジを肝動脈に詰めるため、一度蓋をすると数週間血流が途絶えることになる。それと比較すると、でんぷん療法は短時間の血液遮断で済むので肝機能へのダメージが少なく、繰り返し抗がん剤治療が可能となる。また、点滴や経口投与の抗がん剤治療に比べ、局所的に薬を注入できるので、治療効果が高く、副作用が軽い。

これは一種の低用量抗がん剤治療法ですね。局所には大量に、しかし全体量は少なく、しかも繰り返し行えるから副作用も小さい。「デンプン療法」は少し誤解を受けそうな命名ですね。

がんには時として「奇跡」が起きるから不思議です。ただし、「私に奇跡が起きて欲しい」と願っている人にはやってきませんね。相原さんも「どうでもいいや」と思っているとそれがやってくる、ようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 前向きに生きることが、治癒につながる前向きに生きることが、治癒につながる プレハビリテーションのクラウドファンディング 佐藤典宏先生が立ち上げている、プレハビリテーションのクラウドファンディング、 目標の90%以上を達成して、220万円ま […]
  • 筋肉トレーニングでがんの死亡率が31%減少 週に2回以上の筋肉トレーニング シドニー大学の研究グループの発表では、週に2回以上の筋力トレーニングを行っている方は、していない方に比べて、全ての死因における死亡リスクが2 […]
  • 志賀高原・渋峠で百歳まで生きる自信が・・・志賀高原・渋峠で百歳まで生きる自信が・・・ 3連休は初日と2日目が雨で、天気予報では3日目の11日は曇りのち晴れの予報だった。「がんと自己組織化臨界現象(3)」の記事をアップして、あたふたと前日10日の22時に車で出発。行 […]
  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • アライブ第10話:膵臓がんの手術は手術数の多い病院でアライブ第10話:膵臓がんの手術は手術数の多い病院で アライブ第10話は、ボーダーライン膵癌の方でした。術前の化学療法で腫瘍が縮小した結果、手術ができるようになったのですね。 「膵癌診療ガイドライン」でも治療アルゴリズムでそ […]
  • 観ました「地球交響曲第7番」、霊性について がんになる前は、東京都写真美術館には良く足を運んだものでした。数々のすばらしい写真展を観てきましたが、しかしここしばらくは足が遠のいていました。『地球交響曲第7番』を鑑賞するため […]
  • 福田内閣支持率25%に福田内閣支持率25%に 抗癌剤の最後の投与が先週終わった。3日くらいは気分が悪くて仕事もろくに手につかなかった。これからは月に一度程度の診察で経過観察。私にできることは、ストレスのない生活と玄米菜食で食 […]
  • なかにし礼『生きる力』なかにし礼『生きる力』 鷲神社の、なでおかめをSPPのモノクロモードで ステージ2Bの食道がんを、陽子線治療でCR(完全奏功)を勝ち取ったなかにし礼氏の『生きる力 […]
LINEで送る
Pocket

奇跡のデンプン療法は低用量抗がん剤治療だった” に対して1件のコメントがあります。

  1. 山口つとむ より:

    すい臓がん、5年生存を超えられて、おめでとうございます。
    私は大腸がん予後と難治性C型肝炎がありますので、
    この記事は、さきざきの用意として、とても参考に
    自分のブログにコピペさせていただきます。
    それと、さしつかえなければ、
    木下さんが食事について気をつけておられこと
    例えば、1日2食とか、糖質制限とか、玄米菜食とか
    ありましたら、記事にしていただけないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です