新年の誓い10か条

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

Evernoteのテンプレートに「新年の誓い10か条」というのがあったので、誓いをたててみた。

Image_002

穆如清風(ぼくじょせいふう)とは、

『穆として清風の如し』と読む。『詩経』の烝民の詩の中の一句である。作者尹吉甫は周の宣王に事えた名臣だが、弱きものをしいたげず、強きものを恐れず、治績が多かった。しかるに其の功を私せず、宣王の徳は和穆清風の万物を感化するようだとたたえているのである。

中田力氏の著作『穆如清風(おだやかなることきよきかぜのごとし)―複雑系と医療の原点』のタイトルでもある。

医療における不確定性は、複雑系のもたらす予想不可能な行動に由来し、実際にやってみないと結論が出せないことで満ちている。そして、やってみた結果が予想と反することなど日常茶飯事である。

それでも、現実的には、病に悩む人々に複雑系の理論を説いて納得を促すことは無理である。現場の臨床医は神に尋ねることも許されず、医学にすべてを委ねるわけにもいかず、不確定さを理解した上で、患者の選択すべき道を決定論的に示さなければならない。もっとも適切な選択は経験則だけが教えてくれる。しかし、それが必ず良い結果を生むとは限らない。だからこそ医療は、医師と患者との間に、ある種の盲目的な信頼関係がなければ成り立たないのである。

医師は神であってはならない。しかし、同時に、単なる人間であってもその責務は果たせないのである。(中田力『穆如清風-複雑系と医療の原点』より)

他人から評価されなくても泰然としていろ。がんが治るか治らないかなんて、自分の力の及ばないことに悶々とするな。関心のある領域にエネルギーを注ぐのでなく、影響を与えられる領域にこそ力を集中しろ。

ま、そういうことですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
  • 赤城山と谷川温泉赤城山と谷川温泉 2週間前には谷川岳の一ノ倉沢に行ってきたが、今回は妻と2人で赤城山と谷川温泉へ。 白樺牧場。あいにく牛さんにいなかった。 赤城山大沼の気温は5度、 […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 今日の一冊(37) 田舎移住の2冊今日の一冊(37) 田舎移住の2冊 今回読んだ本は、偶然にも高知に「田舎移住」した2人。 この本は、元東京電力 […]
  • 10万年後10万年後 頭のいい専門家が集まって議論すると漫才ネタになるということか。 制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針 地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深 […]
  • シベリウスのヴァイオリン協奏曲シベリウスのヴァイオリン協奏曲 シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、ベートーベンのそれと同じ程度に私の好きなヴァイオリン協奏曲だ。どちらかと言えばシベリウスのほうが、北欧の雰囲気を感じさせて、好みだと言える。シベ […]
  • がんとストレス:マインドフルネス瞑想法で対処できるがんとストレス:マインドフルネス瞑想法で対処できる   持続する大きなストレスは、がんのリスクを高くします。がん患者の再発や転移の起こりやすさにも関係しているようです。 その理由と対処法は・・・。 闘争・逃走反応 スト […]
  • ペプチドワクチンで腫瘍が増大することがある 退院して6日目です。何とか、本来の体調に戻ってきたようです。 グラフィック・メディカル・マガジン「Mebio」12月号が「がん免疫療法の進歩と問題点」を特集しています。中村 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です