スポンサーリンク

「がん撲滅サミット」に苦言、さて?

第54回日本癌治療学会学術集会」が10月20日からパシフィコ横浜で開催されます。22日(土)の市民公開講座「がん撲滅サミット」には、銀座並木通りクリニック 院長 三好立先生が『少量抗がん剤治療の名医』として登壇しますね。公開セカンドオピニオンを受付けています。

開催を妨害

ところで、このサミットのメンバーに対して、卵巣がん体験者の会スマイリーが、疑問を呈した文書を提出したそうです。

文書の内の一部にはこう書かれています。

今回、市民公開講座として提供される「がん撲滅サミット2016」の関係者や当日壇上に上がるパネリスト等のなかには、長年にわたり有効性安全性が確かではない治療法を「身体にやさしい」とか「画期的な治療法」と謳い自費診療として患者に行なってきた医療機関の医師がいます。こうした医師を「トップガン」などとして「公開セカンドオピニオン」などするようなシンポジウムを本当に日本癌治療学会が市民に対して提供してよいのでしょうか?

パネリストの中で該当しそうな先生は、上にあげた三好立先生、「動脈塞栓術を中心とした体に優しいがん治療」を展開しているIGTクリニック院長 堀信一先生でしょうか。

スポンサーリンク

20161004_13_14_21

20161004_13_14_32

お二人とも、すい臓がんのブログで何人かの方が触れている医師ですね。先日の旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)でも、ある方に銀座並木通りクリニックはどうですか、と紹介したものでした。

エビデンスのない治療法は勧められない。これは正論です。しかし、エビデンスの存在しない病気、病態になった場合(例えば、ステージ4で腹膜播種、肝転移がある場合の抗がん剤は何を使うか?)には、患者は治療をあきらめなければならないのでしょうか?

セカンドライン(最初の薬が効かなかったとき)の抗がん剤には、一部の癌を除いてエビデンスはありませんよ。でもがん拠点病院で日常的に投薬されています。

エビデンス至上主義では現場の医療は廻らない。患者の希望に添うことも難しいと思うのですが、さて、皆さんはどう考えますか?

免疫療法もインチキ・クリニックは多いですが、この辺りは評価が分かれるところでしょうか。私の場合だったら・・・、う~ん、瀬田クリニックには行かないね。「がん相談 蕩蕩」は、中川恵一がいるだけで、インチキ臭い。

代替医療の相談を受けたときは、本当に悩みますね。「エビデンスはありません。標準治療を勧めます」とか「あとは緩和医療でしょう」と言えれば簡単なんですよ。標準治療で効果がないから相談しているのに、って叱られますからね。スマイリーは素晴らしい活動をされている患者団体です。かたぎさんの意見の多くには賛成です。でも、それだけでは割り切れないのですよね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 親鸞と複雑系科学親鸞と複雑系科学 昨年の4月25日の東電・保安院の外国人記者向けの会見に、一人も記者が出席しなかったとの報道がありました。普通の人間の感覚なら、記者会見を中止するのでしょうが、原子力保安院の方々は […]
  • 問われる真偽 ホメオパシー療法問われる真偽 ホメオパシー療法 本日の朝日新聞「be […]
  • 【衝撃】がんペプチドワクチン、再び有効性示せず【衝撃】がんペプチドワクチン、再び有効性示せず 「サイエンス」誌の、今年の最重要研究成果に「がん免疫療法」が選ばれたとのニュースがあった同じ日に、がっかりする否定的なニュースです。 オンコセラピー・サイエンス社のC01を […]
  • 高齢のがん患者は早く死ねか?高齢のがん患者は早く死ねか? 毎日や読売が報じていますが、高齢がん患者には抗がん剤治療の効果が疑わしいから、調査をするとの方針だ。 確かにガイドラインやエビデンスの元となる臨床試験の対象 […]
  • PCR検査の感度は100%PCR検査の感度は100% 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が一ヶ月延長されました。 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は4月22日、医療提供体制とPCR検査体制につい […]
  • 玄米は炎症を抑え、がんに効く玄米は炎症を抑え、がんに効く 安西さんの「米国統合医療レポート」の紹介です。「全粒穀物で炎症レベルが低下」で、体内の炎症レベルを反映するCRP値と全粒穀物の摂取量との関係を調べたメリーランド州の研究者の調査結 […]
  • Twitterで懐かしい名前が・・・Twitterで懐かしい名前が・・・ Twitter […]
  • 「一日一万歩」は健康に悪い!「一日一万歩」は健康に悪い! よく一日一万歩歩け、と言いますが、かえって健康にはよくないという説があります。 「1日1万歩で健康になる」は大きなウソだった 東京都健康長寿医療センター研 […]

「がん撲滅サミット」に苦言、さて?” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    hanaさん。
    がん治療学会の講演、三好先生のブログでも紹介されていましたが、好評だったようですね。
    さて、そうすると同じ学会で発表したニャンコ先生と同じ立場になったわけで、ある程度のエビデンスが得られたということになるのでしょうか。
    エビデンス至上主義では、がん難民を救えないことがなぜ分からないのでしょうかね。
    高橋豊先生のように、もっとたくさんの研究発表をされていても、有効なエビデンスとは認めないようですから、RCT一辺倒の石頭にも困ったものです。

  2. hana より:

    はじめまして。こんばんは。
    撲滅サミットから外れることになった三好先生ですが、学会の発表は取り下げなど
    変更がなかったので、たまたまですがお話を聞いてまいりました。
    さぞかし居心地の悪い発表だったかと察しますが 事例を交え、
    行き場がなくなった人を救いたいのだと感じるとてもわかりやすいお話でした。
    標準治療を終えてがん難民になってしまった人が主な患者さんです。
    インチキだと批判する医師もいますが、効いてるんだか効いてないんだかわかない
    投与をする先生なんてたくさんいるのになぜ少量抗がん剤だけ批判されるのか
    分からないな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です