神奈川県立がんセンターのいざこざ

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

Img_facilities05

神奈川県立がんセンターの放射線医が一斉に退職するというニュースですが、イマイチ分かりづらいです。

で、何があったのでしょうか。

神奈川県の公式サイトに『神奈川県立がんセンターの放射線治療について』との調査結果(記者発表資料)が掲載されています。

2 医師退職の主な理由
○ 退職医師らが退職を決意した最も大きな理由は、放射線治療科に長年勤務していた医師が外部機関に研修派遣され、退職に至ったことである。
○ 当該医師の研修派遣を巡っては、研修派遣の理由や必要性、派遣時の処遇、派遣復帰後のポスト等について、病院機構本部と当該医師との認識に大きな相違があった。

○ このように両者の認識が異なったまま研修派遣命令が出され、その結果、医師は退職するに至ったが、この一連の過程で、病院機構本部から当該医師や退職医師らに対し、十分に納得のいく説明はされなかった。
○ こうした対応により、当該医師とともに放射線治療に当たっていた退職医師らは、自分達もいつ同じような目にあうかもしれないとの不安を抱くこととなった。
○ また、退職医師らの中には、当該医師のもとで学ぶために着任した医師もおり、それらの医師にとっては、がんセンターで治療に携わる意義や意欲が大きく低下することにもなった。
○ このような研修派遣を巡る対応のほか、病院機構の監査・コンプライアンス室では医師間のパワハラ事案を認定しているが、退職医師らは、これに対する機構本部の対応についても不透明、不公正ではないかと不信感を抱いており、これら一連の対応が、退職を決意することにつながったものと思われる。


スポンサーリンク

意思疎通の欠如やパワハラが原因と言うが、権力争いもあるのでしょうか。副知事が越権行為との情報もあるが・・・。どちらの主張が正しいのか、分かりませんが、患者そっちのけは止めてほしいものです。

ジャーナリストの田中幾太郎氏の『神奈川がんセンター、医師が次々退職の異常事態…重粒子線治療が存続の危機』にそのいきさつが書かれている。

「病院をガタガタにした元凶は黒岩祐治神奈川県知事」と言い切るのは、数年前まで神奈川県立がんセンター(横浜市)に勤めていた医師。この人物のもとには、今でも同センターに在籍する医師たちから不満の声が次々に寄せられているという。そんななかで、同センターの経営を揺るがす大きな問題が起きていた。

「神奈川県立がんセンターは16年度、12億7900万円の赤字を計上。期待していた重粒子線治療が高額のために、患者数が伸び悩んだせいですが、17年度、18年度はさらに悪化することが予想され、県財政への悪影響が懸念される」と、県関係者は顔を曇らす。

「人心を掌握しないような人事が繰り返されたからです。そして、その大本をたどっていくと、黒岩知事に行き着く」(前出・元がんセンター医師)
今回の一連の退職劇で真っ先に神奈川県立がんセンターを去ったのは、重粒子線施設を導入した最大の立役者だった放射線治療科のトップを務めていた女性医師N部長だ。放射線医療では定評のある群馬大学医学部出身。東海大学医学部の准教授を経て、08年に同センターに入職した。

この記事では、神奈川県立病院機構の土屋理事長を「管理責任なし」と書いているが、変わりの医師確保に奔走したのが、土屋了介氏ですよね。ともあれ、病院機構とがんセンターのぎくしゃくした関係もありそうです。

より根本的な問題は、

重粒子線施設は、山形大学医学部附属病院 (2019年10月から稼動予定)と大阪重粒子線センター(2018年3月開業、10月治療開始予定)を入れれば、国内で7ヶ所あります。世界一の稼働台数です。

箱物を作ってはみたが、治療をするのは放射線医であり、それなりの経験が必要でしょう。機械が治療をするのではないですから。1年や2年の経験しかない放射線医が施設の責任医をしていたとは、がん患者としては「大丈夫でっか」と思うよね。

確たるエビデンスもないのに、陽子線施設や重粒子線施設を作りすぎたのが、そもそものまちがいではないですか。それに黒岩神奈川県知事の「人気取り」偏重の政策が、拍車をかけている感は否めません。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • GEMと重粒子線の併用先進医療-神奈川県立がんセンターGEMと重粒子線の併用先進医療-神奈川県立がんセンター 先進医療を実施している医療機関に下記の神奈川県立がんセンターが追加されました。 『ゲムシタビン静脈内投与及び重粒子線治療の併用療法 膵臓がん(遠隔転移しておらず、かつ、TNM分類 […]
  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 重粒子線治療だけではなく、一般の放射線治療と陽子線、重粒子線治療の違い、重粒子線治療の特徴が、これまで出版された書籍よりも、より詳しく書かれています。 ここまできた重粒子線がん […]
  • 今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』今日の一冊(86)『最新放射線治療でがんに勝つ』 最新放射線治療でがんに勝つ サイバーナイフとトモセラピーが、がん治療を変えるposted with ヨメレバ 佐藤 俊彦 幻冬舎 2017-10-25  […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 […]
  • 期待の膵臓癌治療-ナノナイフ期待の膵臓癌治療-ナノナイフ この日の曼珠沙華のベストショット・・・かな? 8月の記事『今日の一冊(54) […]
  • 膵臓がんのオリゴメタ説(2)膵臓がんのオリゴメタ説(2) 「私の膵臓がんもオリゴメタ転移型かもしれない」と考えられるとき、どうすればよいでしょうか? 岡田医師の勤める放医研病院でセカンドオピニオンをお願いするという方法もありますね。放医 […]
  • 中川恵一 × 近藤誠 (3)中川恵一 × 近藤誠 (3) 内部被ばくについては、中川氏も近藤氏も考え方は大同小異で、ほとんど違いがない。二人とも内部被ばくの影響を過小評価している。 中川氏は、 […]
  • がんの自然治癒はどうすれば起きるのか 再発・転移したがんでは治ることはありません。抗がん剤は延命効果を狙うだけです。抗がん剤は効くのか、効かないのかという近藤氏や梅澤医師らの議論は、あくまでも延命効果があるのかないの […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です