スポンサーリンク

2年目のCT検査 再発・転移なし

P1000515_2今日は先週のCT検査結果を伺いに癌研へ行きました。
CTの結果は異常なし。再発・転移ともありません。

腫瘍マーカー値は、

  • CEA          4.3(上限   5.0)
  • CA19-9    32.6(上限 37.0)

で正常範囲内。

白血球数は4600で3ヶ月前の5000より少し減少しましたが、測定値の変動範囲内だと思います。私の場合もともとが低いからこんなものでしょう。

驚いたのは、血液像の値。

  • 好中球     36.3%     実数 1670/μ
  • リンパ球         50.9%     実数 2340/μ

リンパ球は免疫力の指標となるものですが、これが51%です。実数で2000以上あれば免疫力は満足できるといわれていますから、白血球数は少ないですがリンパ球は十分あります。

身体の免疫力がたいへん好ましい状態になってきていることが、この数字で実感できます。仮にどこかにがん細胞が残っていても、自然免疫を担っているマクロファージが食いちぎり、NK細胞が退治してくれているに違いありません。(サイモントン療法をやっているときも、こんなイメージを描いています)
残存している敵に対して、我が軍の装備や兵員数が増え、軍事力が強大になってきたという戦況です。これまでの戦略の効果が現われてきました。

今日まで実行してきたすべてのことが正しいのだと確信が持てます。

先生も「いやー いいですね。顔色もいいし、元気そうだし」と言われました。「次回は半年先でいいでしょう。3ヶ月後の血液検査は要りませんね。」と12月の検査予約を入れました。その後、ASCO 2008の術後補助化学療法の発表のこと、今年のASCOで術前放射線療法が無効であった(卵巣癌ですが)などの話題で話が弾みました。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2年目のCT検査 再発・転移なし” に対して6件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    加藤さん。
    >勝手を申しますが、私のメールの掲載を削除して頂けますか
    ネット上にメールアドレスは表示されません。そのように設定してあります。
    詳細はメールにて返信しましたので、ご確認ください。

  2. かとー より:

    早速のお返事有り難うございました。日々楽しくが一番ですね
    勝手を申しますが、私のメールの掲載を削除して頂けますか。
    宜しくお願いします。

  3. キノシタ より:

    加藤さん。一年半ではまだまだ不安かと思います。しかし、日を重ねるごとに再発率は低くなるので、日々楽しく有意義に過ごすことを考えるようにしてきました。←私の場合。

  4. 加藤麻子 より:

    いつも、興味深く読ませて頂いています。主人がすい臓がんになり一年半。
    今まで順調に来ましたが、、日々不安は尽きません
    木の下さんのメールを読むと元気になります 
    有り難う.

  5. キノシタ より:

    艶游亭さん。いつもコメントをありがとうございます。
    思いがけなくも好調に推移していて、一安心です。
    艶游亭さんも大腸がんでしたが、先日の診察のとき、主治医の先生から「3年以上たったら、腸の内視鏡検査を受けた方が良いよ」と言われました。
    そういえばしばらく直腸の検査を受けていません。直腸がんの再発よりも膵がんの方に気を取られていました。近々検査を受けます。

  6. 艶游亭 より:

    良かったですネ
    我がことの様に 嬉しいです
    私も 16日の大腸カメラ 術後丸3年経っておりましたがポリープもなく縫合部位もキレイと言われ 気を良くしています。
    憩室はいくつもありました。
    凹みはいくつもあり凸は無し ケチな性格の証でしょうか?
    苦笑いしてます。

コメントを残す