「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


10/23『膵臓がん患者と家族の集い』

【日 時】2022年10月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザPiO 6階D会議室
【参加費】1,000円(会場1への参加者のみ)
【会場2】YouTubeでのオンライン同時配信:参加費は無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【定 員】合計 約 100名
【内 容】
第1部 講演:「膵臓がんから15年、治った理由」木下義高
第2部 患者さん同士の情報交換・交流会
リアル会場での参加とYouTube同時配信のハイブリッド開催となります。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』

すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて

すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて

桃田 清友
Amazonの情報を掲載しています

肝臓転移の末期の膵臓がん(ステージⅣb)が、ジェムザールとTS-1の併用療法(GS療法)で腫瘍が縮小して手術ができ、5年を経過した桃田清友さんの闘病記。

2010年7月の定例の健康診断で膵体部に3センチの腫瘍が見つかり、肝臓にも一個の転移があると診断。ステージはⅣb。手術派できず抗がん剤治療をする。

GS療法が効果が出て、腫瘍が2.8センチから1.4センチに縮小、肝臓の転移巣も0.9センチから0.5センチに縮小したので、外科手術を行なう。その際、「9割は再発・転移となり、その後はより進行が早くなる」と告げられる。

手術は成功したが、半年後に肝臓への転移が見つかる。幸いにも手術が適用できて術後抗がん剤として同じGS療法を行なう。その間2回の手術を経て、24クールで抗がん剤はいったん終了。

悪性黒色腫になるというおまけも克服して、治療開始から5年後の「完治」宣言。

桃田さんも、膵臓がんと言われたときに、素直に「死」を受入れる準備をした。リビング・ウィルを書き、生き方・考え方を変えた。

アルバイトで新聞の集金業務を始め、毎日のウォーキングを欠かさず、主ものからオケにも熱中する。そのような生き方が5年生存につながったのでしょう。

ケリー・ターナーの『がんが自然に治る生き方』も参考になったと記している。

いくつかの幸運も重なったのでしょうが、ステージⅣbからの完治は素晴らしいの一語に尽きます。

Twitterでもこんな例もある。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す