スポンサーリンク

今日の一冊(58)『すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて』

LINEで送る
Pocket

すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて

すい臓がん・悪性黒色腫を乗り越えて

桃田 清友
1,320円(04/17 05:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

肝臓転移の末期の膵臓がん(ステージⅣb)が、ジェムザールとTS-1の併用療法(GS療法)で腫瘍が縮小して手術ができ、5年を経過した桃田清友さんの闘病記。

2010年7月の定例の健康診断で膵体部に3センチの腫瘍が見つかり、肝臓にも一個の転移があると診断。ステージはⅣb。手術派できず抗がん剤治療をする。

GS療法が効果が出て、腫瘍が2.8センチから1.4センチに縮小、肝臓の転移巣も0.9センチから0.5センチに縮小したので、外科手術を行なう。その際、「9割は再発・転移となり、その後はより進行が早くなる」と告げられる。

手術は成功したが、半年後に肝臓への転移が見つかる。幸いにも手術が適用できて術後抗がん剤として同じGS療法を行なう。その間2回の手術を経て、24クールで抗がん剤はいったん終了。

悪性黒色腫になるというおまけも克服して、治療開始から5年後の「完治」宣言。

桃田さんも、膵臓がんと言われたときに、素直に「死」を受入れる準備をした。リビング・ウィルを書き、生き方・考え方を変えた。

アルバイトで新聞の集金業務を始め、毎日のウォーキングを欠かさず、主ものからオケにも熱中する。そのような生き方が5年生存につながったのでしょう。

ケリー・ターナーの『がんが自然に治る生き方』も参考になったと記している。

いくつかの幸運も重なったのでしょうが、ステージⅣbからの完治は素晴らしいの一語に尽きます。

Twitterでもこんな例もある。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • 今日の一枚:夜のカフェ今日の一枚:夜のカフェ 外観を黒で統一したおしゃれなカフェ。マンションの一階でオーナーが趣味でやっているような、めったに客を見ないカフェです。 夏場はカフェの前にテーブルを出してかき氷なども提供し […]
  • AIで膵臓がんを分子レベルで見分けるAIで膵臓がんを分子レベルで見分ける ビッグデータ、AI・・・医療の分野も人工知能や機械学習が応用され、個別化医療がますます広がる様相になってきました。 機械学習の「教師なし学習」を使って、膵臓がんを分子レベル […]
  • がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院 小林久隆氏が開発したがん光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいます。この対象は、再発した頭頸部がんの患者を対象に、安全性を確認する試験です。 がん光免疫療法を紹介 […]
  • 混合診療の対象:42の抗がん剤混合診療の対象:42の抗がん剤 がん研究センターの集計によると、国内未承認薬等を混合診療として使えるようにする「患者申出療養(仮称)」の対象となる抗癌剤が、1月末時点で42剤に上るとのことです。 この内容 […]
  • ビタミンDは免疫系を活性化するビタミンDは免疫系を活性化する またまたビタミンDに関する研究成果です。このところ多いですね。大腸がんに関する研究ですが、もちろん膵臓がんへの効果も期待できます。 ビタミンDは免疫系を活性化するこ […]
  • ECRR2010年勧告の概要・和訳完成 ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告の翻訳は、こちらの美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会にアップされているが、このほど山内和也氏の監修の元、書籍としても出版さ […]
  • 治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリノテカン注射剤が米国で承認 期待が膨らむニュースなのでコピペ。わずか2ヶ月の延命ですが、GEMに耐性ができたときのセカンドラインとしてエビデンスが出てきた。 『治療歴のある転移性膵癌を対象にリポソーム化イリ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です