スポンサーリンク

ハイパーサーミアは効果なし、ラジオ波焼却療法はがんの転移を促進する?

UMSオンコロジーの、だいぶ前の植松医師のブログです。ハイパーサーミア・ラジオ波焼却を行っている膵臓がん患者も多いので共有します。

しかし、私には正しいのかどうか分かりません。が、実際に多くの経験した患者を診た医者の意見として拝聴しておきます。

ハイパーサーミアは、今から30年くらい前に、がん治療医の間でブームになったことがあります。

しばらくの間は、多くの大学病院やがん専門病院で試されました。中には、放射線治療や抗がん剤の治療と同時に行うと、暖めた部位に限って多少は良いかもしれない、という報告を出した施設がなかったわけではありません。でも、大半の施設ではすぐに止めてしまいましたし、大きな臨床研究で無効という結果もたくさんでました。

基本的に哺乳類の体温は通常一定に保たれています。これは、豊富な血流によって維持されているのです。たとえ皮膚の表面をきっちり43度にしたところで、数ミリですぐに温度は下がります。1センチ下ならもう平熱です。もし皮膚から1センチ下を43度にしようとしたら、皮膚は火傷をしますが、皮膚から1.5センチ下は平熱です。要するに、人体と試験管は全く別物なのです。

ハイパーサーミアと似て非なる治療に、ラジオ波焼灼という治療法があります。これは42-43度という微妙な温度ではなく、ターゲット内のすべてのタンパク質が凝固壊死を引き起こす高温で焼き切る治療です。ターゲット内であれば、正常細胞もがん細胞もみんな死んでしまいます。

ラジオ波焼却は)ターゲットから少し離れた所にがん細胞が存在していると必ず再発します。ラジオ波焼灼術のあと再発した乳がんの患者さんを何人か放射線治療した経験がありますが、乳腺内の再発はなんとか押さえ込めても、その後、全員に臓器転移がでました。あまりに高率なので、ラジオ波焼灼では、がん細胞周囲の正常細胞がすべて破壊されてしまうため、血管やリンパ管が壊れ、転移しやすくなるのではないか、と推測しています。

人間は試験管やマウスとは違いますからね。しかし、ハイパーサーミアをやった後は気持ちが良いとの感想は多いですね。問題はがんに効果があるかどうかなんですが。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • インフルエンザにはお茶でうがいをインフルエンザにはお茶でうがいを 確定申告の時期なので、今日は残った3ヶ月分の仕訳を「やよいの青色申告」に入力した。あとは決算処理と所得税の計算が残っている。なんとか来週中には終わりそうです。 インフルエン […]
  • 医療が目指すのは延命だけ?医療が目指すのは延命だけ?   川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科医の西智弘先生が新刊を出されます。そのなかから、幼い子どもを抱え、ある日突然、膵臓がんと診断されたタムラさんの […]
  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度もお茶とカテキンについて書い […]
  • 緩和ケアと抗がん剤の止めどき緩和ケアと抗がん剤の止めどき 抗がん剤はいつまで続ければ良いのでしょうか。抗がん剤の「止めどき」の判断は難しいですね。「今のが効かなくなったら、次の抗がん剤。その次の・・・」と、なんとかもう少し延命したいと考 […]
  • 佐藤典宏先生の講演動画:限定公開佐藤典宏先生の講演動画:限定公開 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会における佐藤典宏先生の講演動画を限定公開いたします。 先日の Web […]
  • お言葉はなかった。「主権回復の日」祝典お言葉はなかった。「主権回復の日」祝典 おぼろ月夜の倉敷美観地区 今日の「主権回復の日」祝典はあやしげな雰囲気。NHKの中継がない。沖縄タイムスが4月15日の社説で以下のように指摘していた。そもそも天皇・皇后両陛下は […]
  • 彼岸花と道元の死生観彼岸花と道元の死生観 治らない癌になると、これからどうなるのだろう、いつまで元気でいられるのか、治りたい、治るためには何ができるだろうか、と不安になります。 中にはいかさまの代替医療にはまり込ん […]
  • クルクミンが膵臓がんの増殖を阻害するメカニズムクルクミンが膵臓がんの増殖を阻害するメカニズム クルクミンには抗がん作用がある ターメリックとは、ウコンの地下茎を乾燥した香辛料です。黄色色素を含み、カレー粉・たくあん漬などの着色料として利用されていま […]

ハイパーサーミアは効果なし、ラジオ波焼却療法はがんの転移を促進する?” に対して6件のコメントがあります。

  1. よし より:

    ハイパーサーミアの熱の伝わり方、記事内にあるものとは異なります。

    正常な細胞ではなく、癌細胞とその周囲の血管にだけ熱作用があるのです。
    つまり、異常細胞のみが死にます。

    機械に対する偏見を感じます。
    治る理由があるから未だに支持されています。

    1. キノシタ より:

      よしさん。
      私の見解は、植松医師とは異なりますが、「こうした考えもある」として紹介しています。
      よしさんやマイコさん、やすさんのコメントにもあるように、膵臓がん患者としては、可能性があるのなら期待したいところです。
      なお、こちらには佐藤典宏先生のハイパーサーミアに対する見解を紹介しています。
      https://cancer-survivor.jp/2020/09/17588.html

  2. キノシタ より:

    マイコ、やす様
    がん細胞が消えたとはすばらしいですね。仰るように何がその原因なのかは分かりませんが、治ったなら何でも良い。
    ハイパーサーミアは「統計的には効果がない」は確かでしょうが、統計的にエビデンスがない=誰にも効かない、ではないのです。
    相乗効果である人には効果が生じる可能性はあるのでしょう。ただ、相乗効果まで今の科学では検証ができません。
    患者個人としては、副作用がなく、ある程度のエビデンスがあり、可能性があり、経済的にも許されるのなら試してみれば良い(保険適用だし)。というのが私の考えです。
    ただ、植松医師の言う、人体の恒常性を保つ(ホメオスタシス)傾向を考えれば、腫瘍が死滅するほどの高温になることはありそうもないという説明には説得力があります。

  3. マイコ より:

    やす様
    癌が消えたのが、ハイパーサーミアの効果なのかどうか? 確証はないのです(^^;)
    抗ガン剤維持療法を終了して5年、10年再発転移無しで元気に生き延びてみて
    放射線治療や維持療法だけではなく、ハイパーサーミアや低容量抗ガン剤治療の効果もやっぱりあったんだなぁと今よりも思える気がするので、
    頑張って生き延びようと思います。

  4. やす より:

    マイコさま
    はじめまして
    再発転移でそれ消滅!! 
    耳がダンボになるお話ですね
    いいなーーーー
    ハイパーサーミア本気で探します
    低容量抗がん剤も主治医はクエスチョンマーク付けてますが、そんなの無視無視

  5. マイコ より:

    こんにちは^_^ いつも貴重な情報をありがとうございます。
    再発転移して(ステージ4)、抗ガン剤と放射線の同時併用治療を受けたものの癌が残り、これ以上は小さくならないと言われましたが、ハイパーサーミアと低容量抗ガン剤(単剤)治療を受けているうちに、癌が消えて2年経過します。
    ただ放射線治療を受けた病院でも、抗ガン剤単剤での維持療法をしばらくの間並行して受けてきたので、何が効いたのか??なところもありますが、もう大丈夫そうということで、一旦維持療法は終了になってます。
    ハイパーサーミアで(追加治療で?)癌が消えた方は私の他にも実際にいて、でも、だからと言ってハイパーサーミアで必ず癌が縮小するかと言えばそうではないケースの方がとても多いのも、残念ながら事実のようです。(ハイパーサーミアを受ける患者さんには、末期の方が非常に多いこともあるかと思いますが…)
    抗ガン剤も、放射線治療も、手術でさえも、効果がある人とない人がいるので、それは当然のこととして、
    もしも私自身がこのまま再発転移せずに何年も経過して元気に生き延びれたなら、私のようなケースをたくさん検証してもらって、いったい何が効いて癌が消えてのか?解明出来ないものかと思っています。

コメントを残す