スポンサーリンク

「がん撲滅サミット」に苦言、さて?

LINEで送る
Pocket

第54回日本癌治療学会学術集会」が10月20日からパシフィコ横浜で開催されます。22日(土)の市民公開講座「がん撲滅サミット」には、銀座並木通りクリニック 院長 三好立先生が『少量抗がん剤治療の名医』として登壇しますね。公開セカンドオピニオンを受付けています。

開催を妨害

ところで、このサミットのメンバーに対して、卵巣がん体験者の会スマイリーが、疑問を呈した文書を提出したそうです。

文書の内の一部にはこう書かれています。

今回、市民公開講座として提供される「がん撲滅サミット2016」の関係者や当日壇上に上がるパネリスト等のなかには、長年にわたり有効性安全性が確かではない治療法を「身体にやさしい」とか「画期的な治療法」と謳い自費診療として患者に行なってきた医療機関の医師がいます。こうした医師を「トップガン」などとして「公開セカンドオピニオン」などするようなシンポジウムを本当に日本癌治療学会が市民に対して提供してよいのでしょうか?

パネリストの中で該当しそうな先生は、上にあげた三好立先生、「動脈塞栓術を中心とした体に優しいがん治療」を展開しているIGTクリニック院長 堀信一先生でしょうか。

20161004_13_14_21

20161004_13_14_32

お二人とも、すい臓がんのブログで何人かの方が触れている医師ですね。先日の旧『すい臓がんカフェ』(現在は『膵臓がん患者と家族の集い』)でも、ある方に銀座並木通りクリニックはどうですか、と紹介したものでした。

エビデンスのない治療法は勧められない。これは正論です。しかし、エビデンスの存在しない病気、病態になった場合(例えば、ステージ4で腹膜播種、肝転移がある場合の抗がん剤は何を使うか?)には、患者は治療をあきらめなければならないのでしょうか?

セカンドライン(最初の薬が効かなかったとき)の抗がん剤には、一部の癌を除いてエビデンスはありませんよ。でもがん拠点病院で日常的に投薬されています。

エビデンス至上主義では現場の医療は廻らない。患者の希望に添うことも難しいと思うのですが、さて、皆さんはどう考えますか?

免疫療法もインチキ・クリニックは多いですが、この辺りは評価が分かれるところでしょうか。私の場合だったら・・・、う~ん、瀬田クリニックには行かないね。「がん相談 蕩蕩」は、中川恵一がいるだけで、インチキ臭い。

代替医療の相談を受けたときは、本当に悩みますね。「エビデンスはありません。標準治療を勧めます」とか「あとは緩和医療でしょう」と言えれば簡単なんですよ。標準治療で効果がないから相談しているのに、って叱られますからね。スマイリーは素晴らしい活動をされている患者団体です。かたぎさんの意見の多くには賛成です。でも、それだけでは割り切れないのですよね。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • タイムドメインスピーカー Jupity301タイムドメインスピーカー Jupity301 由井啓之氏の提唱する「タイムドメイン理論」に基づいて設計された「BauXar ボザール […]
  • 末期がんでも治るのか?末期がんでも治るのか? がん治療の現場で活躍している二人の医師の記事をもとに、「末期がん、転移したがんでも治るのか?」を考えてみた。 はじめに勝俣範之医師の日経メディカルに掲載された『「抗がん剤は […]
  • 免疫細胞療法は斜陽産業免疫細胞療法は斜陽産業 https://twitter.com/michiiwasawa/status/1250780000590065666 湘南メディカルクリニック新宿院が5月末で閉院し […]
  • パナマ文書の技術的側面パナマ文書の技術的側面 今朝はパナマ文書のニュースがトップになっていました。 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)のサイトで一部が公開されましたが、日本関連では設立された24の法人の […]
  • 水筒を紛失したので買い換えた。水筒を紛失したので買い換えた。 先日横浜で散歩写真の際に持っていった携帯水筒(真空マグ)を紛失した。 どうやらレンタサイクルの前籠に置き忘れてきたみたいです。暑さのせいで惚けているのかなぁ。 この暑さですか […]
  • 膵がんには2種類ある膵がんには2種類ある                     お散歩デジカメ ネコに注意! 「子供」や「熊」に注意というのはよく見るのですが・・・・・・。 膵臓がん(膵がん)の診療・研究で世界を […]
  • 栄養を摂らないと膵臓がんは長生きできないよ栄養を摂らないと膵臓がんは長生きできないよ 膵臓がんでゲルソン療法とか、大量のジュース療法があります。患者の選択権として、私はべつに否定はしませんし、患者が納得しているのならよいと思います。でもそれらにはきちんとしたデータ […]
  • がんと無力感-心の力がんと無力感-心の力 心理的なストレスは、がんを育てる環境に大きな影響を与える。ストレスは炎症反応を促進し、がん細胞は炎症反応を利用して増殖する。多くのがん患者が、がんの告知を受ける数 […]
LINEで送る
Pocket

「がん撲滅サミット」に苦言、さて?” に対して2件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    hanaさん。
    がん治療学会の講演、三好先生のブログでも紹介されていましたが、好評だったようですね。
    さて、そうすると同じ学会で発表したニャンコ先生と同じ立場になったわけで、ある程度のエビデンスが得られたということになるのでしょうか。
    エビデンス至上主義では、がん難民を救えないことがなぜ分からないのでしょうかね。
    高橋豊先生のように、もっとたくさんの研究発表をされていても、有効なエビデンスとは認めないようですから、RCT一辺倒の石頭にも困ったものです。

  2. hana より:

    はじめまして。こんばんは。
    撲滅サミットから外れることになった三好先生ですが、学会の発表は取り下げなど
    変更がなかったので、たまたまですがお話を聞いてまいりました。
    さぞかし居心地の悪い発表だったかと察しますが 事例を交え、
    行き場がなくなった人を救いたいのだと感じるとてもわかりやすいお話でした。
    標準治療を終えてがん難民になってしまった人が主な患者さんです。
    インチキだと批判する医師もいますが、効いてるんだか効いてないんだかわかない
    投与をする先生なんてたくさんいるのになぜ少量抗がん剤だけ批判されるのか
    分からないな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です