スポーツは健康に悪い


Pocket
LINEで送る

錦織選手の活躍が注目されています。すばらしいテクニック、プレッシャーに負けない強靱な精神、なによりも笑顔が良い。しかし、スポーツ選手は常に怪我とも闘わなくてはならない。

昨日も肩の手術後のリハビリにいった。この病院には学生やプロスポーツマンもたくさんリハビリに来ている。

力士が短命なことはよく知られている。テニス選手には「テニス肘(上腕骨外側上顆炎)」という宿命がある。接待ゴルフで無理をして急死することもニュースになる。だから、スポーツは健康に悪い。健康増進のためならスポーツはしない方が良い。特に「勝負」のかかったスポーツは命を縮める。

がんになったとたんに、頑張って無理な運動を始める患者がいるが、逆効果になるかもしれない。

以外かもしれないが、スポーツ選手は風邪をひきやすい。

急に激しい運動をすると筋肉痛になるが、これは、白血球が激しい運動を外敵の襲来と勘違いして、活性酸素を大量につくるからです。さらに、激しい運動を外敵の襲来と勘違いした脳は、被害を減らそうとして副腎皮質に対し、ストレスホルモンである糖質コルチコイドの分泌を指令します。
このホルモンにはリンパ球を減らす作用があります。その結果、ウイルスに対する免疫力がガクンと落ちて、風邪を引きやすくなると考えられている。

早大スポーツ科学学術院鈴木克彦准教授は次のように述べている。

アスリートの体の中では筋組織の過剰な炎症を起こさないように、免疫の力を抑えようとするメカニズムが働きます」。激しい運動をした後には筋組織が損傷を受ける。この損傷を治そうと働くのが免疫システム。この働きによって脹れや痛みなどを伴う炎症が生じるのだ。ところがスポーツ選手のように毎日筋肉を酷使していると、なるべく炎症を起こさないように体の中で免疫反応が抑制されるようになる。この状態が続けば炎症は起こりにくくなるものの、ウイルスや病原菌などの“外敵”がやってきた時、免疫力が適切に発揮されない事態が起こってしまうのだ。 

適度な運動は免疫の力を高め、風邪など感染症のリスクを軽減します。ところが過度の運動は逆に免疫能を弱め、感染しやすくしています。

ストレスを受けることでアドレナリンが分泌されると、心臓の拍動が強められ、リンパ節や脾臓(ひぞう)に蓄えられている免疫細胞であるNK細胞が一気に血液中へ放出されます。この急激なNK細胞の増加は一時的なもので、その後はリバウンドによって運動前よりも低下した状態となり、かえって感染リスクが高まるのです。

激しい運動を続けていると免疫力が低下して、細菌やがん細胞と闘う力が低下してしまうのである。

20150515_09_58_21_2

強化合宿中のラグビー選手の健康状態を1カ月間調べた結果では、普段は体の奥に潜伏しているEBウイルスが、32人中27人で活性化。その直前には、病原体から体を守る免疫グロブリンA(IgA)の分泌量の低下も確認された。また、IgAが下がるにつれて、のどの痛みや咳などのカゼ症状の出現数も増加した(右のグラフ)。つまり、強化合宿中にはそれだけ免疫力が落ちたというわけだ。

「20分から1時間程度歩くだけで、ナチュラルキラー(NK)細胞の活性が高まる。ウォーキングなど無理のない運動を日常的に続けることで、免疫力を高めることができる」と話すのは、順天堂大学医学部免疫学講座の奥村康特任教授だ。

「がん生存者のためのガイドライン(第4版)」(邦訳版は『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』)には、膵臓がんなどの上部消化器官の癌に関しては、食事と運動にかんしては確実な情報が無いため、可能な限り「がん予防のための栄養と運動に関する米国対がん協会ガイドライン(2012年)」に従うようにしましょう、と書かれている。

そのガイドラインでは、

生涯を通じて、健康体重を達成し維持しましょう。

  • 生涯を通じて、やせにならない範囲で、できるだけ体重を減らしましょう。
  • すべての年代で、過剰な体重増加を避けましょう。過体重や肥満の人にとって、すこしの体重減少であっても健康に有益であり、よい出発点となります。
  • 健康体重を維持する手がかりとして、定期的に運動し、高カロリーの食物や飲み物の摂取を制限しましょう。

運動をしましょう。

  • 成人:1週間に中等度の運動を150分間、または、強度の運動を75分間(または両者の組み合わせ)を、できれば1週間を通して偏らないように行いましょう。
  • 小児と青少年:毎日、中等度または強度の運動を1時間以上行い、強度の運動を1週間に3日以上行いましょう。
  • 椅子に座る、寝転ぶ、テレビを観る、映画やコンピュータなどの画面を見る娯楽などの、非活動的な行動を少なくしましょう。
  • 普段の運動量が高くても低くても、普段以上の運動を行うことで、多くの健康上の利益が期待できます。

植物性の食物に重点を置いた、健康的な食事を摂りましょう。

  • 食物と飲み物を選ぶ際には、健康体重を達成し維持するのに役立つだけの量にしましょう。
  • 加工肉や赤肉の摂取を少なくしましょう。
  • 毎日2.5盛り以上の野菜と2.5盛り以上の果物を食べましょう。
  • 精製穀物製品の代わりに全粒穀物を選びましょう。

※1盛り:1/2カップの調理野菜、1/2カップの細切れ果物、1/4カップのドライフルーツ、1個の新鮮な果物(中程度のリンゴ、バナナ、オレンジ)、1カップの緑の葉の生野菜。1カップは250ml。

飲酒する場合は、量を制限しましょう。

  • 女性は1日1ドリンク、男性は1日2ドリンクを限度としましょう。

となっている。「中程度の運動」の例は次のようなものがある。

Img_0001

がん患者がホノルルマラソンに参加したとかのニュースが美談として報じられるけど、首をかしげざるを得ません。大丈夫かいな。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • “おなら”と がん“おなら”と がん 膵体尾部の切除をした後、便とおならがものすごく臭った。私がトイレに入った後は、家族の誰もがいやがった。潰瘍性大腸炎でもおならが臭くなるそうだ。つまり、術後の炎症、潰瘍性大腸炎とも […]
  • NHKスペシャル 「キラーストレス」NHKスペシャル 「キラーストレス」 がんの告知を受けた患者は、さらに大きなストレスに曝されます。免疫系の活動が弱体化して、がん細胞の増殖がより早くなるのです。 またストレスホルモンは、免疫細胞のATF3遺伝子 […]
  • 緑茶で死亡率減少:がん研究センター緑茶で死亡率減少:がん研究センター 国立がん研究センターの多目的コホート研究で、緑茶・コーヒーと死亡率の関係が明らかにされました。 解析の結果、緑茶を1日1杯未満飲む群を基準として比較した場合、1日5杯以上の群の […]
  • NHKスペシャル がん~人類進化が生んだ病~NHKスペシャル がん~人類進化が生んだ病~ 儀明の棚田 昨夜のNHKスペシャル『がん~人類進化が生んだ病~』を興味深く見た。なかでも、メラトニンとビタミンDが取り上げられていたことだ。ともに私が手術後 […]
  • 今日の一冊(9)『がんを生きよう』今日の一冊(9)『がんを生きよう』 この本は"絶対"のお勧めです。 がんを生きよう―あなたのT細胞が治療の主役ですposted with ヨメレバ 伊東恭悟 医学と看護社 […]
  • 運動で、がん細胞が消える運動で、がん細胞が消える 本日7日付の日経新聞「今どき健康学」に、運動がASC遺伝子のメチル化と関係していて、運動すればメチル化率が高くなり、若返り効果があると紹介されている。 またASC遺伝子は細 […]