がんと免疫

スポンサーリンク
【日 時】2019年2月11日(建国記念日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】500円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 100名
【内 容】
●講演:まさじさん「介護士の父ちゃん、自家がんワクチン受けてみました」(不良サバイバーフラリーマン白書)
●患者さんどうしの情報交換

参加申込みとオフィシャルサイトはこちら

Pocket
LINEで送る

昨夜のテレビ東京『主治医が見つかる診療所』を視聴しました。がんになった医師がやっていること=共通しているのは→「適度な運動」

がん患者には、やはり運動ですよね。そして食事療法。免疫力を低下させないためにストレス解消もありました。

がんと免疫の関係について少し考察。

これまでにさまざまな免疫療法が考案され、ことごとく失敗してきました。だから、免疫だけでがんと闘えるの? がん細胞が免疫を抑制した結果大きくなったのだから、いまさら免疫力を高めたって手遅れでしょ。という意見が圧倒的でした。一方で、いや、人の免疫力の底力は凄いのだから、さまざまな障害を取り除いてやればがんともっと上手に闘うはずだし、がんを一晩で消してしまうことすら夢ではない、という免疫信仰?に近い考えもあります。

もちろん私も、後者のそれに近い考えです。

そしてここに来て、話題の免疫チェックポイント阻害剤によって、免疫が正しく働けば、がんは消えるということが確かめられるようになったのです。

ロハス・メディカルの1月号が良い記事を載せています。

20160119_18_25_06

免疫チェックポイント阻害剤は、がん細胞をやっつける薬ではなく、がん細胞がキラ-T細胞に悪さをしてがん細胞と闘うのを放棄するように仕向けていたのを、解除して、本来の働きをするようにする薬なのです。

キラーT細胞などの免疫細胞が、本来の力を発揮すると凄いことができてしまう。なのでいま、製薬企業も驚いて、躍起になって柳の下の土壌を探しているわけ。

奇跡的な治癒にも免疫力が作用しているのはまちがいないところでしょう。まだまだ人類は、自分の身体の神秘について分からないことばかりです。

自分の免疫細胞を取りだして、外で培養して数を増やし体内に戻す。これだけの免疫療法では、がん細胞がしかけた『免疫抑制』は解除できませんからね。効かないはずですよ。

しかし、今後は「免疫療法?そんなの効かないよ」と一笑に付することはできなくなりますね。

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 再発したら抗がん剤は使わない 再発・転移したときの選択肢としては、抗がん剤を使うのかどうかです。手術できない場合は、抗がん剤で転移したがんが治ることはほとんどありません。乳 […]
  • CRP値にはもっと関心を持って欲しいCRP値にはもっと関心を持って欲しい CRPとは 血液検査の結果に「CRP」という項目があります。 C反応性蛋白:C反応性蛋白の産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のC反応性蛋白を定量して炎症反応の指 […]
  • 緩和ケアと抗がん剤の止めどき緩和ケアと抗がん剤の止めどき 抗がん剤はいつまで続ければ良いのでしょうか。抗がん剤の「止めどき」の判断は難しいですね。「今のが効かなくなったら、次の抗がん剤。その次の・・・」と、なんとかもう少し延命したいと考 […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸 […]
  • がんの自然退縮ってどれくらいあるの?がんの自然退縮ってどれくらいあるの? 自然退縮は結構ある 治らないがんを宿した患者なら、誰しも「自分のがんだけは奇跡的に治って欲しい」と願うものです。そして、がんの「自然治癒」「自然寛解」「自然退縮」という現象 […]
  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(4)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(4) マーク・トウェインは「世の中には3種類の嘘がある: […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です